Home » 国内クルーズ » あなたはどのクルーズ船に乗ってみたい?クルーズ船ランキング

あなたはどのクルーズ船に乗ってみたい?クルーズ船ランキング

クルーズを何回か体験されたかたは、その使い勝手やサービスから、初心者の方は船の外観や内装から、選ぶ基準はそれぞれ違うかもしれませんが、「人気のある船」はやはりどこかしらが秀でているのだと思います。ここではいろいろなタイプの「ベストクルーズ船」をご紹介します。

「マツコの知らない世界」で紹介!のベストクルーズ

巷で話題になっている商品や事柄をその道のエキスパートが紹介する「マツコの知らない世界」でも「クルーズ・豪華客船の世界」が紹介されました。ガイド役のクルーズライター・上田寿美子さんは、18歳の時から45年以上、300回以上も船旅を経験している人です。その上田さんが選んだクルーズ船をご紹介しましょう。

クイーンエリザベス

1940年3月就航当時には世界最大の客船で、英国女王エリザベス2世にちなんでネーミングされた、スコットランドのキュナード・ライン社の客船です。なんといっても知名度バツグン!「豪華客船」の代名詞でもある「クイーンエリザベス」は、今も古き良き豪華客船の伝統を受け継いでいます。

飛行機で旅をするのが一般的でなかった頃には誰しもが客船の旅をしていたわけですが、飛行機での旅がポピュラーになってくると「クイーンエリザベス」に代わって、小型で経済的な「クィーンエリザベスⅡ」が運航されるようになりました。さらに、2010年からは新しい「クィーンエリザベス」が運航されており、ますますクルーズ旅時代の再来を感じさせます。

問い合わせ:クィーンエリザベス

クァンタム・オブ・ザ・シーズ

2014年に就航。船籍はバハマだが、母港は上海というインターナショナルさ。アジアへのクルーズが多く、今風の船内アクティビティも豊富。1日1万円からのクルーズもあることから、「若い人向け」とも言われています。

実際、船内アクティビティを見てもロッククライミングやサーフィン、スカイダイビング体験、海上約90mからの絶景が楽しめる宝石型展望カプセル「ノース・スター」はギネスにも登録されています。タブレット端末からオーダーすると、ロボットバーテンダーがお好みにあわせたカクテルを提供する「バイオニックバー」など、他ではできない体験がたくさんあります。

問い合わせ:クアンタム・オブ・ザ・シーズ

クリスタル・セレニティ

アメリカに本社の高級クルーズ会社「クリスタル・クルーズ」がもつ、定員1070名の中型客船が「クリスタル・セレニティ」。クィーンエリザベス同様、「一生に一度」乗れるといいと言われるほどの高級な船で、目安として一番安い部屋で、アドリア海7泊8日で30万円近い料金です。もっとも船室のグレードにより200万近い部屋もあります。こんなに高級にもかかわらず人気があるのは、寄港地で見せる景色のセンスもよく、この船が気に入って住んでいるアメリカ人女性もいるほど。

グルメ面では、世界的シェフのノブ・ハヤシさんが監修した「シルクロード&鮨バー」もあり、創作和食も食べることができます。3食、食べ放題、飲み放題でアルコールもOK!至れり尽くせりの「クリスタル・セレニティ」です。

問い合わせ:クリスタル・セレニティ

飛鳥Ⅱ

日本船の中では豪華な設備やグルメな食事で人気が高い「飛鳥Ⅱ」。日本郵船の子会社「郵船クルーズ」が運航するクルーズ船です。

もともとは「クリスタルクルーズ」(本社:アメリカ)という会社が、「クリスタル・ハーモニー」として運航していましたが、日本でのクルーズ旅行が増えるにつれてキャパシティーが足りなくなってきたために初代の「飛鳥」を改装、2006年「飛鳥Ⅱ」として運航をはじめました。「飛鳥」という名前は女優の岸 恵子さんが命名したそうです。

日本一周クルーズや、海外まで足を伸ばすクルーズなど、長期クルーズの他に、クリスマス、花火大会、紅葉狩りなど季節に合わせた1泊や2泊のクルーズも行われています。

新型コロナウイルスの影響によりクルーズ運行を中止していましたが、2021年10月より、感染症対策を強化したうえでクルーズの募集を再開しています。

問い合わせ:飛鳥Ⅱ

にっぽん丸

白とネイビー、そして赤のラインの船体で凛々しい外観。比較的小型船で和室までを備え、日本の由緒ある旅館に来たような雰囲気さえ持つ「にっぽん丸」。紀宮清子親王が「にっぽん丸」の名付け親です。現在の船は三代目で、1,990年に就航、2010年に改装をし、一流料理人ともコラボをして、さらに「グルメ船」として生まれ変わりました。

船室もスタンダード・ステートからグランド・スイートまで、ベージュを基調とした落ち着いた日本的な内装で落ち着きます。スタンダードは1階、グレードの高い船室は5.6階に位置しています。ドラマにもよく使われ、「ドクターX~外科医 大門未知子」の第一期最終回にも登場しました。

問い合わせ:にっぽん丸

ぱしふぃっく びいなす

1998年4月就航。「ふれんどしっぷ」をコンセプトにしており、本社が大阪にあることもあって、ノリのよさ、ホスピタリティの暖かさはピカイチ。名物船長の由良さんは、「踊る船長」とも呼ばれており、時間があるときには乗客と一緒にダンスを踊ってくれるそう。「ぱしふぃっく・びいなす」の、ノリの良さがわかりますね。

また、「ぱしふぃっく・びいなす」のクルーズ旅行で人気なのが、船上に一泊して熱海などの花火を見る「花火クルーズ」や、豪華なクリスマスディナーを船上で頂いた後に一泊する「クリスマスクルーズ」。花火はまさに陸の桟敷席に勝る「特等席」で見上げる角度で見ることができ、見終わった後は、渋滞や満員電車で帰る必要もないのでおすすめです。

またクリスマスディナークルーズに至っては、お値段が一泊で4万円前後ですが、素泊まりの高級ホテルで一泊6万円以上することを思ったら、フルコースディナーをはじめ、宿泊、船内施設を目一杯使えてのお値段なので、むしろ安いと思えるのではないでしょうか?

問い合わせ:ぱしふぃっく・びいなす

まとめ

2020年の新型コロナウイルスの影響により、クルーズだけでなく、旅行業界は大きな打撃を受けました。各社、感染症対策を強化し、大型クルーズ船での旅行も再開されつつあります。豪華な客船での非日常を楽しむ、、、そんな夢を持ち続けたいですね。

スポンサーリンク

Check Also

こんなところでもクルーズ観光やっています。知る人ぞ知る観光クルーズ

クルーズというと、豪華客船やら …