Home » 海外クルーズ » ハワイクルーズを格安で楽しむなら現地直行が必須!ハワイへ格安でいける渡航プラン
1

ハワイクルーズを格安で楽しむなら現地直行が必須!ハワイへ格安でいける渡航プラン

1

いつでも夏を味わえるハワイは最高のリゾートアイランドです。美しいハワイでの楽しむクルーズは最高の思い出になること間違いありません。

しかし、どうせならクルーズをお得な料金で楽しみたいもの。それなら、クルーズ会社に頼まず、現地に直行し、クルーズ船の予約も自分自身で行う方法がおすすめです。

本記事ではハワイへ格安で渡航する方法と旅行会社の現時点で企画している最安値プランを比較してみました。

まず方法ですが、やはりWebを利用しての予約が一番格安です。店頭窓口があると実際にいろいろ相談できて安心ですが、窓口がある会社でも、「Web限定」の企画が一番安い設定なので、インターネットでまずいろいろ検索してみましょう。

スポンサードリンク

格安でのプランを提供している旅行会社

2

まずそれぞれどのようなプランを現時点で企画しているのか、比較してみました。尚、最新の情報は必ず、公式ホームページで確認してください。

DeNAトラベル

【66,400円 10~3月出発☆人気のフリープラン♪オススメポイントは『価格』!ホテルアレンジ可能☆:航空会社未定 6日間】

海外、国内の航空券・ホテルなど旅行商品すべての販売・仲介を扱う総合ウェブサイト。リアルタイムで検索システムを搭載し、電話によるカスタマーサポートで安心できる旅行を提供しています。

てるみくらぶ

【69,800円~Web予約限定 羽田発着直行便利用ハワイ 現金もしくはクレジットカード一括入金対象商品!!11・12月出発限定SALE☆ 航空会社未定≪燃油込≫3泊5日 リーズナブルにハワイを楽しむならこのコース♪(ホテル指定なし/眺望指定なし)】

インターネットに特化しハワイを中心に一都市滞在型パッケージツアーを企画し、オンラインでの予約を主にする旅行会社です

旅工房

【82,800円( 現地午後発 )♪ 説明会なし、空港からのフリープラン ♪ 価格重視!!エコノミークラスホテル(部屋指定なし/15時チェックイン)6日間!帰りが午後発、チャイナエアライン指定なので最終日もゆっくり 現地ツアーデスクにて滞在中も安心サポート】

オーダーメイドの旅を提供するトラベル・コンシェルジュ・カンパニー。海外・国内旅行を取り扱い、要望にそう旅行をアレンジし、オーダーメイドの旅を提案しています。

JTB

【64,800円~67,800円 Web限定4日間 ウルトラバーゲン 成田発 価格重視!ホノルル(ハワイアン航空または全日空利用!出発日限定!JTBクジラバス・トロリーに滞在中乗り放題!)】

日本の旅行業者の代名詞とされるほど高い知名度があり、パッケージツアー「ルックJTB」「エースJTB」などの旅行業のほか、時刻表『JTB時刻表』や旅行雑誌「るるぶ」などの出版業も行っており、窓口もほとんど全国にあります。

STワールド

【76,800円~163,800円 ハワイ>ホノルル(オアフ)(女子3名で満喫)<10月からのお得なハワイ>送迎付♪ベット3台のお部屋利用!ワイキキゲートウェイ 5日間ワイキキビーチとアラモアナを結ぶワイキキトロリーピンクライン 乗車券2枚付 燃油追加代金含む】

海外ツアーのプロフェッショナルとして、旅行をプロデュースし、また海外旅行の専門知識を習得した各種スペシャリスト資格保持者や豊富な渡航経験を持つスタッフが、旅の案内をしています。

近畿日本ツーリスト

【75,700円~255,700円<ネット専用!クリッキー> (11~3月 成田発ハワイ) コンドミニアムに泊まる ホノルルステイ 5日間 ベッドルームの他に広々としたリビングルームがあるコンドミニアム。ご家族やグループのお客様におすすめ!アストン、トランプならキッチンもついていて便利】

個人旅行向け国内旅行の「メイト」、海外旅行の「ホリデイ」の企画販売は40年以上の歴史があり、またインターネットを通じての限定商品や、さまざまな情報と予約サービスを提供しており。店頭販売もプロフェッショナルな社員がしっかり対応しています。

H.I.S.

【69,800円~72,800円 ラストチャンス!まだ間に合う12月出発!H.I.S.オリジナルレアレアトロリー乗り放題付 ハワイ5日間エコノミークラスホテル(部屋指定なし)諸税等別途必要・燃油サーチャージ無し) 出発地成田空港(発着) コース日数5 日間】

格安航空券の日本国外への販売業界のベンチャーとして、格安航空券の販売が主であったが、近年では自社企画の海外パッケージツアー商品も販売するようになり、特にハワイなどの伝統的な観光地のツアーは近年はとても高いシェアです。国内・海外拠点ともに多数で対応しています。

阪急交通社

【68,800円~163,800円≪航空券+ホテルのフリープラン≫ハワイ5日間 スタンダードクラスホテル(当社基準)利用 カード利用可 燃料サーチャージ込 海外空港諸税等別 出発地東京(成田)
★2・3名一室でこの価格!空席の多さに自信あり!24時間オンライン予約可能★      

個人旅行型 海外パッケージツアー「e-very」(イーベリー)も16周年目になり、ゆうちょ銀行口座からの自動引き落としサービスなど、旅行の申込みから出発までの簡素化を展開しています。窓口も旅のプロフェッショナルが親切丁寧に要望を聞いてくれます。

オーベルインターナショナル

【87,800円 ウィンターバーゲン・2名様限定★彡リゾートフィー込♪キチネット付き♪アンバサダーホテル指定 ホノルル7日間 カード決済可♪】

格安航空券の卸売りを主業務としていて、パンフレットはなく、ABROADのようなサイトを通じてのネット販売専門です。ツアー販売も最近始め、格安を売り物にしたツアーが主な販売です。

東武トップツアーズ

【75,700円~177,700円 Wed限定 チャイナエアラインで行くワイキキ5・6.7日間
アラワイ運河に面したアットホームなワイキキ・サンドビラ・ホテル。全室洗浄器付トイレ完備で快適な滞在が楽しめます。燃油込み/空港諸税別】

東武トラベル株式会社とトップツアー株式会社が合併した会社。東武グループがもつ東京スカイツリーをはじめとした豊富な観光資源で旅行を提供しています。電話での対応も予約センターのオペレーターが親切丁寧に案内しています。

格安旅行にはいくつか注意点があります。価格自体が最低必要なサービス料金なので、そこからいろいろな支払いが発生することがあります。例えばホテルに宿泊する際にかかるリゾート料金が含まれていない場合は、現地で別途払うことがあります。

また燃油サーチャージ・国内空港施設使用料・国内空港旅客保安サービス料・など別途支払いが必要な場合があり、企画外の大きな荷物には追加運搬料金がかかったりすることがあります。

そしてホテルの種類や部屋の眺望、航空会社の指定など、いろいろなリクエストは不可ですが、オプションとして追加料金を払えば希望OKのツアーもあり、並び席や近くの席の要望などは、事前の予約が必要なので、予約の際のリクエストの確認は必須です。突然の航空会社の都合により急遽変更になる場合の対処も、格安設定のためできない事もあり、行程スケジュールが変更になる場合もあります。

またクレジットカード決済不可な会社もあり、その分価格に反映してコスト減をしています。よくよく確認し納得した上で、最高の常夏のハワイを何度も楽しみたいです。

格安でのプランでの利用する航空会社

3

格安旅行はほとんどが希望の航空会社の選択ができず、旅行会社の指定になります。しかし、オプション追加OKで別途料金を払えば、ワンランク上のフライトを楽しめるツアーもあります。そこで現在ハワイに就航している各航空会社のおすすめ・現在の企画を特集してみました。

日本航空

新間隔エコノミー「スカイワンダー」の新座席シート便が就航。通常のエコノミー料金でありながら、従来の座席に比べて前後の間隔が最大約10cm広がった新シートで快適に過ごせます。機内食も高級ディナーをリーズナブルで提供する「俺のシリーズ」で楽しめます。

機内にはウクレレマスターのジェイク・シマブクロさんのJALオリジナルソングが流れ、とてもウェルカムな雰囲気です。

全日空

ハワイ到着前からリゾート気分を感じられるよう「リゾートプロジェクト」を実施し機内食はハワイアンメニューが用意され、トレーが当たりくじになっており、当選者は機内にてプレゼントのサービスがあります。機内BGMにハワイアンミュージック、そして搭乗記念に写真撮影など楽しさあふれるサービスが盛りだくさんです。またゆったりとしたシート、プレミアムエコノミーが新登場。最新鋭の機種で快適な旅を楽しめます。

大韓航空

韓国の航空会社で、言語は韓国語・英語・日本語とあるので不便はなく、機内映画も数ヶ月前に日本で公開された映画を見ることができます。とても機内食が良いと高評価で、この機内食目当てで選択する方法もあります。昔は仁川空港経由でしたが今は日本-ホノルルの直行便があります。

チャイナエアライン

台湾の航空会社で、日本語が通じるか心配ですが、日本人のCAも何人か搭乗し、台湾のCAも日本語を少し理解するので、言葉は問題ありません。機内の映画も日本語の映画が楽しめます。日本ならではのおもてなしが欲しい!などのサービスはありませんが、格付けサイトによる安全性の格付けは7つ星を取得しており、移動手段としては問題ありません。

ハワイアン航空

ハワイアン満載の充実したサービスで、ハワイ気分が高まります。機内緊急時安全ガイダンスも、まるでハワイのプロモーションビデオのように名所を巡りながらの映像と共に流れ、離陸前からすでにハワイアン!機内食もスパムむすびやグレイビーソースのロコモコ、ビールもマウイ島メーカーのビールなど、本場ハワイアンならではの味が楽しめます。機内サービスもアロハスピリッツあふれる笑顔の対応に、搭乗した時からもうハワイ気分です。

デルタ航空

アメリカで歴史が長い航空会社。CAも現地の方達ですが、基本的な日本語は通じます。機内の映画も最新のコンテンツを取り入れ、話題の映画もいち早く鑑賞でき、すべて日本語吹き替えは嬉しいです。ホノルル発の便の機内食はヤキソバかカレーよりチョイス!などのメニューもあります。今企画として日本~ホノルル間のフライトでは、機内で小さい子供にオリジナルプレゼントがあります。

ジンエアー

韓国のLCC航空ソウル-ホノルル間を格安で運行しています。現在日本各地とハワイを結ぶ格安航空会社はなく、格安な航空券を探すしかありませんが、安くなるならソウルで乗り継ぎする形でもOKならこのジンエアーがおすすめ。

1人往復4万円などの最安値設定もあります。LCCなので、座席の間隔は少し狭く、モニターがないので、フライト時間を充実させるグッズは必須。機内食はありますが、機内食以外の食べ物や飲み物の販売があり、食べ物の持ち込みもOKです。

まとめ

大自然いっぱいの中にオシャレなCaféやショップが立ち並ぶ最高のリゾートアイランド・ハワイ。そんなハワイを中心に楽しむクルーズ旅行は最高の思い出になるでしょう。

本記事を参考によりお得にハワイクルーズを楽しんできてください。

スポンサーリンク

Check Also

costa

「コスタ・ディアデマ」で、西地中海をリーズナブルにクルーズしたい!

11月はクルーズ料金も比較的安 …