Home » 海外クルーズ » エーゲ海を巡るクルーズの魅力と主な寄港地
コスタデリチョーザ

エーゲ海を巡るクルーズの魅力と主な寄港地

サントリーニ島

「エーゲ海」と聞くと、あなたは何を想像しますか?たいていの方が、青い海と白い家、そしてシーフード、さわやかに吹く温かい風を想像されると思います。ロマンチックな風景なので、カップルで行くには最適なところですよね。

エーゲ海クルーズってどんなクルーズなんでしょうか?また、寄港地についてもご紹介致します!

スポンサードリンク

「エーゲ海」ってどこ?

ではまず、「エーゲ海」ってどこにあるのでしょうか?大体の位置はご存知だと思いますが、エーゲ海は地中海の一部で、ギリシャのバルカン半島、トルコのアナトリア半島に囲まれ、入江になった部分のことを言います。島が多いので多島海(アーキペラゴ)などと呼ばれることもあります。

「エーゲ海クルーズ」を行っている客船は?

では、エーゲ海クルーズを行っている客船にはどんなものがあるのでしょうか?やはりエーゲ海クルーズを実施している客船は多く、プリンセスクルーズやコスタクルーズ、セレスティアルクルーズなどの客船が5~10月までの地中海、エーゲ海は大賑わいです。

しかし数ある船の中でもこのあたりを知り尽くした船なら安心!ということで、イタリアが本拠地の「コスタクルーズ」はいかがでしょうか。「コスタ・デリチョーザ」でエーゲ海を8日間で巡るクルーズをご紹介しましょう。

「コスタクルーズ」とは?

コスタクルーズはヨーロッパ最王手のクルーズ会社。70年もの間、「洋上のイタリア」をゲストに提供し続けてきました。現在26隻もの客船を保有しており、世界14カ国で27,000人もの従業員が働いています。

近年、コスタ・ビクトリアやコスタ・ネオロマンチカが日本の港にも寄港しており、1日10,000円以下の「激安クルーズ」で有名ですが、エーゲ海の遊覧クルーズを行う「コスタ・デリチョーザ号」は1日あたりの料金が16,000円とコスタクルーズの中でも高級志向。

「コスタ・ルミノーザ」の姉妹船で、イタリア風の陽気なサービスと粉から作るパスタやピザなどを含む本格イタリア料理を堪能することができます。

「コスタ・デリチョーザ」とは?

コスタデリチョーザ

次に「コスタ・デリチョーザ」の詳細をご紹介しましょう。「コスタ・デリチョーザ」は2010年就航、総トン数は92,600トン、乗員人数は2,826名です。客船としては大きすぎず、小さすぎずちょうどいいサイズなのではないでしょうか?

客室はスイートからインサイドステートルーム(内側)まで大きくわけて4つのカテゴリの客室があります。一番豪華なパノラマスイートは62.5㎡、内側は14.4㎡の広さがあります。明るい色調の客室でエーゲ海クルーズにぴったりです。

特に高級スパである「サムサラスパ」に直接アクセスができ、ヘルシーメニューを提供する「サムサラレストラン」の利用もできるワンランク上の客室「サムサラキャビン」が好評で、スイート、海側バルコニー、内側の客室でも設定があります。

また、船内設備では華やかな色調のアトリウムをはじめ、まさにイタリアを感じさせる屋内外のプールデッキ、ドゥーぜ・シアター、スパ。また飲食施設は、イタリアの雰囲気そのもののメインダイニングをはじめ、ビュッフェレストラン、有料レストラン、バーなど明るい雰囲気の内装の楽しさや大理石やムラーノ・グラスを多用したゴージャスさだけでも楽しめてしまいます。

女性のみならず男性も見逃せない?!「サムサラ・スパ」

アーユルベーダ

「サムサラ・スパ」は2フロア、1,900㎡もの広さを誇る、クルーズ船で最大のウェルネスセンターです。インドのアーユルベーダをはじめ、オリエンタルマッサージなど、画期的な施術をはじめ、タラソテラピー、ロックサウナ、古代ローマより伝わるサーマル・バス、中東の伝統的な泥パック「マッド・トリートメント」、そしてアロマテラピーなど、オリエンタルから中東まで、体に効果的なトリートメント法を取り入れたスパなのです。

もちろん、一般客室のゲストも有料で利用できるのですが、「サムサラキャビン」に宿泊すると、このスパに直接アクセスでき、ウェルネスプログラムを作成してトリートメントやフィットネスプログラム、リラクゼーションエリアの利用が2回ずつ無料になるなどの特典があります。

「エーゲ海クルーズ」の寄港地は?

それでは、「コスタ・デリチョーザ」号で巡るエーゲ海クルーズ。その寄港地についてご紹介します。

ベニス(イタリア)

ベニス

日本でもあまりにも有名なイタリアのベニス。ベネチアとも呼び、このエーゲ海クルーズの発着地となります。アートと迷路が混載しているベニスはまさに水の都で、陸上交通よりも迷路のように発達している150もの運河を利用した水上交通がメインとなっています。

観光名所も豊富で、世界で一番美しい広場と呼ばれる「サンマルコ広場」をはじめ「サンマルコ大聖堂」、白い巨像として有名な「リアルト橋」、そして水上バスで市内を巡るならサンタ・ルチア駅向かい側にある水上バス(ヴァポレット)「カナル・グランデ」乗り場から、 サン・マルコ行き82番に乗ると、ハイライト的に名所を見ることが出来るのでおすすめです。

バーリ(イタリア)

バーリ

イタリア南部にある人口32万人の都市バーリ。アドリア海に面していて、東地中海の諸国と広範囲に貿易を行っており、イタリアでも有数の商業の中心地です。サンタクロースの語源となった、聖ニコラのゆかりの地として巡礼地になっています。

見どころとしては、旧市街にある聖ニコラ聖堂、司教座大聖堂、ノルマン-シュヴァーベン城等の旧跡がおすすめ。この地域には地元の人が行くレストランやバールも密集しています。

コルフ島(ギリシャ)

コルフ島

いにしえの昔より、地中海の海上交通の要所として栄えたコルフ島。イオニア諸島の一部で、ケルキラ島とも呼ばれます。街中にはフランス風、イタリアのベネチア風、そしてイギリス風の教会といった風に、建築様式の違う建物が並び、過去に略奪の舞台となった歴史を彷彿とさせます。

コルフ・アジア美術館には、肉筆は存在しないとされていた浮世絵師、東洲斎写楽の肉筆の画が2008年に発見され、話題となりました。

サントリーニ島(ギリシャ)

サントリーニ島2

有名なエーゲ海の島の一つで誰もがその名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?白い壁の家に紺碧の海、そして風車。多くのハネムーナーも訪れるところです。島の西側は岸壁が、そして東側にはビーチが続いています。

この風景だけでもお腹いっぱいになりますが、更に温泉もあったり、テイスティングもできるワイナリーなど観光地には事欠きません。是非、「ついでに」ではなく、じっくりと観光したい所です。

ミコノス島(ギリシャ)

ミコノス島

ミコノス島もエーゲ海の中では、日本人にもよく知られる島です。「エーゲ海に浮かぶ宝石」と呼ばれ、エーゲ海の島の中でももっとも洗練されていておしゃれな島だと言われています。青い海、白い家、ギリシャ正教のかわいい教会などエーゲ海のイメージそのまま。

まさに「ザ・エーゲ海」的な風景が並びます。白い入り組んだ細い道は写真を撮るのにかっこうのスポット。どこを撮っても絵になります。

ドブロブニク(クロアチア)

ドブロブニク クロアチア

ドブロブニクという地名だけは聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?最後の寄港地はここクロアチアのドブロブニクです。映画「紅の豚」の舞台となっており、日本人にも近年なじみが深い土地となりました。クリアチアでも最南端の港町でアドリア海の青い海と空、それにオレンジ色の屋根の家々の風景が絶妙にマッチしており、このドブロブニクもフォトジェニックな土地柄です。

観光としてのおすすめは、旧市街の城壁とケーブルカーです。どちらも高いところからドブロブニクの街並みを眺めることができます。また、孔雀が多く生息するロクルム島もおすすめです。1時間に1本程度の定期便がドブロブニクから出ています。

おわりに

いかがでしたか?クルーズの王道とも言われる「エーゲ海クルーズ」のモデルツアーをご紹介しました。いろいろな会社のクルーズが出ていますが、やはり地中海、エーゲ海を知り尽くしたコスタクルーズのツアーがおすすめです。是非、一度お出かけしてみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

costa

「コスタ・ディアデマ」で、西地中海をリーズナブルにクルーズしたい!

11月はクルーズ料金も比較的安 …