Home » 海外クルーズ » 美しい世界「中東・ドバイ」を堪能できるクルーズの魅力
1-1

美しい世界「中東・ドバイ」を堪能できるクルーズの魅力

あなたはドバイに行ったことがありますか?また、ドバイをクルーズしたことがありますか?世界一の高さのビルが立ち並び、未来的な建物も建てられてはじめて久しいドバイですが、いまだに「建築中」のビルがたくさんあります。ドバイっていったいどんなところなのでしょうか?

スポンサードリンク

ドバイへのクルーズを行っている人気のクルーズ船は?

2

いまや世界のいろいろな国にクルーズ船が寄港しています。アラブ首長国連邦(UAE)のドバイもその例外ではありません。なかでもイタリア系クルーズ会社MSCの「MSCファンタジア号」でのクルーズはとても人気があります。ドバイのみならず、ドバイの離島やアラビア半島東の突端のオマーンにも寄港するこのクルーズは一体どんなクルーズなのでしょうか?

「MSCファンタジア号」ってどんなクルーズ船?

3

MSCファンタジアを運航しているMSCクルーズは、ヨーロッパ最大のクルーズ会社。MSCでは15隻の船が全世界をクルーズしていますが、中でもMSCファンタジア号は2,008年12月に就航。総トン数はなんと137,936トンの大型船です。乗船人数も世界最大級の4,363人。かつては地中海をメインに航行していた船ですが、ちょっと足を伸ばし、ドバイにも寄港するようになりました。

イタリアの船らしく陽気なホスピタリティーが自慢で、明るくビビッドな色目の船内インテリアが目を惹きます。ダイニングも代表的なイタリア料理だけでなく、イタリア郷土料理をもフィーチャーしており、船内で粉から作るパスタやピザもポイントが高いです。

エンターテイメントでは通常のミュージカルなどを上演するシアターの他に4Dシアターまでもがあります。それでいて1日料金が100米ドル弱ととてもリーズナブル。気軽に利用できるというのも、人気の秘密なのでしょう。さすがはバカンス慣れしている人々を相手にするイタリア船ですね。

4

MSCファンタジア号で行くドバイ発クルーズは、同じくUAEのアブダビに寄港し、オマーンのマスカット、ハサブ、UAEのシルバニヤス島、そしてまたドバイに帰着するコースをとっています。特にシルバニヤス島への寄港は、いままでで初なので、期待が寄せられています。シルバニヤス島はアブダビ沖にある島で、豪華リゾートの滞在が楽しめるほか、野生動物の宝庫で自然に溢れたリゾートの島です。

中東ドバイクルーズ・寄港地情報

UAE・ドバイってどんなところ?

5

では、出航、帰港地であるUAEのドバイってどんなところなのでしょうか?ドバイはUAEでは2番目に大きい都市です。写真のように世界一高いビル、地上160階建てのブルジュ・ハリファには、ショッピングモール、ホテル、レストラン、オフィス、展望台、マンションが入っており、78階には世界一の高所にあるプ-ルもあります。

124階、148階の2つの展望台からは砂漠やドバイの街並みが手に取るようにパノラマで見ることが出来、遠く360度パノラマでペルシャ湾の風景が楽しめます。

また、たくさんの見た目にもインパクトがある超高層ビルが建ち並んでいます。半月型をしたホテル、ブルジュ・アル・アラブ、人工島である「パーム・アイランド」や「ジュメイラ・アイランズ」などが建設され、見るからに「未来都市」のようです。これらの人工島のスケールの大きさは半端ではなく、人工衛星からも確認できるため「宇宙から見える唯一の人工島」と呼ばれています。

6

また、ドバイには税金がなく、物価も意外に安いので住民の8割は外国人だそう。そのため、アラビア語よりも英語のほうが通じやすいそうです。また1枚28,000円ほどで売っている宝くじの「1億円当選確率」が5000分の1だとか、他にもランボルギーニなどの車がかなりの確率で当たるくじも実施されているそうです。

食生活では、エジプト料理ではラクダ肉をよく食しますが、ラクダのミルクも愛飲されています。牛乳よりもビタミンが多く、塩分が含まれているので常温でも飲みやすいのだとか。

アブダビってどんなとこ?

10

中東、アブダビって地名はよく聞きますが、一体どんな所なのでしょうか?アブダビはドバイの南西に位置し、アラブ首長国連邦の中でも最大の人口、面積、収入があります。そのGDPは実に連邦の15%。その収入源は国土の豊かな石油資源によるものが大きいです。政治経済の中心でもあり、主要な銀行や証券取引所、国営石油会社などが軒を連ねています。

観光地というよりは、官庁街といった感じですが、強いて言えばスタイリッシュな建物で「ピサの斜塔」の現代版とも言える、アブダビ国立展示場、フェラーリのテーマパーク、「フェラーリ・ワールド」、カラフルな車が一杯の「エミレーツ国立自動車博物館」、「エティハド・モダンアート・ギャラリー」は文化施設が少ないアブダビでは貴重な存在。隠れた名美術館との噂も高いです。2020年にはパリのルーブル美術館の別館も建設されるそうです。

オマーン/マスカット、ハザブってどんなとこ?

7

まず「オマーン」という国名からして、日本人にはほとんど馴染みのない国のひとつです。オマーンのマスカットという都市はオマーン湾に面しており、斧のような形をしたアラビア半島の東の端あたりに位置しています。スーク(市場)やポルトガル人が16世紀に築いた砦「マトラ・フォート」、そして海岸通りにある「コルニーシュ」が見どころです。

9

また、ハザブはマスカットよりもドバイに近く、アラビア半島の北の突端に位置しており、ペルシャ湾を挟んでイランに近いところにあります。見どころは16世紀にポルトガル人が築いた「ハッサブ砦」、また、まるでノルウェーのフィヨルドのような入り組んだ入江「シム・ガルフ」をアラブの木造船ダウ船に乗ってのクルーズも人気です。

アブダビ沖、シルバニヤス島ってどんなとこ?

8

またアブダビ沖に浮かぶ「シルバニヤス島」はアル・ガルビアの8つあるデザート・アイランドの一つです。現地ではシル・バニ・ヤス島と区切って呼ばれているようです。

この「シルバニヤス島」は、日本では全く無名ですが、実は野生動物の宝庫で「アラビア野生動物パーク」が島の半分を占めており「世界有数の持続可能な観光デスティネーション」賞にも選ばれたほどです。

また、タイやバリ島など世界屈指のリゾート地にもリゾートホテルを展開しているアナンタラ系の5つ星のブティックホテルとヴィラ「デザート・アイランド・リゾート&スパ・アブダビ」のような、グレードの高い豪華リゾートがあります。

全64室でオールスイートルームです。その中でも最高級の客室「2ベッドルーム・アナンタラ・プール・ヴィラ」は223㎡で、大人4人、子供2人が泊まれる広さです。シックな色調の内装、窓の外に広がる野性的なサバンナの絶景。アラビア風のアウトドアテラスや専用プールもあり、快適なホテルライフを過ごせます。

おわりに

いかがでしたか?豪華客船クルーズで寄港するイメージがあまりない中東・ドバイとその周辺のクルーズ情報をお伝えしました。中東で行ってみたい都市NO.1のドバイ、そして自然もグルメも高級ホテルも楽しめるアブダビと、日本では全く無名ですが、人知れず豪華でグレードの高いリゾートが楽しめるシルバニヤス島。

エキゾチックな雰囲気漂う、アラビア半島東側のオマーンなど、魅力的な寄港地を巡る「MSCファンタジア号」です。普段あまり行きなれないところだからこそ、是非、クルーズで訪れてみて欲しいですね。

スポンサーリンク

Check Also

costa

「コスタ・ディアデマ」で、西地中海をリーズナブルにクルーズしたい!

11月はクルーズ料金も比較的安 …