Home » 国内クルーズ » 海賊船で芦ノ湖クルーズを満喫しよう!芦ノ湖遊覧船の楽しみ方
e9f4239a95df8c0e7db1941f25f3fdb6_s-640x330

海賊船で芦ノ湖クルーズを満喫しよう!芦ノ湖遊覧船の楽しみ方

日本でも人気の温泉地として知られる箱根温泉ですが、箱根山の麓にある芦ノ湖も人気の観光スポットになっています。芦ノ湖観光と言えば欠かせないのが、遊覧船で湖を回るクルーズです。

ここには箱根海賊船と芦ノ湖遊覧船という2種類の船があり、それぞれ運営会社が異なるのでコースや特徴も異なっています。知らずに乗ると後悔してしまうこともあるので、事前に楽しみ方や乗り方などをしっかり把握しておくようにしましょう。

スポンサードリンク

子供がいる場合は芦ノ湖海賊船がおすすめ

e9f4239a95df8c0e7db1941f25f3fdb6_s

子供がいる場合に体験したいのが、海賊船をモチーフにした船の方です。こちらの船は湖の周辺にある3つの港に停泊し、周遊しているので3つのうちどこから乗船しても湖を1周することができます。

箱根町港

まず1つ目の港は、箱根町港という湖の最南端に位置する場所です。毎年お正月に行われる駅伝の往路ゴール地点としても有名なので、ご存知の方も多いでしょう。近隣には駅伝に関するミュージアムもあり、ファンであれば一度は訪れておきたい場所です。無料駐車場も備えてあるので、車で来ている場合にはとても便利だと言えます。

元箱根港

2つ目は、湖の玄関口とも言える元箱根港です。箱根観光バスなどを利用すると、この港から乗船するケースが多いです。無料駐車場もありますが、停められる台数がかなり少ないのでマイカーの方は注意したほうが良いでしょう。

桃源台港

3つ目は、湖の北に位置する桃源台港です。ここからは箱根ロープウェイが近いので、遊覧船を楽しんだ後にそのままロープウェイに乗り、大涌谷観光へ出かけられるというメリットがあります。無料駐車場は台数が少ないので、近くにある有料駐車場に車を停めることになります。

大人で芦ノ湖観光に来た場合は箱根遊覧船がおすすめ

4291ea7a4724af4dc636d19e6286916a_s

箱根遊覧船は4つの港からそれぞれの目的地を往復する定期航路のコースと、4つの港をぐるっと回っている周遊コースがあります。芦ノ湖遊覧船は大人がより楽しめる観光スポットが近くにあるため、どちらに乗船するか迷われたときには遊覧船を選択してみましょう。

湖尻港

湖尻港は芦ノ湖の北側に位置する港です。箱根ロープウェイが近くにある桃源台駅に最も近い港でもあり、また縁結びでも有名な九頭竜神社が近くにあります。

女子グループで芦ノ湖観光に行かれた際には、芦ノ湖遊覧船を使って九頭竜神社に訪れてみても良いでしょう。

箱根園港

こちらは海賊船でも寄港する港になります。箱根水族館が付近にあるため、山の箱根とは別に海の生物を楽しむことができます。

また、駒ヶ岳とつながる箱根駒ヶ岳ロープウェーが付近にありますので、ここから足を伸ばしていっても良いですね。

元箱根港

遊覧船が寄港する3つ目の港は「元箱根港」です。こちらも海賊船でも寄港します。近くには箱根神社や箱根芦ノ湖成川美術館などがあり、大人が楽しめる芦ノ湖の観光スポットが多くあります。

元箱根港に訪れた際にはぜひ一度立ち寄ってみてください。

箱根関所跡港

芦ノ湖遊覧船が到着する4つ目の港は箱根関所跡港です。その名の通り、箱根関所が近くにある港であり、かつての歴史を感じる観光をすることができます。

実際に箱根関所に行かれる際には、その歴史について事前に勉強をしておくことで、より観光を楽しむことができるでしょう。

芦ノ湖遊覧船・海賊船の基本的な料金と割引

海賊船の基本料金は、箱根町港と元箱根港から桃源台港までの片道1000円、往復で2000円となります。事前にインターネットで割引券を印刷しておくと、10%割引きされた金額で乗船することができるので家族連れなど大人数で乗る場合には役立ちます。

また、海賊船には特別船室という豪華な部屋があり、追加料金を支払うとこの部屋に入ることができます。基本運賃以外に片道の場合250円、往復だと500円を支払えば利用することができるので、せっかくなので利用するという人が多いです。

芦ノ湖遊覧船の料金は航路によって大きく変わります。相場としては周遊コースで1,000~2,000円ですので、あらかじめ準備をしておくとスムーズに乗船できます。また、周辺観光スポットと合わせたお得セットが販売されていますので、港近くの観光スポットに訪れる際にはぜひ活用するようにしましょう。

芦ノ湖遊覧船・海賊船の時刻表とシーズン

芦ノ湖の海賊船や遊覧船は季節によって時刻表が変わり、繁忙期には頻繁に出港していますが閑散期にはあまり出港しないので、時期によっては注意が必要です。例年は3月20日から11月30日までが繁忙期となっており、約30分ごとに1隻が出港しています。

7月26日から8月25日の夏休み期間中は特に忙しいシーズンに指定されており、さらに出港便数が増えるので安心です。逆に12月1日から3月19日までの寒い時期は遊覧船の利用者は少なく、それに合わせて運行も減るので事前によく時刻を確認しておくようにしましょう。

箱根遊覧船のおすすめの乗り方

おすすめの乗り方としては、まず朝できるだけ早い時間に箱根町港へ行って無料駐車場に車を停めておきましょう。遊覧船に乗ると2時間程度は停めておくことになるので、1000円以上は取られてしまいます。せっかくの旅行なのに駐車料金を気にするようでは楽しさも半減してしまいます。ここの無料駐車場に停めることができれば、時間を気にすることなく景色や散策をのんびりと楽しむことができます。

また、遊覧船は11時ころになると非常に混雑してきてシーズンによっては乗れないこともあるので、遅くとも10時までの便に乗っておいた方が安心です。

芦ノ湖の各港付近の観光スポットを堪能しよう

桃源台港行きの便に乗り、港に到着したら20分程度は停まっているのでその間に少し下船して散歩に出ることもできます。

また、桃源台港からは大涌谷へ向かうためのロープウェイが出ているので、一旦下船して大涌谷観光へ行ってみるのも良いでしょう。大涌谷へ行く場合、海賊船とロープウェイのチケットが一緒になったものが販売されているので、こちらを購入したほうがお得です。

桃源台港には他にも湖を一望できるレストランや日帰り温泉を楽しめるホテルなどもあるので、のんびり観光を楽しむこともできます。大涌谷は2015年以降火山活動の活発化で立ち入りが制限されている地域もあり、日によってはせっかく行っても観光できないということもあります。スケジュールに組み込む場合は、事前にホームページなどでしっかり情報を集めてから行くようにしましょう。

帰りは桃源台港から箱根町港へ戻ることになりますが、時間帯的にも場所的にもこの帰りは非常に混雑するので覚悟が必要です。時間帯によっては、大涌谷観光をしていた観光客が一気に乗船することになるので、希望する時刻の便に乗るためには早めに港に行って並んでおくことが大切です。

まとめ

箱根は温泉街はもちろん、このように芦ノ湖周辺にも見どころや楽しめるスポットはたくさんあります。温泉旅行というとどうしても大人が楽しんでしまいがちなので、子どもも喜べる海賊船に乗って家族みんなで楽しい思い出を作るようにしましょう。

スポンサーリンク

Check Also

夜景

特別な日に使ってほしい国内のディナータイムクルージング

恋人同士のデート、人生の中での …