Home » 寄港地 » カリブ海クルーズをするなら知っておきたい「ポート・カナベラル」とは?
0110_05

カリブ海クルーズをするなら知っておきたい「ポート・カナベラル」とは?

カリブ海クルーズのパンフレットなどで、出航地が「ポート・カナベラル」となっているのを見たことがある人も多いかと思います。ポート・カナベラルとは、アメリカ・フロリダ半島にある港です。ここではポート・カナベラルの交通案内や、名所についてご紹介致します。

スポンサードリンク

ポート・カナベラルの位置は?

miami

ポート・カナベラルはアメリカのオーランド空港から車で1時間の距離があります。ロイヤルカリビアンのHPによると、公共交通機関での港へのアクセスは「不便」とあります。地図でみるとオーランドの街からは西へ75km、ココアビーチの先の中洲になったようなところに港があります。

公共交通機関での移動は不便だと言われますが、ディズニー・クルーズに乗船する場合、専用のシャトルバスがオーランド空港やWDW(ウォルト・ディズニーワールド)の直営ホテルからポート・カナベラルまで出ています。(有料)クルーズを個人手配する場合などは、旅行代理店やディズニー・クルーズラインのHPから予約できますので、必ず予約をおすすめします。また空港内のハイアットホテルに前泊する場合は、荷物を船に送る親切なサービスもあります。

また、カーニバル・クルーズラインに乗船するなら、有料ですがオーランド空港やマイアミ空港からポート・カナベラル港までシャトルバスが出ています。オーランド空港からは所要時間1時間、料金は片道36ドル、マイアミ空港からは所要時間30分、料金は16.50ドルです。なおマイアミからだとタクシーでもポート・カナベラル港までは20~30ドルで行くことができます。

ポート・カナベラル港周辺の見どころは?

florida_sign

それでは、ポート・カナベラル港周辺の見どころをご紹介しましょう。

ウォルト・ディズニー・ワールド(WDW)

日本人でポート・カナベラルを目指す人はまず、ディズニー・クルーズラインかこのWDWが第一目的と言ってもいいでしょう。特に若い人にも人気がある「ウォルト・ディズニー・ワールド」は、ポート・カナベラルから45分と意外に距離がありますが、シャトルバスなども充実しているため、アクセスは簡単です。

世界中にディズニーランドはありますが、こちらのWDWはスケールが桁違いで全部回りきるのには最低3日は必要です。そのため、パークチケットなども3日間通し券などがスタンダードです。また、船のエクスカーション(オプショナルツアー)などでは、5時間滞在が普通となっています。

ココア・ビーチ

なんとも可愛い名前のココア・ビーチは、ポート・カナベラル港がある中洲の対岸に位置しています。アクセスはフロリダから10分ほどと楽々アクセスができます。その歴史は古く1800年に作られたビーチで、インディアン・リバーの河口に広がっています。ヤシの木が茂り、古き良きフロリダを彷彿とさせる雰囲気はありますが、アクセスが簡単なために混みすぎているといった意見もあります。ゆっくりとビーチを散歩したい向きにはおすすめできないビーチでしょう。

エアボート・ツアー

まず、「エアボート」という言葉が馴染みのない言葉ですが、巨大な扇風機付きのボートで浮草の生えた沼地を巡るツアーです。これが意外に高評価で、ワニなどのワイルドな動植物を見ることができたり、希望するとワニの肉を食べることもできるようです。

所要時間は4時間、料金は2名以上で参加の場合、大人12,000円ほどですが1名参加だと倍額と高額になるので注意したいところです。また、悪天候の場合はワニ肉の唐揚げとドリンクが提供されますが、返金はないので注意です。

ケネディ宇宙センター

フロリダまで行ったら、寄りたいところのひとつである「ケネディ宇宙センター」。船のエクスカーションなどでは所要時間が8時間ほどかかるそうですが、港からはNASAによる送迎もあるため、アクセスは楽々です。

ケネディ宇宙センターの内部では、スペースプログラムやガイドがついての見学コースもあり、内容が充実しており「バケツ・リスト」(死ぬまでに体験したい100のことのうちの1つ)という評価をしている人も多いです。日本語ツアーもあり、料金は160ドル。通訳ガイドつきで、アップクロースツアー(ロケット組み立て工場見学)や、アップクロース制御室ツアー(組み立て工場制御室ツアー)、宇宙飛行士と昼食などのマニアックなツアーももっと高額になりますが実施されています。

ユニバーサルスタジオ&アイランズ・オブ・アドベンチャー

日本の大阪でも大人気のユニバーサルスタジオの本家がこちらです。オーランド空港から車で25分、日本でも人気のハリーポッターのアトラクションが人気ですが、絶叫マシーンなどがあるアイランズ・オブ・アドベンチャーというパークもあり、2つのパークが楽しめます。

夏のバケーションシーズンなどをはずせば、日本のようにそれほど混雑しておらず、アトラクションも待っても20分ほどど、スケジュールに追われる旅人に優しい状況となっています。よって、高いお金を出してエクスプレスパスを買う必要もないという口コミ意見も参考にしたいところです。

ポントゥーン・リバークルーズ

外国で船から下船して、違う船に乗船するというのもなかなか趣のあることだと思いますが、このポントゥーン・リバークルーズはおすすめクルーズのひとつです。正式名はクリスタル・リバークルーズといい、フロリダ半島北西部のクリスタル・リバーをクルーズします。また11月~2月の時期にはウエットスーツとシュノーケリングでマナティーと泳ぐツアーも開催しています。

シーワールド・&ディスカバリーコーブ&アクアティカ

フロリダにもあるシーワールドという名のテーマパーク。シーワールドは世界最大級のアクアパーク、ディスカバリーコーブはイルカ体験が出来る高級リゾートパーク、そしてウォーターパークのアクアティカの3つに分かれており「シーワールド・オーランド」が正式名称です。

パーク内にはマンタやスウェーデンの伝説のモンスタークラーケンなどをモチーフにしたユニークなコースター、海中のアトランティスを探検する8人乗りライド、ウミガメやペンギンの生態を3Dドームシアターで見るアトラクション、イルカやクジラの30分のショー、シャチやアシカのコミカルなショーと見どころは満載!

また、ダイニングもサメに囲まれてグルメを楽しむ「シャークス・アンダーシーウオーター・グリル 」、大迫力のシャムーを目前にブッフェスタイルで食事ができるレストランなど、パーク同様充実しています。日本ではあまり有名ではないですが、隠れた穴場スポットかも知れません。港から往復2時間かかりますが、それほど混雑していないのも魅力の見どころのひとつと言えます。

シティー・ツアー

オーランドをコンパクトに観光するには、このシティー・ツアーがおすすめ!ケネディ宇宙センターをはじめ、空軍博物館、ココア・ビーチ、ココア・ビレッジなど、個人で回るにはお金も時間もかかりますので、このツアーはおすすめです。船のエクスカーションとしても実施しており、所要時間は2~3時間です。

まとめ

いかがだったでしょうか?カリブ海クルーズの出発港として名高い、フロリダ半島にあるポート・カナベラルとその周辺の見どころをご紹介しました。

ポート・カナベラルと言ってもただカリブ海クルーズの出発点として、また、ウオルト・ディズニー・ワールドやケネディ宇宙センターがあることでも有名ですが、他のスポットはほとんど日本では知られていないですね。

こうして見るとケネディ宇宙センターやWDW以上に見どころがありそうで、なにしろそれほど混んでいないところが多いのが魅力ですね。ポート・カナベラルに立ち寄る機会があるなら、是非、おすすめ見どころスポットにも立ち寄ってみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

two cruise ships

東西カリブ海を航行!セレブリティ・クルーズ2018年新造船「セレブリティー・エッジ」とは

あなたは、セレブリティ・クルー …