Home » 客船 » 一度は乗ってみたい!「セレブリティー・ミレニアム」ってどんな船?
cruise-ship-657772_640selebrity_millenium

一度は乗ってみたい!「セレブリティー・ミレニアム」ってどんな船?

その名の通り、2000年6月に就航した「セレブリティー・ミレニアム」。ミレニアム・クルーズでは、所有する13隻の客船を5つに分けていますが、そのうち「ミレニアム・クラス」の中でも最も歴史のある船となってしまいました。2012年には改装を行い、ますます魅力的でスタイリッシュな船に生まれ変わりました。「セレブリティー・ミレニアム」とはいったいどんな船なのでしょうか?

スポンサードリンク

「セレブリティー・ミレニアム」の概要は?

serebrity_millenium

総トン数91,000トン、乗客定員2,158人。船体がネイビーブルーと白で、煙突のところに大きく「X」と書いてあるのが印象的な、「セレブリティー・ミレニアム」。

「セレブリティー・ミレニアム号」をご紹介しましょう。ヨーロッパをはじめ、北米、南米、そしてアジアを航行し、日本にも寄港する「セレブリティー・ミレニアム号」です。

「セレブリティー・ミレニアム」の航行エリアは?

ヨーロッパ、北米、南米、そしてアジア、日本の横浜をはじめ、春や秋にはチャータークルーズで、日本一周クルーズも敢行する「セレブリティー・ミレニアム」。外国船ながら青森や高知、神戸、長崎などにも寄港し、すっかり日本のファンも獲得しつつあります。

「セレブリティー・ミレニアム」の客室は?

「セレブリティー・ミレニアム」に一歩入ると黄金色に輝く階段があります。ゲストリレーションズ前の「グランド・フォイアー」で、とにかくインテリアがおしゃれな印象です。

船室カテゴリは大きくわけて内側、海側、海側バルコニーの3タイプとシンプル。落ち着いていてシックな雰囲気の船室です。

特にバルコニー客室には、ベランダが広いアクアクラス、コンシェルジュ・クラス、バルコニーと合わせて47㎡もの広さがある、ファミリー・クラス海側、デラックス海側と分かれており、より充実したバルコニー客室を体験することができます。

また、スイート客室もペントハウス、スカイ、セレブリティー、ロイヤルとあり、バルコニーと合わせるとそれぞれ28㎡~233㎡の広さがあります。

「セレブリティー・ミレニアム」のダイニングは?

ダイニング施設は、大型の客船のように多種多様ではありませんがカジュアルからスペシャリティーまでのレストランが揃っています。メインダイニングをはじめ、ラウンジ、ワインバー、カフェ&ラウンジなど落ち着いた大人の社交場の雰囲気があります。

serebrity_millenium
まずメインダイニングですが、クルーズ代金に含まれている無料のレストランとはいえ、エレガントな内装に驚きます。スペシャルレストランはさらに内装に力を入れてエレガントな雰囲気、さらにブルーの内装や食器がアクセントの、アクアクラス専用のレストランもあり、こちらは、テーブルごとに設置されている大きな丸窓が印象的です。スイート客室専用のダイニングは「ルミナ」ゆったりと落ち着いた雰囲気の丸窓が印象的なダイニングです。

また、「セレブリティー・ミレニアム」は、数々のベストダイニング賞受賞歴があり、特にカフェでは、近年のヘルシー志向に合わせて、ヘルシーメニューも提供しています。

また、世界三大グルメと言われるギリシャ料理やマレーシア料理など、多彩なワールドワイド料理を取り入れ、ありきたりなクルーズでのダイニングとは一線を画しています。

10階のプールがあるフロアのブッフェレストランは、一番行く機会が多いであろうレストラン「オーシャンビューカフェ&グリル」です。ローストビールとピザは特に人気メニューです。

また、プールグリルはプールサイドにあるハンバーガーなどを提供するレストラン。
ケチャップやマスタードは、小さな容れ物ではなく、水道のようにレバーをひいて豪快にかけるシステムです。
肉厚のアメリカンスタイルのハンバーガーは食べごたえがあります!

朝は朝食がわりになるペストリー、昼にはケーキが惜しみなく出される無料レストランの「カフェ・アルバーチョ」。ペストリーやケーキが食べ放題という環境に置かれるとかえって何を食べたらいいのかわからないものです。

外国の製法ですがとくに甘すぎることもなく、いくつでも頂けそう。ただし、このカフェ・アルバーチョのコーヒーや紅茶は有料なので、テイクアウトしてオーシャンビューカフェに持ち込むと、無料の飲み物と一緒にいただけるという「裏技」もあります。

また、室内プール・ソラリウムに隣接する「アクア・カフェ」は、マクロビオティックのプチ・ビュッフェスタイルのレストランです。
この、マクロビオティックは、食事療法とも呼べる食べ物で、主に玄米や豆、海藻類などを積極的にメニューに取り込んでいます。ヨガとか水泳、ラジオ体操後に利用する人が多く、フルーツや野菜をメインに、バランスが取れた軽めの食事を摂ることができます。

その他の施設は?

船内施設には、イギリス生まれの高級スパ「エレミス」があります。エレミスは同名の化粧品も世界中で大人気で、植物成分と最新テクノロジーが融合した優秀なブランドです。

「セレブリティー・ミレニアム」その他の施設は?

また、「セレブリティー・ミレニアム」には、ハーブの香るペルシャンガーデン、本物の芝生が茂る洋上では初となる「ローンクラブ」で心からリラックスできるスペースが設けられています。また、プールやナイトクラブ、シアター、ダンスフロアなど、アクティブに過ごすための施設も揃っています。

また、スポーツ施設もジョギングトラックから最新鋭のマシーンが揃う、フィットネスセンター、ゴルフシュミレーター、スポーツコートなど、長い航海で体調を整えることができるよう、スポーツ施設も充実しています。

特に、寒い時期には温水、タラソもあるプール&ジャグジーはおすすめ!しかもただの海水ではなく、身体機能の回復、リハビリテーション・健康増進、保湿、美容を目的とした立派なウエルネス機能のある海水なのです。言ってみれば、日本の温泉のような機能があるのですね。このプール&ジャグジーはいつもあるので、乗船時期が寒い時期で水着は要らないだろうと思っても、1枚持っていくといいと思います。

ドレスコードは「イブニングシック」?!

cruise-1519026_640serebrity_millenium_back

「セレブリティー・ミレニアム」では、フォーマルナイトの時のドレスコードは、「フォーマル」ではなくて、「イブニングシック」と書いてあります。乗船ガイドには「女性はデザイナー・ジーンズ、ワンピース、カクテルドレス、男性はデザイナー・ジーンズやドレスシャツ、ボタンダウン、セーターなど、必ずしもネクタイは必須ではありません」とあります。

いちおうフォーマルらしきドレスコードはあるようですが、セーターやジーンズ、ネクタイも必須でないなど、割と規制は厳しくないようです。ドレスコードのない客船も増えている昨今、客船のフォーマルナイトのドレスコードもだんだんとゆるくなっていく方向にあるのでしょうか?

まとめ

日本への寄港も近年増え、おなじみの客船となってきた感のある「セレブリティー・ミレニアム」をご紹介致しました。

数々のベストダイニング賞の受賞歴があり、ヘルシーなマクロビオティックメニューもあるなど、ダイニングに対しては特に他の客船を一歩抜きん出た感じがあります。

また、プールやジャグジーにはウエルネス効果のある海水を使い、暑い季節には冷たく、また寒い季節には暖かくして年中、プールやジャグジー施設が楽しめるように工夫されています。

客室はスタンダードな内側や海側もありますが、特にバルコニー付きはクラブクラス並みのアクア・クラス、コンシェルジュ・クラス、そして広さがあるファミリークラスと多彩。同行者に合わせた楽しみ方ができる客室が揃っています。

スポンサーリンク

Check Also

MSC slider

カリブ海を航行!MSCの新造船「MSCシーサイド」ってどんな船?

2017年12月、マイアミにM …