Home » 海外クルーズ » 魅惑の世界「中東・ドバイ」を巡るクルーズ旅行の魅力と楽しみ方
%e8%88%b9

魅惑の世界「中東・ドバイ」を巡るクルーズ旅行の魅力と楽しみ方

トップ画像

エキゾチックな魅力あふれる中東・ドバイを巡るクルーズをご紹介いたします。MSCファンタジア号で行くクルーズでは、アラブ首長国連邦第2の都市ドバイから旅が始まります。

食事施設や宿泊先の確保、移動手段の心配のない快適な豪華客船に乗って、魅惑のアラブの世界を存分に満喫してください。美しい海と自然、そして進化を続ける現代社会の共演に心奪われること請け合いです。

日本ではあまりなじみのない場所もありますが、各寄港地の魅力や楽しみ方もご紹介いたしますので参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

中東・ドバイクルーズの主な寄港地

この項目では、中東・ドバイクルーズで訪れる主な寄港地をご紹介したいと思います。めざましい発展を遂げる都会的な姿から、砂漠という無機質が産み出す自然の芸術、アラビアンナイトの世界まで楽しめるのが中東クルーズの魅力です。

MSCクルーズではショアエクスカーションという、寄港地観光ツアーがオプションで用意されています。ガイドは英語での案内になりますが、ツアーによっては日本語の音声ガイドを利用できることもありますので船内デスクでご相談ください。

もちろん個人で自由に回ることもできますが、クルーズ旅行や海外が初めてという場合にはツアーに参加してみることをお勧めいたします。

ドバイ

ドバイ1

ドバイはアラブ首長国連邦における第二都市であり、中東のなかでも発展した世界都市です。特に経済・金融に突出しており、21世紀になってからは超高層ビル群やショッピングセンターがつぎつぎに建築されるなど、観光都市として知られています。

ドバイを東西に貫く【ドバイ・クリーク】という川を境に北側をディラ、南側をバール・ドバイというように大きく二つの地区にわかれており、街の東西は砂漠が広がっています。

南側のバール・ドバイは街のなかでも最も古い地区であり、伝統的なアラブの建物や趣のあるドバイの博物館を見ることができます。

一方の北側ディラ地区は伝統的な商業地区から始まって、現代的なビル群、そして今なお開発が続けられているダウンタウンが広がっています。

金やスパイスを扱っている露店が並ぶ市場を抜けると現代的なビル群が見えてきます。その先に待ち構えているのは世界一高いビル【ブルジュ・ハリファ】、巨大なショッピングモール、そして美しいビーチなどです。

贅を尽くしたドバイの街をどうぞお楽しみください。

アブダビ

アブダビ

1971年に誕生したアラブ首長国連邦。7つの国からなるアラブ首長国連邦の首都がおかれているアブダビには、二つの大きな特徴的なスポットがあります。

一つは、離れた場所からでもその姿を見ることができる【シェイク・ザーイド・モスク】です。白い大理石がまぶしいこのモスクはイスラムの誇りとなっています。

2007年、12年の歳月とおよそ5億米ドルという莫大な金額をかけて作り上げられたシェイク・ザーイド・モスクは、イスラム教徒以外が入ることのできる貴重な二つのモスクのうちの一つです。

神聖な場所であるという意識をしっかりと持ち、礼儀正しい服装を心がけてぜひ訪ねてみてください。アラブの荘厳な雰囲気を十二分に体感できることと思います。

もう一つのスポットは、F1ファンならば一度は訪れてみたいというフェラーリをテーマにした【世界最大】のテーマパークです。

歴代のフェラーリ車が並ぶ展示スペースや、世界最速のジェットコースター、F1シミュレーターなどはF1ファンならずとも大人から子供まで夢中になれるスポットです。

伝統と進化が同時に存在する街・アブダビで、ぜひいろいろな体験をしてみてください。

ホールファカーン

フジャイラ

オマーン湾に面したホールファカーン(コールファッカン)では、港を降りたってすぐにビーチや新鮮な魚介類が並ぶ市場などを楽しむことができます。

保守的で小さな港町ですが美しい湾が広がり、砂漠や自然な姿の山肌がエキゾチックな雰囲気を醸し出しています。

ホールファカーンの観光スポットは、【フジャイラ・フォート】と呼ばれるハジャル山脈の高台に建った砦です。フジャイラ・フォートは16世紀ごろに造られ、アラブ首長国連邦に数多くある砦の中でも美しい砦といわれています。

雄大な海へと帰っていく太陽を眺めながら、悠久の時に思いをはせる。そんな非日常体験を味わうことができる貴重な場所に、足を運んでみてください。

シルバニヤス島

シルバニヤス島

中東・ドバイを巡るクルーズの中で最もアクティブな体験ができるのが、シルバニヤス島です。シルバニヤス島は現代的な発展を遂げているアブダビやドバイとは正反対の場所です。

アフリカ、アラブの絶滅危惧種が生息する自然保護区として島全体が登録されており、キリン、フラミンゴ、チーターなどの希少種が自然なままの姿で生息している様子を観察することができます。

また美しい海でのシュノーケリングやカヤックもお勧めです。運が良ければウミガメやイルカと遭遇することもありますので、動物が好きな方はぜひ体験していただきたいと思います。

マスカット

マスカット

中東でもっとも古い都市といわれているマスカットは、2世紀のころからその存在が知られていました。人口はおよそ2万人ほどですが、政治・経済、文化、教育の中心地として栄えています。

マスカットはオールドマスカットと呼ばれる旧市街地と、城壁を隔てた新市街地に分かれており、旧市街地にはポルトガル統治時代に造られたミラニー砦、ジャラリー砦のほかアラム宮殿があります。

一方の新市街地にはオマーン湾最大の港を有しており、時計や香水、電化製品などを扱ったショッピングシティが広がっています。

夜間ライトアップされる旧市街地はエキゾチックな雰囲気をより一層演出してくれます。現代によみがえるアラビアンナイトの世界をどうぞお楽しみください。

MSCファンタジア号の魅力

この項目では魅惑的な中東の世界を案内してくれる豪華客船、MSCファンタジア号をご紹介したいと思います。

MSCは地中海生まれの大変人気のあるクルーズ会社で、初めてのクルーズや海外クルーズに慣れていない日本人でもサービスが充実していて利用しやすいクルーズ会社です。

2008年就航したMSCファンタジア号には、船の中でありながら充実した施設とエンターテイメント、アクティビティを備えています。

旅の楽しみである食事、快適なキャビン、長期の船旅でも飽きさせない工夫を凝らしたエンターテイメント&アクティビティの3つの項目に分けて詳しくご紹介します。

豊富な選択肢の食事施設

T

旅行先で意外と苦労することの多い食事。思いのほか値段が高くかかってしまったり、なかなかレストランが見つからないということもあるかと思います。

その点、クルーズでは一部の有料レストランやメニューを除いてほとんどの食事が料金に含まれていますので、思う存分美味しい食事を安心していただくことができます。

MSCファンタジア号には5つのレストランのほか、別料金でワンランク上の味を楽しむことができる有料レストラン、20時間営業のビュッフェ、スポーツバー、カフェなどを備えています。

ディナータイムでは同じ時間、同じ場所での2交代制の食事、もしくはフリーチョイスで好きな時間に好きな場所での食事を予約時に選択することができます。

たくさんの楽しみがある船上でのライフスタイルに合わせて、どうぞ最大限時間を活用しお楽しみください。

居心地のいい快適なキャビン

キャビン

日々の生活の拠点となるキャビンにも、もちろん快適に過ごすための工夫やこだわりがなされています。100%天然素材の寝具とマットレス、高級枕が備えられたベッドが置かれている広々とした部屋は、毎日2回丁寧に清掃がなされます。

なお航海中は最終日まで同じルームスチュワートが担当してくれるので、スタッフとの仲も深まります。

また、多くの客室は海側にあるためキャビンからの眺めを楽しむことができます。ルームサービスも一部メニューを除き無料でいただくことができますので、朝日の昇る雄大な海を眺めながらの朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日々に刺激を与えてくれるアクティビティ&エンターテイメント

カジノ

長期間の航海になると退屈してしまうのではないか。ついつい食べ過ぎて体重が増えそう。そんな心配をされる方も多いと思いますが、MSCクルーズでは退屈する暇がないほど多くのエンターテイメントやアクティビティを取り揃えています。

本格的なミュージカルショーやコンサート、マジックショーなどが日替わりで行われる大型シアターのほか、クルーズ船にはかかせないカジノももちろん備えてあります。

カジノに慣れていない初心者でも、ディーラー直伝の講習会が開催されますので安心して参加できます。日程はディーラーもしくは船内新聞で確認することができますので、ぜひ挑戦してみてください。

船の中でもアクティブに活動したい方にはフィットネスセンターがお勧めです。ホテルなどのジムで使われている本格的なマシンを、海を眺めながら無料で使用することができます。

またデッキ周辺のアクティビティ施設としては、ミニゴルフ、卓球、バスケットボール、大型プール、ジョグ&ウォーキングコースなどがあります。

ティーン&キッズに向けたサービスも充実しており、年齢別の専用プログラムや明るく広い部屋で安心して遊ばせることができるキッズルームなどが用意されています。

有料ですが託児サービスがありますので、普段なかなか忙しいパパ・ママもゆったりと大人時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本から個人で旅行に行くにはハードルが高い中東・ドバイを、安全・快適に過ごすことができるクルーズでぜひ楽しんでいただきたいと思います。

最後になりますが、中東・アラブではイスラム教が盛んな都市が多くあります。モスクなどの宗教施設やビーチなどでは服装に留意し、礼節を重んじた対応を心掛けてください。

こちらの記事が少しでも皆様のお役に立てましたら幸いです。どうぞよい旅を!

スポンサーリンク

Check Also

MSCシンフォニア

地中海ならMSC!「MSCシンフォニア」ってどんな船?

地中海を拠点に客船を航行するM …