Home » 海外クルーズ » 圧巻の自然に包まれるカナダ・ニューイングランドのクルーズ旅行の魅力
バー・ハーバー

圧巻の自然に包まれるカナダ・ニューイングランドのクルーズ旅行の魅力

7halifax_waterfront

あなたは、カナダ、それもニュー・イングランド地方をクルーズしたことがありますか?カナダ・ニューイングランドにはボストン、ケープ・リバティー、ケベック・シティーなどの都市の北大西洋側からの発着で、5月~10月の間たくさんのクルーズ船が就航しています。

7泊~14泊がメインで、雄大な自然を満喫する旅が楽しめます。

スポンサードリンク

カナダ・ニューイングランドのクルーズを行っている船は?

カナダのニューイングランド地方へのクルーズはどの都市が拠点なのでしょうか?またルートはどんなルートを通るのでしょうか?世界中のクルーズ船が航行していますが、その中でも日本の旅行社でも取扱いがある一例を挙げてみました。

グランジャー・オブ・ザ・シーズ号

「◯◯・オブ・ザ・シーズ」と名の付く船でおなじみの「ロイヤルカリビアンインターナショナル社」の中型船である「グランジャー・オブ・ザ・シーズ」。この「グランジャー・オブ・ザ・シーズ」で巡る、カナダ・ニューイングランド地方の9泊10日のクルーズです。

「グランジャー・オブ・ザ・シーズ」は、フィンランドのクヴァナー・マサ造船で1996年就航、総トン数は73,817トン、旅客定員2446人です。「ロイヤル・カリビアン・インターナショナル」の船にしては小さいほうですが、船内にはロッククライミングなど驚きの設備がたくさん。「いずみ」という日本食や、本格的なイタリアンが楽しめる「ジョバンニーズ・テーブル」など多彩なグルメが楽しめます。

クラウン・プリンセス号

プリンセスクルーズの「スーパー・グランド・クラス」に属するクラウン・プリンセス。2006年建造(2011年改装)、総重量113,561トン、乗客定員3,082人とプリンセス・クルーズではスタンダードな中型の船です。

イタリア広場のようなアトリウム、ピアッツアをはじめ、24時間営業の「インターナショナル・カフェ」、大人のオアシス「サンクチュアリ」、デッキで映画が見れる「ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ」などプリンセス・クルーズでは定番の最新施設も備えています。

このクラウン・プリンセス号でのカナダ・ニューイングランド地方へのクルーズはまずNYを出航し、ニューポート~ボストン~バー・ハーバー~セントジョン、ハリファックスを経てまたNYに帰港する、7泊8日のクルーズです。

アメリカなら一生に一度は行ってみたいニューヨークを出発点とし、ボストンなどのアメリカの歴史の古い都市を巡り、バー・ハーバー、セントジョンと言ったカナダの美しい港湾都市、そしてカナダを代表する大都市ハリファックスを巡るクルーズはきっと思い出深いものになるでしょう。

カナダ・ニューイングランドを巡るクルーズの寄港地情報

カナダのニューイングランド地方は北大西洋に面したアメリカ大陸の東海岸側で、ワシントンとNYの間にあるボルチモア、さらに北のボストンを経て北上し、風光明媚で自然溢れるカナダの各港を巡ります。

ボルチモア(アメリカ)

ボルチモア

アメリカ、メリーランド州の州都ボルチモア。クルーズの拠点となることが多い港です。位置的にはNYとワシントンの間、ワシントン寄りにあります。港町として栄えた面影を残す水上タクシーを利用した観光が盛んです。

港の近くにある五角形の建物「世界貿易センタービル」は131メートルあり、世界的建築家のI.M.ペイさんという中国系建築家が建てた建物で、五角形の建物としては世界一の高さだそうです。最上階の27階には「トップ・オブ・ザーワールド」という展望台があり、ボルチモアの風景がパノラマで楽しめるのでオススメです。

ボストン(アメリカ)

ボストン

ボルチモアを出航するとボストンに立ち寄ります。ボストンは日本でも有名で、あのハーバード大学やマサチューセッツ工科大学などがある学園都市でもあります。雰囲気的にはアメリカとイギリスをミックスしたような感じで、ヨーロッパ的なところもあるステキな街です。

かと思えば近代的な高層ビルがそびえていたり、芸術や文化の香りもしたりで見どころも多い街です。1773年ボストン茶会事件当時の船を模した「ボストン茶会事件船」と、「ボストン港をティーポットにする」と叫びながら船から積荷の紅茶を海に投げ入れた「ボストン茶会事件」に関する資料が詰まった資料館は必見です。

紅茶党が多いイギリスに対し、アメリカにコーヒー党が多いのは、この事件での紅茶の不買運動に由来しているという事実もあります。

ニューヨーク

8manhattan

言わずと知れたアメリカを、また世界を代表する大都市、ニューヨーク。人種のるつぼであり、世界中から人々が夢を求めて集まってくるところで、「ニューヨーク・ドリーム」という言葉さえもあります。

とりわけエンターテイメントは間違いなく世界の中心で、ミュージカル鑑賞は特にオススメです。またユニークな美術館も多く、最先端の健康的なグルメも楽しめる大都会です。1日ではとても回りきれませんが、1日過ごすならやはり一番の繁華街「タイムズスクエア」がおすすめです。

ポートランド(アメリカ)

ポートランド

アメリカ最北端の州であるメイン州最大の都市、ポートランド。かつてはアメリカでも重要な港町で、今でもポートランド展望台、ポートランドヘッドライトなどは観光の名所となっています。「全米住みたい街」に選ばれている西海岸のポートランドとは違ってちょっと地味な街です。

しかし、カナダに近い北に位置するため、ロブスターがとても美味しい街でもあります。ロブスターの他にもシーフードが美味しく、地ビールの醸造所(ブルワリー)もたくさんあるところで、その数は65軒と世界最大だそうです。

バーハーバー(アメリカ)

4bar-harbor

アメリカ、メイン州にあるバーハーバー。マウントデザートという島にある港町で、カナダとの国境も近いです。夏のアウトドアを楽しむには最高の環境。港の近くに公園があり、カラフルな建物があるので最高の写真スポットでもあり、個性的なお土産なども売られているため、港周辺でもけっこう楽しめてしまいます。

この街にある「アカーディア国立公園」は、1916年、アメリカ東部で最初に国立公園に指定されたところでもあります。

セントジョン(カナダ)

5nova-scotia

カナダのニューブランズウィック州にあるセントジョン。方角的には「赤毛のアン」で有名な、プリンスエドワード島の近くです。その昔、ヨーロッパ人が来る前は現地人のパサマクォディ族、マリシート族が居住していました。

カナダの東海岸の州の中心地で、2000年頃まではカナダ最大の造船業が栄えていました。フランス語も話されますが、やはり英語を話す人の方が多い地域です。湿潤大陸性気候で、カナダにありながら、大西洋に面しているため、比較的冬でも温暖です。といっても11月頃には氷点下10度以下になることもあるため、注意が必要です。

ハリファックス(カナダ)

ハリファクス カナダ

カナダのハリファックスはテレビドラマ「トレーラーパークボーイズ」の舞台となったところです。カナダではバンクーバーに次ぐ人口の多いところで、特に大西洋に面した港湾地域が街の中心となっています。

おわりに

いかがでしたか?アメリカ、ボストンやNYを拠点として、北太平洋沿岸のカナダ・ニューイングランド地方を巡るクルーズをご紹介しました。同じアメリカでも西海岸は開放的で太陽がさんさんと照っているイメージなのですが、東海岸となると歴史的なものも影響してか、ヨーロッパ、それもイギリスの雰囲気がする都市が多いですね。

ボストン茶会事件など歴史に名を残す事件が今も色濃く観光地に影響を与えているという事実は、その土地に行ってみないとわからないこともあります。また、カナダ・ニューイングランド地方は風光明媚でもあり、ブリューワリーが多くあり、シーフードが美味しいグルメな場所でもありますので、是非一度体験してみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

costa

「コスタ・ディアデマ」で、西地中海をリーズナブルにクルーズしたい!

11月はクルーズ料金も比較的安 …