Home » 海外クルーズ » 大西洋をクルーズ船で横断しよう!大西洋の魅力的な寄港地5選
コーニングスダム

大西洋をクルーズ船で横断しよう!大西洋の魅力的な寄港地5選

大西洋を船で横断するクルーズは、すべてのクルーズファンなら一度はやってみたいクルーズなのではないでしょうか?そんな夢を叶えてくれるクルーズプランがあります。13泊14日をかけてアメリカのフロリダからイタリア・チビタベッキアへのクルーズをご紹介致します。

スポンサードリンク

「大西洋横断クルーズ」を実施している船は?!

大西洋横断クルーズは数社の船が実施しております。

ホランドアメリカライン社のコーニングスダム、キュナード社のクイーン・メリー、そしてオーシャニアクルーズ社のリベエラでの大西洋横断クルーズがありますが、ここでは比較的リーズナブルなホランドアメリカライン社のコーニングスダムで航行する「アメリカ・フロリダ-イタリア・チビタベッキア間大西洋横断クルーズ13泊14日」をご紹介します。

ホランドアメリカライン「コーニングスダム」号とは?

140年もの伝統があるクルーズ会社「ホランドアメリカライン」

日本ではそれほど知名度がありませんが、クルーズマニアの間ではこの会社の船に乗るのは憧れ。中でも「コーニングスダム」号は140年もの伝統を持つクルーズ会社の「プレミアムライン」の客船です。

「コーニングスダム」号の概要は?

「コーニングスダム」号は、総トン数は99,500トン、乗員定員は2,650名。船籍はオランダです。ネイビーブルーと白のツートンカラーの船体がカッコいいです!「コーニングスダム」という船名は、2013年に即位したウィリアム・アレクサンダーオランダ国王への敬意を表しており、オランダ語で「国王」をあらわす「コーニングス」にホーランドアメリカラインの船の特徴である「ダム」を融合させて命名されました。

2016年就航と、まだ就航したばかり!船内は生花があふれ、アンティーク家具や美術品など美しい調度品も魅力。新造船ということもありますが、客室も他の船よりスタイリッシュなのに特徴があります。

「コーニングスダム」号の客室は?

「コーニングスダム」号の客室は、大きく分けて13㎡の内側客室から47㎡のネプチューンスイートまで5種類あります。通常は内側客室とスイートではお値段に雲泥の差がありますが、この「コーニングスダム」号に関してはスイートと2.5倍程度しか変わらないのにも特徴があります。
船室は白やベージュを基本に、藤色、柿色、黄緑と絶妙な中間色を用い、これまでの船室にはなかったスタイリッシュな配色を使い、内側でも圧迫感を感じさせない作りとなっています。そのため13㎡と広さ的には普通ですが、広く見えるように工夫されています。

「コーニングスダム」の船内施設は?

「コーニングスダム」号の船内は、新造船らしく間接照明を多用し、メリハリを聞かせた印象的で豪華な内装です。楽器からヒントを得た流動性のある曲線はまるで芸術のよう。特に海を見渡せるメインダイニング、270度の大画面とLEDスクリーンを駆使した、臨場感溢れる円形シアターである「ワールドステージ」、伝統的なオーシャン・ライナーの面影が残る、落ち着いた雰囲気のショーラウンジと、寄港地よりも楽しめるような最新の船内設備には目を見張る物があります。

毎年、春には日本発着のクルーズもあるのでこのクルーズを楽しみにしている人も多いです。気になるお値段は1日あたり80ドルと、こんなに最新設備を備えたプレミアム客船なのに低コスト!これは乗ってみるしかありませんね。

13泊14日!大西洋横断クルーズの寄港地は?

では、ホーランドアメリカライン「コーニングスダム」号の「13泊14日!大西洋横断クルーズ」の寄港地とは、どんなところなのでしょうか?

フォートローダデール(アメリカ・フロリダ)

2フォートローダーデール

世界的なリゾート地、マイアミから北に30マイル、フロリダ州南東部にあるフォートローダーデールは、さまざまな豪華客船が出航していく港として有名です。「アメリカのベニス」の異名を取っている通り、美しく整備された海岸や水路が広がったウォーターフロント地域は高級感があります。また、一歩ダウンタウンに入ると全く雰囲気は変わり、活気に溢れています。マイアミからも近く、似た雰囲気ですが、マイアミを小規模にした感じでそれほど混雑していないのも魅力です。宿泊する際には手頃なホテルなどがあるため、無理にマイアミに出ず、ここでの宿泊がおすすめです。

ポンタ・デルガダ(サン・ミゲル島) (ポルトガル領アゾレス諸島)

サン・ミゲル島

大西洋のポルトガル領アソーレス諸島の首府である、ポンタ・デルガダ。おそらくクルーズの寄港地でしか行かないであろうこの地はサン・ミゲル島にあり、重要な港町です。人口約21000人で、ポルトガル領時代の建物も建ち並び、雰囲気のいいフォトジェニックな街です。

しかし16~17世紀にはには海賊の襲撃に度々遭い、要塞などを建設しながら街を守りました。18世紀~19世紀には街もポルトガル航海の中継地として発展していきました。教会、大聖堂、フリーマーケット、ファーマーズマーケットなどの他の見どころでは、風光明媚な土地なのでホエールウォッチング、イルカウォッチング、カヤック&カヌーツアーなどがあります。

マラガ (スペイン)

マラガ

「太陽の海岸」を意味する、スペインのコスタ・デル・ソルにあるマラガは年間300日以上が晴天という、気候に恵まれたリゾート地です。いつも太陽がさんさんと輝いているイメージがありますよね。観光客もヨーロッパ中、特にイギリス、フランス、ドイツからやってきます。海を挟んでアフリカも近いので、アラビアやイスラムの文化も感じられエスニックな雰囲気もある街です。そして何と言ってもあのピカソの出身地であり、ピカソ美術館をはじめ、闘牛場、ショッピング、ナイトライフも充実と、リフレッシュと文化的満足度も得られるポイントの高い寄港地です。

アリカンテ (スペイン)

アリカンテ

スペイン南東部の地中海に面するアリカンテ。青い海と空が印象的な所です。年間を通して温暖な気候のため、保養地、観光地としてスペイン内外からも観光客が訪れますが、物流の拠点としての港湾都市としての役割は重要です。ここから20kmの距離に位置するエルチェという街にある椰子園には、4世紀に作られたという「エルチェの貴婦人」像が有名で、2000年に世界遺産にも登録されています。ただしこの像はレプリカで、本物は、マドリッド国立考古学博物館に所蔵されています。

チビタベッキア (イタリア)

チビタベッキア

「ローマの外港」の異名を持つチビタベッキアは位置的にはローマの西北80キロのところにあり、ローマ・テルミニ駅までは電車で1時間半は見ておいたほうがいいでしょう。もっともイタリアの電車は日本のように時間にぴったりは来ないため、少し余分な時間を見込んでいたほうが良いかもしれません。港の最寄りのチビタベッキア駅から港までは、タクシーで5分程度です。でも「許可のないタクシー」に乗ってしまった場合は、港の入り口で降ろされてしまうので注意が必要です。

おわりに

いかがでしょうか?一生に一度出来るかどうか、という大西洋横断クルーズのイメージがありましたが、このお値段なら何度でも体験できそうですね。最新鋭の設備を備えた「コーニングスダム」号も魅力的で、長旅でも退屈とは無縁で過ごせそうです。

また、アメリカのフォートローダーデール、ポルトガル領サン・ミゲル島のポンタ・デルガダ、スペインのマラガとアリカンテ、そしてイタリアのチビタベッキアと、それぞれの寄港地の文化の違いを楽しみながら旅ができるというのも大きな魅力です。是非一度お出かけ下さい。

スポンサーリンク

Check Also

costa

「コスタ・ディアデマ」で、西地中海をリーズナブルにクルーズしたい!

11月はクルーズ料金も比較的安 …