Home » 海外クルーズ » ハワイ諸島クルーズに参加する前に学んでおきたいハワイ諸島の魅力
5-2-640x330

ハワイ諸島クルーズに参加する前に学んでおきたいハワイ諸島の魅力

ハワイ諸島は19の島と環礁でできています。ハワイのクルーズ旅行の中にはこれらのハワイ諸島を巡るツアーがあり、ハワイを満喫するためのツアーとして大きな人気を得ています。日本人的な感覚で行ってしまうとハワイのいずれの島も、日本とハワイの差から比べたら、ハワイのそれぞれの島の違いはそこまで感じることはないのかもしれません。

しかし、ハワイのそれぞれの島には異なる魅力があり、その魅力を理解しておくことでハワイの旅行をより楽しむことができます。本記事ではハワイ諸島の中でも8つの主要な島々の魅力と特徴をご紹介します。ハワイ諸島のクルーズに参加される際にはぜひ事前にそれぞれの島の情報と魅力を収集して頂き、クルーズの時間をより楽しめるようにしましょう。

スポンサードリンク

オアフ島

5-1

日本人の多くの方がその名前を知っているであろう有名なオアフ島。ハワイ州全体の約8割の人口がこのオアフ島に住んでおり、大きさはハワイ諸島の中で3番目に大きな島です。州都のホノルル市があり、観光や政治経済の中心となっています。オアフ島は他の島と比べ平地が多く、年間を通して暖かく、冬でも晴れの日であれば海やプールを楽しむ事が出来ます。ハワイ諸島の中でも年間を通して最も過ごしやすい島です。

5-2

ダイヤモンドヘッドやワイキキビーチ、ハナウマ湾など数多くの有名観光地があり、飽きることなく旅行を楽しむ事ができます。ショッピングが楽しめる巨大モール、リゾートホテルも多くホノルル国際空港もあるのでハワイの玄関口とも言われています。

オアフ島はハワイ島の周遊クルーズだけでなく、夕方から夜にかけて催行されているサンセットクルーズがあります。ハワイの美しい海に大きく丸い太陽が沈む景観は息を飲むような美しさで、純粋にハワイ観光に訪れた人にも人気を誇っているクルーズツアーです。金曜日に参加できた場合は、ヒルトンハワイアンビレッジから打ち上げられる花火を船内から楽しむことができ、よりロマンチックな時間を過ごすことができます。

ハワイ島

ホノルル国際空港から国内線に乗り継ぎ、ヒロ空港・コナ空港へ行くルートが一般的なハワイ島。ホノルルからの飛行時間はどちらも45分程です。

ハワイ諸島の中で一番大きな島がこのハワイ島。英語では大きな島という意味をもつ『Big Island』と呼ばれています。ハワイ島といえばキラウエア火山が有名です。

5-3

キラウエア火山は今もなお噴火が続いている活火山です。『ペレ』という火の神が住んでいると言い伝えらており、その存在感には圧倒されてしまいます。

ハワイ島では黒い砂浜のビーチが多くあります。溶岩で海岸が覆われているため、砂浜が黒色をしているのですが、普段見慣れない光景もまた新鮮で魅力的です。これらのように、ハワイ島はキラウェア火山を中心とした観光名所が多くあり、500年前の噴火の際の溶岩の通り道を観光資源とした、溶岩の通り道を通るツアーなども開催されています。ハワイ島周遊ツアーの際には是非参加してみてくださいね。

地球上で1番星空に近い場所と言われているマウナケアもハワイ島を代表する観光スポットです。『白い山』という意味をもつマウナケアですが、冬の寒い時期に山頂が雪で覆われることから名付けられています。

食事の際にぜひ飲んで頂きたいのはコナコーヒーです。これはハワイ島の「コナ」地区のみで栽培されている珍しいコーヒーで、キラウエア火山のもたらした火山灰と温暖な気候条件が育てる、味わい深い味になっています。

5-4

マウナケアへ行くにはツアーの利用が必須です。富士山よりも標高が高く4205mもあります。山頂からのサンセットはまさに絶景ですのでハワイ島に訪れた際には見ておきたい景色です。

5-5

サンセットもオススメですが満天の星が観れるのも嬉しいポイントです。360°見渡す限りの星空が堪能できます。

5-6

ハワイ島といえばコナコーヒーで有名なコナがあります。コーヒー農園の見学もできるので美味しいコーヒーを飲んでお土産にするのも良いでしょう。

マウイ島

5-7

ホノルル国際空港から国内線での乗り継ぎで約40分のフライトで到着するマウイ島。カウアイ島とハワイ島からも便が出ています。

ハワイ諸島の中で2番目に大きく、魔法の島『The Magic Island』と呼ばれています。

元々は別だった2つの島がハレアカラ火山の噴火によって流れ出た溶岩により繋がって今のマウイ島ができました。そのためマウイ島の形はひょうたんの様な形をしています。

5-8

マウイ島ではホエールウォッチングが有名で毎年12月〜5月頃にクジラを観る事ができます。クジラの保護区にも指定されていてホエールウォッチング用のボートが数多く出ています。

マウイ島の南東にあるモロキニ島はダイビングのスポットとしてとても有名です。ダイビング好きの方はマウイ島からツアーで参加することをオススメします。

カウアイ島

ホノルル国際空港からの乗り継ぎで約40分で到着する、ハワイ諸島の中で西北にあるカウアイ島。別名は庭園の島の意味を持つ『The Garden Island』です。

自然が豊かなのでアウトドア・アクティビティも豊富にあります。太平洋のグランドキャニオンと言われているワイメア渓谷や、結婚式を挙げるのに人気なシダの洞窟があります。

5-9

シダの洞窟はカップルで訪れると永遠の愛が約束されると言われています。その他にも映画『ジュラシックパーク』の撮影にも使用されたナ・パリ・コースト州立公園があります。

カホオラウェ島

別名『禁断の島』と言われているカホオラウェ島は現在無人島であり、観光客の立ち入りはできなくなっています。

かつて900年程前からハワイ人が住んでいたが、現在は軍隊で使用していた不発弾も残っています。

ラナイ島

『パイナップルの島』という別名を持つラナイ島はパイナップルの生産がかつて盛んだった事から名付けられています。ホノルルから飛行機で約30分で到着します。

5-10

マウイ島からフェリーで1時間で着くので、こちらのルートもオススメです。綺麗な海を眺めながら島を渡るのも素敵です。運がよければイルカに会う事もできます。

現在は自然が美しい人気のあるリゾートとして知られています。リゾートホテルも数多くあり、優雅なひとときを過ごす事ができるでしょう。

モロカイ島

5-11

『友情の島』という別名を持つモロカイ島は古き良きハワイを楽しむのにおすすめの島です。ホノルルから飛行機で約20分ほどで到着します。

モロカイ島は信号一つない、自然を楽しむのには素晴らしく、ハワイ本来の姿を感じる事ができます。マリンスポーツやハイキング、ゴルフ等をゆったりと独特の世界観で楽しめるのが魅力です。

モロカイ島西部にある『パポハク・ビーチ』はハワイ最大のビーチと言われていてキャンプやバーベキューなども楽しむ事ができます。

ニイハウ島

ニイハウ島は個人が所有している島なので観光客の立ち入りができません。現在でもニイハウ島には島民が住んでおり、ハワイ語が使用されています。

まとめ

ハワイ諸島それぞれの魅力はいかがでしたでしょうか?観光客が立ち入ることのできない島もありますが、ハワイ周遊クルーズではこの中の多くの島を訪れることができます。およそ10日ほどかければ、4つの島をのんびりと回ることができるでしょう。

ハワイ諸島に訪れた際には、南国ののんびりとした時間にふれ、ついつい一つの場所に長時間滞在してしまいがちではありますが、ハワイの海からハワイを楽しむ周遊クルーズは、ハワイ全体を知ることのできる貴重な機会です。ハワイに何度も行かれているという方は、是非一度周遊クルーズに参加して頂き、新しいハワイを発見しましょう。

スポンサーリンク

Check Also

carribian_seaweed

カーニバル・ドリーム号で西カリブ海を旅したい! その詳細と寄港地は?

あなたは「カーニバル・ドリーム …