Home » 海外クルーズ » 地中海クルーズの魅力とクルーズの選び方
eyecatch_meditrenian

地中海クルーズの魅力とクルーズの選び方

3_voyager_of_the_seas

出典:ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 西地中海クルーズ

地中海クルーズはさすがに日本発着のものはありませんが、バルセロナ、フランス、イタリア、などの発着が多く、現地へは航空機で向かいます。現在では利便性を考えて航空機付きのツアーも発売されており、とても便利になっています。通常のツアーで寄る都市だけでなく、クルーズでしか行かないような都市に寄れるのも魅力です。

スポンサードリンク

地中海クルーズとは?

1_crystal-serenity

出典:e3time

地中海クルーズは、日本発着クルーズはなく、出港地までは航空機で行きます。

バルセロナ・マルセイユ・ジェノバ等発着が多く、客船に乗って地中海の島々とフランス・スペイン・イタリア・エジプト等を巡ります。期間としては5月から11月の初めまでのあいだの就航が多いです。また、2泊~7泊がメインですが、8泊以上、14日などの日数のツアーもあります。

思えば地中海クルーズに限らず、クルーズの魅力は、移動の度に重いスーツケースを持っていかなくてはいいのが魅力ですね。

「地中海クルーズ」の支持層とポイントは?

2_santorini-greece

地中海クルーズは、夫婦・家族ファミリー・ハネムーンの方などに人気があります。主にMSC・コスタ・プリンセス等の船会社が就航しています。世界遺産で有名なローマ・ナポリ・パルマ、イビサ、マルタ島・チュニス等、風光明媚な有名観光地が多いです。

概して格安激安で、お得な料金のものも多数有り、スタッフ・メニュー・船内新聞も日本語対応のできている客船が多いので安心です。航空券付き・添乗員付きツアーも充実しています。

どんなクルーズ・ツアーが売れているの?

3_voyager_of_the_seas

出典:ボイジャー・オブ・ザ・シーズ 西地中海クルーズ

それでは、具体的に「地中海クルーズ」ではどんなツアーが売れているのでしょう。個人のクルーズ旅行専門店「BEST1クルーズ」での地中海クルーズツアーでの売上TOP3を調べてみました。

【売り上げランキングTOP3】

【2016年8月-11月】MSCプレチオーサで行く 地中海クルーズ 7泊8日 -ジェノバ発着-

7_pretiosa_map

出典:BEST1クルーズ

6_inside_cabin

出典: BEST1クルーズ

生粋の地中海生まれ、ヨーロッパ最大のクルーズ会社MSC主催のツアー。

2013年就航、13万トンの大きさを誇る、MSCプレチオーサ号で行く、地中海クルーズのツアーです。イタリアのジェノバ発着。日本人スタッフが乗船します。イタリア・ジェノバを夕方6時に出航し、ローマ・チヴィタベッキア、イタリアのパレルモとイタリアで2ヶ所に寄港するのも魅力!

その後マルタ島・バレッタ、スペイン・バレンシア、フランス・マルセイユを経由してまたジェノバに戻ってくる8日間の旅。風光明媚で有名な観光地を一度に回れるとあってかなりテンションが上がります。お値段も魅力的で一番リーズナブルな内側キャビンだとクルーズのみの料金で549ドル。なんと1泊当たりが70ドルなのです。(別途、港湾税+政府諸税+チップ)

【2016年8月-10月】ハーモニーオブザシーズ号で行く 西地中海クルーズ 7泊8日 -バルセロナ発着-

%ef%bc%95%ef%bc%bfcruse_map

出典:BEST1クルーズ

4_harmony_of-the-seas_standard_umigawa

出典:BEST1クルーズ

こちらは日本人スタッフが乗船しないツアーですが、スペイン、バルセロナ発着。カリブ海を中心に運航している、ロイヤルカリビアンクルーズ社の2016年6月に就航したばかりの22万トンもの巨大客船、「ハーモニー・オブ・ザ・シーズ」で行くツアーです。

バルセロナを出港後、マヨルカ島(スペイン)‐マルセイユ(フランス)‐ラ・スペツィア (ピサ/フィレンツェ)  (イタリア)‐チビタベッキア (ローマ) (イタリア)-ナポリ(イタリア)を経て、またバルセロナに戻ってくる8日間のツアーです。こちらはお値段が若干上がりますが、それでも1,197ドル~、1泊になおすと、149ドルと大変にお得です(別途諸税・チップが必要)。明るい内装の室内、全食事付きで、この値段!

それに船なのにアイススケート、ロッククライミング、本場ブロードウェイのミュージカルも見れてしまうとなるとコスパ的には大変にお得だと言わざるを得ません!航空券付きのツアーもあります。

【2016年8月-11月】コスタディアデマ号で行く 地中海クルーズ7泊8日 -サボナ発着

9_cruse_map

出典:BEST1クルーズ

8_balcony_stateroom

出典:BEST1クルーズ

コスタディアデマ号に乗ってイタリアのジェノバ・サボナ港を出航する7泊8日のコースは、マルセイユ(フランス)‐バルセロナ(スペイン)‐パルマ・デ・マヨルカ(スペイン)‐チビタベッキア・ローマ(イタリア)‐ラ・スペツィア(イタリア)に寄港し、またイタリアのサボナ港に戻ってくるクルーズツアーです。

ポートチャージ・コスタ保険・チップは別途ですが、クルーズ中の全食事付きです。内側のキャビンで579ドル~と大変なお値打ち価格。でも安いだけあって、というのではなく、口コミでも4~5つ星を獲得しているほど、すべてにおいてバランスが取れた評価です。他のツアーもそうですが、大人3.4人目半額、18歳以下無料、早期割引とキャンペーンが充実しています。

寄港地のご紹介

スペイン・バルセロナ、フランス・マルセイユ、イタリア・ナポリなど、比較的有名な観光地に寄港するこれらのクルーズ。でもパロマ・デ・マヨルカ(スペイン)、ラ・スペツィア(イタリア)、バレッタ(マルタ島)など、普通のツアーではあまり寄らない都市に寄港するのも「クルーズならでは」だと言えます。

パロマ・デ・マヨルカ(スペイン)

%ef%bc%99%ef%bc%bfpalma_de_mayorca

出典: BEST1クルーズ

地中海に浮かぶ「パルマ・デ・マヨルカ」は、スペインでありながら、「太陽」と「海」のエキゾチックな雰囲気。スペイン領バレアレス諸島の中心にあります。文化と伝統、郷土料理も他の地中海の島々とは違った雰囲気で独特。写真の大聖堂はなんと「アントニオ・ガウディ」の設計です。こちらは必見!

ラ・スペツィア(イタリア)

10_la-spezia

出典:BEST1クルーズ

イタリア北西部、リグーリア県にある、ラ・スペツィア。西部の地中海(リグーリア海)に面した5つの村チンクエ・テッレは写真のような色とりどりの家々が並んでおり、まるでおとぎはなしのような光景。ポルトヴェーネレ、小島群などと、ユネスコ世界遺産に登録されています。この光景は一見の価値があるかも!ワインの名産地でもあります。

バレッタ(マルタ島)

11_st-johns_cathedral

「街全体」が世界遺産に登録されているマルタ島。1577年に騎士団がその名前を冠した、キリストの授洗礼者聖ヨハネを称えるために建てたと言われる「聖ヨハネ大聖堂」はマルタ島一番の定番&おすすめ観光スポットです。外側は質素なのですが、絢爛豪華な内装にびっくり!日曜にはミサも行われます。また街にはしゃれたレストランやカフェもあるので、街歩きも楽しいです。

おわりに

いかがでしたか?地中海クルーズの魅力はまだまだ沢山ありますが、一度に数か国を回れるというのがまず最大の魅力ですね。風光明媚な場所が多いので、どの寄港地も精力的に観光したいところですね。疲れてしまっても重い荷物を持って歩くわけではなく、船に帰るとベッドもあるわけですから、無理なく沢山の寄港地を楽しめそうなのがいいですね。また、普通の航空機で行くツアーでは寄らないような、「魅力があるけど時間がなくていつも寄れない」と思っていた都市にも寄れるのが嬉しいです。

スポンサーリンク

Check Also

carribian_seaweed

カーニバル・ドリーム号で西カリブ海を旅したい! その詳細と寄港地は?

あなたは「カーニバル・ドリーム …