Home » 客船 » 世界最大の豪華客船の解説とその魅力
eyecatch_ship

世界最大の豪華客船の解説とその魅力

eyecatch_ship

あなたは「豪華客船」と聞いてどのくらいの重量があるか想像できますか?日本で有名な「飛鳥Ⅱ」はまだ小さい方で約6万トンなのです。でも世界にはまだまだ大きな豪華客船があります。

スポンサードリンク

圧巻の22万トン!「オアシス・オブ・ザ・シーズ 」(Oasis of the Seas)

他の船に比べて、♪船内アクティビティがすごい♪ショーがおもしろい
♪プールが多い♪カジノのスケールが違う(スペースが広い!)という評判の「オアシス・オブ・ザ・シーズ」。いったいどんな船なんでしょうか?

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」はどこの船籍?

1_oasisofthe_seas

出典:Hotnews

アメリカの「ロイヤルカリビアン・インターナショナル」が運航する船で、船籍はバハマ。母港はバハマのナッソーです。2009年12月就航。現在のところ、この「オアシス・オブ・ザ・シーズ」が世界最大の客船です。造船のコンセプトは「近所付き合い」「20世紀のアメリカの街を再現」した、「ロイヤル・プロムナード」や緑が豊かな「セントラルパーク」までが船内にあるのですからたまりません。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」のサイズは?

2_oasisofthe_seas_inside

出典:Hotnews

STXヨーロッパ造船、フィンランド・トゥルク工場で建造された「オアシス・オブ・ザ・シーズ」はなんと重量が22万5300トン!客船の中では世界最大です。
乗客は5,400人、2,706室の客室があり、そのうち、2,210室はオーシャンビューとなっています。全長361m、全幅47m、ビルの18階相当の高さというサイズはパナマ運河の通過限界値ですが、通過は可能とのことです。船内は客室の他には、商業施設、エンターテイメント、スポーツ施設、そしてもちろんレストラン、バーが数多くあります。その様子はまるで洋上の「巨大アミューズメントパーク」です。乗組員はなんと2394人です。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」のアクティビティは?

5_oasis_of_the_seas_side

出典: Wikipedia

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」は内側が空洞になっています。これにより、内側にある客室には光が入り、20世紀アメリカをイメージした町並み「ボードウォーク」やそこにある回転木馬を内側客室のバルコニーから眺めることができます。海は見えない客室ですが、実は密かな人気なのです。

遊べる船内施設

■アイススケートリンク

12_skatelink

出典:クルーズブログ

なんと、「オアシス・オブ・ザ・シーズ」にはアイススケートリンクもあるのです。もちろん無料で利用できます。子供が遊んでいる姿も目立ちますが、もちろん大人もいます。

■ロッククライミング

10_rockclimbing

出典: クルーズブログ

ロッククライミングも人気のアクティビティのひとつ。ほとんど「ボルダリング」のように垂直の壁を登ります。ただ身が軽いだけでなく、テクニックが必要となるスポーツです。

■サーフィン

9%ef%bc%bfsurfing

出典: クルーズブログ

なんと船内にサーフィンができるプールが!水着着用が必要ですが、無料で利用できます。他の船ではあまり見ない船上サーフィン。この機会にサーフィンデビューしてみますか?

■ジップライン

%ef%bc%98_zipline

出典:クルーズブログ

目抜き通りの真上を、滑車を使ってワイヤーロープを滑り降りる「ジップライン」。眼下にはプロムナードやセントラルパークが見えます。身体をしっかり固定されているので、思ったほど怖くないと言いますが。。

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」はどこに行けば乗れるの?

3_oasis_of_the_seas_up

出典:Wikipedia

残念ながら「オアシス・オブ・ザ・シーズ」は日本への寄港はありません。アメリカ・フロリダ州のフォートローダーデールを出発して、西カリブ海や東カリブ海を巡るツアーが日本の旅行会社からも発売されています。お値段の目安は「西カリブ海クルーズ」の6泊7日で内側客室が579ドルほど。客室の使用料に加えて、わがままを言わなければ全食無料で食べられるので「全食事込み」だということや、エンターテイメント、スポーツ施設、商業施設などを利用できることを考慮すれば、それほど高い金額ではないと思いますがいかがでしょうか?ちなみに寄港地は下記です。

西カリブ海クルーズ 6泊7日(他にも多数コースあり)

フォートローダデール(アメリカ合衆国フロリダ州) – 出航地
ラバディー(ハイチ)
ファルマス(ジャマイカ)
コスタ・マヤ(メキシコ)
コスメル(メキシコ)
ナッソー(バハマ)
シャーロット・アマリー(セント・トーマス島)
フィリップスバーグ(セント・マーチン島)

参考サイト:ロイヤルカリビアン・インターナショナル

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」のお部屋を拝見!

4_oasis_of_the_seas%ef%bc%bffront

出典: Wikipedia

世界最大の客船「「オアシス・オブ・ザ・シーズ」。客室はどうなっているのでしょうか?ちょっと拝見してみましょう!

■スーペリアオーシャンビュー(バルコニー付き)

14%ef%bc%bfsuperior_oceanview_room

出典:エスティー・ワールド

バルコニー付きの明るい客室。16.9+4.8平米とバルコニーもかなりの広さ。でもアメリカ人はバスタブに浸かる文化がないので、シャワーしかありません。ジュニアスイート以上ならバスタブがついています。

■内側船室

13_inside_room

出典:エスティー・ワールド

13.8~15.9平米とコンパクトな内側客室。海は見えませんが、プロムナードや回転木馬のある遊園地「ボードウォーク」は、客室から見えます。実は内側は揺れが少なく、リピーターの方も内側をチョイスする方が多いそうです。実は「通」ごのみの客室

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」のレストラン

「オアシス・オブ・ザ・シーズ」には無料で食べられるメインレストランの他に13のレストランがあります。

■日本食IZUMI

14_japanese_restaurant_izumi

出典:エスティー・ワールド

日本食の店IZUMIでは日本の寿司をはじめ、アジア各国の料理を堪能することができます。無料ではないですが、安価でボリュームがあるのが嬉しいです。

■オーパス・メインダイニング

14%ef%bc%bfopus-main-dining

出典:エスティー・ワールド

メインダイニングの「オーパス」は無料で食べられるレストランです。1日たりとも同じメニューはなく、世界各国のボリューミーな料理を楽しむことができます。このレストランだけでも、価値があるというものです。

■ソラリウムビストロ

15_-soralium_bistrot

出典:エスティー・ワールド

アメリカ人やカナダ人の乗船が多いためか、ヘルシーフードのレストランもあります。野菜、豆腐などもふんだんに使われています。これは豆腐のグラタン。

カフェ・軽食

14%ef%bc%bfcafe_dessert

出典:エスティー・ワールド

アメリカンサイズのケーキやクッキーも盛り沢山!山のように積んであるデザート類は無料です。ダイエット中の人には、超キケン!

■ジョニー・ロケッツ

16_jonny_rockets

出典:クルーズブログ

50年代アメリカンスタイルのハンバーガーショップ。朝食$3.95、昼・夕食は$4.95ですが、かなり本格的なガッツリしたハンバーガー。アメリカ文化の真髄です。一度は行ってみるのをおすすめします。

おわりに

いかがでしたか?世界最大の「オアシス・オブ・ザ・シーズ」をご紹介しました。残念ながら日本からのクルーズはなく、アメリカのフロリダからの出発となります。言葉の問題も心配になりますが、メニューから船内新聞まで日本語のものもありますし、スタッフも日本語を話せる人もいます。また、旅行会社の添乗員もつく場合もあります。意外に言葉の壁は低いですよ。「外国だから」と引っ込み思案になってしまうのではなく、外国に来たからこそ、日本にない明るい文化やサービスを堪能して下さい。

スポンサーリンク

Check Also

0110_05

カリブ海クルーズをするなら知っておきたい「ポート・カナベラル」とは?

カリブ海クルーズのパンフレット …