Home » 旅行 » クルーズ旅行のプロがご案内。JTBで素敵なクルーズ旅行を
eyecatch_mast

クルーズ旅行のプロがご案内。JTBで素敵なクルーズ旅行を

eyecatch_mast

日本を代表する旅行会社である「JTB」。2012年に創業100周年を迎えました。その古い歴史と、まかせて安心のJTBに「クルーズ専用サイト」があるのをご存知ですか?その名前もJTBクルーズの旅」。近年のクルーズブームに乗って、JTBも旅のプロとして「クルーズ専門サイト」を立ち上げています。

上品でスタイリッシュなサイトで楽しくクルーズ旅行を探してみましょう。

スポンサードリンク

1912年創業のJTB

2_jtb

出典:PiaDo

あなたはJTBが創立して何年かご存じですか?1912年創立といいますから、明治時代です。英米人たちに真の日本の実情を知ってもらうため、当時の鉄道院が「外客誘致論」を展開。鉄道院の協力を得て「ジャパン・ツーリスト・ビューロー」が設立されました。当時は聞き慣れない横文字の名前に「ビヤホール」とよく間違えられたという逸話が残っています。以来、航空や鉄道会社が出している「パッケージツアー」販売の先駆けとして、確固たる地位を気づいてきたJTB。そのキャリアに裏付けされた、確かなサービスは「JTBだったら任せて安心」という安心感を今も私たちに与え続けています。

JTBのクルーズ専門サイト

3_costavictria

出典:Instagram@traveljournalsg

100余年の歴史がある、旅行会社の老舗JTBですが、近年のクルーズ人気に合わせて「クルーズ専門サイト」を立ち上げました。白と青が基調のサイトで、すっきりした印象。上品なイメージです。

まず、「船旅とは何か?」から

4_costavictoria2

出典:Instagram@flickworkss

船旅を何度も経験されている方もおられるとは思いますが、大半の方は「船旅って、どんなの?」と疑問を持たれていると思います。特に長期の休暇が取れにくい現役世代には船旅はほとんど未知の世界。船旅での過ごし方、キャビンの設備、アメニティ、インターネットを使えるかどうか、日本の電化製品を使えるかどうか、たばこは吸えるのか?など、クルーズに関する素朴な疑問をQ&A形式で掲載しています。クルーズの旅に興味がありながらも、疑問が多すぎてなかなか近寄れなかった、などという方にもクルーズを身近に思ってもらうまたとないチャンスです。

大まかなカテゴリ分けは?

7_jtb_site

出典:JTB クルーズの旅

「JTBクルーズ」のサイトの大まかなカテゴリ分けはどうなっているのでしょうか?どのクルーズ専門サイトも同じような構造になっていますが、JTBのおすすめ、客船別、行き先別、テーマ別の検索の仕方は、この手のクルーズ系サイトの「定番」となっています。次に、発着地別、そして目玉の新規就航船のクルーズや、10万円台で行けるクルーズツアーなど、「豪華でお金持ちしか行けない」というクルーズの固定観念を覆したような値段設定のクルーズツアーなどのバナーが張られています。(写真はスマホサイトですがPCサイトは若干レイアウトが違います。)

JTBの「おすすめツアー」とは?

JTBクルーズサイトでは、トップページに「おすすめツアー」のバナーを配しています。ここには季節ごとのおすすめツアーや、料金が通常より安い「目玉ツアー」が掲載されます。いったいどんなツアーがおすすめツアーにはあるのでしょうか?

「カーニバルフリーダム」+全日空で行く、西カリブ海クルーズ10日間

「カリブ海は行ってみたいけど、なんせ遠くて」という声が聞かれます。たしかに地図を見てみるとその道程にがくぜんとします。それにアメリカを経由すると経由するだけで電子渡航認証システム(ESTA)というビザ代を払わなくてはいけないのもネック。それに南部フロリダ州を通過するため、時間がかかり、ぐったりと疲れそう。これらの理由からカリブ海を諦めていた方も多いかもしれません。

 

6_onthe_ship

出典:Instagram @caterinaenrica

このJTBの「おすすめツアー」では、まず、直行便の飛行機で、アメリカ国内でもフロリダではなく、同じアメリカ南部でも比較的日本から近いヒューストンに到着します。そして、ヒューストンのガルベストン港から「カーニバルフリーダム号」に乗船します。クルーズのルートは、ヒューストンを出航したあと、コズメル(メキシコ)~ロアタン島(ホンジュラス)~ベリーズ(ベリーズ)~ガルベストン(アメリカ)~ヒューストンに帰還します。オプションのメキシコのトゥルム遺跡観光、代金に含まれているヒューストンのスペース宇宙センター観光は必見です!この日程で内側船室なら188,000円なのですから(港湾税、チップ別途)キャンセル待ちが出るほどの人気だそうです。

非常にわかりやすい「客船紹介」ページ

8_ships

出典:JTBクルーズサイト

「JTBクルーズサイト」では、クルーズに使用する船の紹介を載せています。それも名前を聞いただけではピンと来ない初心者の人たちでもよくわかるように、まず、外国船と日本発着外国船、日本船の3つに分け、更に外国船は、カジュアル船、プレミアム船、ラグジュアリー船、その他、というカテゴリに分けています。このように客船のことがわかるようにカテゴリ分けしてあるサイトはありそうで無いので、まさに「目ウロコ」なサイトです。

更に各船の「詳細」バナーをクリックすると、船の概要、設備、船内ギャラリー、デッキプランがフォルダ形式で表示され、この船を使用するツアーや説明会の案内ページにもリンクしています。一覧で必要な情報にアクセスできるということは、何度も客船を使っているリピーターの方はともかく、「クルーズとは何か」さえもあまり掴めていない初心者の方にとっては大変助かるサイトです。

9_deckplan

出典:JTBクルーズサイト

更に客室のデッキプランは、各客室を色分けしてデッキプランに表示しているのでどの客室が船のどのデッキに位置しているのかが一目瞭然。とてもわかりやすいです。

JTBはクルーズマスター、クルーズコンサルタント数が日本一!

出典:

10_cyristal_symphony

Instagram@zachepilkina

クルーズ旅行を提案するには、セミナーで専門知識を習得し、さらに「クルーズアドバイザー認定試験」に合格した、クルーズのエキスパートです。JTBには2014年現在、この、クルーズコンサルタントが2,632名おられます。この資格は取得しないとクルーズの募集ができないといったタイプの資格ではないようですが、やはり「クルーズマスター」という資格を持っている人から、クルーズの説明を受けるという安心感はあるようです。

おわりに

いかがでしたか?明治の時代に創業した旅のエキスパート「JTB」をご紹介しました。近年のクルーズ人気をうけて、JTBも「クルーズ専門サイト」を立ち上げています。TVなどでも「マツコの知らない世界」で「豪華客船の世界」が放送されたり、BSジャパン「クルーズだより 世界の海から」(金曜20:54~)、BS‐TBS「極上のクルーズ紀行」(水曜21:00~)、BS朝日「世界の船旅」(土曜9:30~)などクルーズ番組が増えてきているのも、クルーズ人気が高まってきているという証拠ですね。

TVやネットなどで、旅の情報を仕入れたら是非、「クルーズアドバイザー認定試験」の合格者人数が日本で一番多い旅行会社である「JTB」のような信頼できる旅のエキスパートに旅のアレンジをお願いしたいですね。

スポンサーリンク

Check Also

eyecatch_venetia

イタリアのベネチア観光を最高にするための観光スポット6選

出典: photoAC あなた …