Home » 海外クルーズ » お特に行ける格安クルーズでクルーズを満喫する方法
[2.jpg]

お特に行ける格安クルーズでクルーズを満喫する方法

[1.jpg]

クルーズ旅行と聞いて何を連想されますか?まず頭に浮かぶのは「引退した高齢者でなおかつ富裕層を対象とする高額な外国客船の旅」でしょう。それも仕方ありません。

かつては客船の三等室にすし詰めにされた人々を尻目に、上流階級の裕福な人々が一等室を陣取って優雅に世界を巡っていました。これがクルーズ旅行のイメージとして植え付けられているからです。

しかし、日本含め世界中でクルーズ船のランクや旅程の多様化・カジュアル化が進み、いわゆる格安クルーズ旅行を楽しめるようになりました。クルーズ運航会社のウェブサイトを見ると「すべて込みで○9,800円!」という数字が踊り、バーゲンセールのキャッチコピーと見紛うほど。

ここまでクルーズ旅行の価格範囲は広がり、利用しやくなったのです。

スポンサードリンク

いわゆる格安クルーズとはおいくら?

いわゆる格安クルーズとは、おおよそ一泊一万円台で行けるクルーズ旅行です。この料金設定を見つけやすいのは、カジュアル船、大型船または中型船でグレードの低い客室に2名以上で宿泊するコースのようです。

クルーズ船のランクは高いほうからラグジュアリー船、プレミアム船、カジュアル船に分かれ、カジュアル船はその名のとおりサービスをカジュアルに抑えて低価格を実現しています。ラグジュアリー船は一泊四万円以上、プレミアム船は一泊三万円台の設定が多く、カジュアル船の料金がいかにお手頃か分かります。

船の規模は大型、中型、小型の3種類あり、大型船なら乗客数が多く一人当たりの料金を低く抑えられる仕組み。客室タイプは、窓無し、窓あり、バルコニー付き、スイートのおおよそ4つに分かれます。格安クルーズでは窓無しまたは窓ありの客室に宿泊するパターンが多いでしょう。

カジュアルだの大型だの窓無しだの「手荒なおもてなしなのでは・・・・・・」となにやら不安になりますが、その心配はまったく不要です。クルーはとても親しみやすく、まるでエンターテイナーのように乗客からスマイルを引き出します。

船内設備や娯楽施設は想像を遥かに超える壮大なスケール。複数のプール、3Dシアター、アイススケートリンク、ロッククライミングまで備えた船もあり、ひとつの町がそのまま船上に移動したかのよう。巨大な船体を生かした大型船ならではの魅力です。

ダンスや曲芸などエンターテインメントプログラムもアットホームな雰囲気の中で行われ、子供から大人まで出演者のごとく参加できる場面があります。思い切りリラックスして楽しみたいなら、カジュアル船や大型船のほうがお勧めです。

客室もコンパクトにまとまっており収納も十分。「ほとんど部屋に帰らず娯楽施設で遊んだ」という感想もよく聞きます。アクティブ派ならことさら、客室タイプにこだわることはなさそうです。

クルーズ旅行はもともとおトク――格安クルーズはさらにおトクです

格安クルーズ旅行はお手頃だと分かったけど、持ち出しも多く結局高くなるのでは?その心配は当然のこと、クルーズ部分含め旅行全体にかかる費用総額も気になります。そこで、クルーズ料金に何が含まれるのか紹介しましょう。

船の運賃
宿泊 
お食事、軽食、ソフトドリンク
イベントやエンターテインメント参加
プールやジムなどの船内設備使用

つまり、一旦乗船すればほとんどお財布を出す場面がありません。意外に気付きませんが、他の旅行と比べてもかなりお得です。次に、一般的にクルーズ料金に含まれないものも紹介しましょう。

アルコール
有料レストランやバーでの飲食
スパ、エステ、美容室
カジノ
船内でのショッピング
インターネット接続料
寄港地での観光(エクスカーション)
チップ(必要な場合)

上記のような個人の要望を満たすためのサービスは有料になるといえます。人によって不要な選択肢もあるので、納得できる区分です。

クルーズ料金の他、出港地・下船地までの移動費、諸経費、ショッピング代などを足すと、最終総額が想定できます。ご予算に合うクルーズ旅行をお選びください。

おすすめの格安クルーズ

[2.jpg]

カジュアル船と大型・中型船に絞って格安クルーズを探したけれど、運航会社もクルーズ船もコースも意外にたくさんあってなかなか選べない。クルーズ探しにお困りなら、きっぱり「最安値・最低予算」をキーワードにしてはいかがでしょう。

カジュアル船と大型・中型船を代表する運航会社は、コスタクルーズ、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル、カーニバル・クルーズ・ライン、ノルウェージャン・クルーズ・ラインなどです。ヨーロッパやアメリカ生まれのエンターテインメント性がズバ抜けて高いクルーズ船です。

いずれも一泊一万円台のコースを販売していますが、2016年に日本にやってくるのはコスタクルーズのクルーズ船コスタ・ビクトリアだけ。日本が発着地なら国内の移動だけで済むので旅行費用総額を低く抑えられ、格安クルーズの恩恵をさらに感じます。コスタ・ビクトリアで行くクルーズ旅行は、「最安値・最低予算」のキーワードにぴったり当てはまります。

コース名は「古都と城下町を巡る麗しの日本海と釜山(韓国)5泊6日クルーズ」。コスタクルーズ史上初の航路を行く究極の日本クルーズと銘打っています。金沢、舞鶴、福岡のうち都合のよい港から乗船し、その3都市を含め、堺港、釜山を巡る柔軟な旅程です。催行期間は7月から9月。各出港地の出発日は10回あるので、旅行の計画も立てやすく便利です。

究極の日本クルーズと呼ぶだけあり、寄港地を厳選していることが分かります。一回の旅で、古都、城下町、神社仏閣、世界遺産など、世界に名だたる観光地へ気軽に足を延ばせます。

[3.jpg]
[4.jpg]

料金は大人一人84,800円から。大人3人目、4人目は割引きが適用され59,800円となります。ファミリーの参加を後押しする特典も用意されています。大人2名と同室の場合、13歳未満のお子様のクルーズ料金はなんと無料。お子様連れのファミリーは大助かりです。

主に日本周遊クルーズですが、イタリア生まれのコスタ・ビクトリアなら海外旅行気分もたっぷり味わえます。イタリアンスタイルが船内随所に見られ「まるで海の上のイタリア」と大評判。陽気で気さくなスタッフにリードされ、ほがらかに歌って踊って飲んで食べる毎日です。

ドレスコードも緩やか。日中はカジュアル、夕刻以降はフォーマル指定の時もありますが、スーツやワンピースで十分な雰囲気です。

食事も多彩です。パスタやピッツァなど本場のイタリア料理はもちろん、日本や世界の美味を堪能できます。種類が多く盛りだくさんのビュッフェや豪華なフルコース料理も用意されています。日本人はイタリア料理が大好き。お子様もパスタやピッツァならぱくぱくほおばるでしょう。

[5.jpg]

異国の雰囲気は大歓迎だけど、外国語は苦手。もしかして公用語は英語かしら・・・・・・・はい、その通りです。でもご安心ください。日本語を話すスタッフがお客様をサポートし、メニューや船内新聞も日本語で読めます。

ただ、せっかくですから世界各国から集まった乗客やクルーと片言の英語でコミュニケーションしてはいかがでしょう。片言だけど笑顔で通じ合えた。そんな心あたたまるお話をよく聞きます。

このコースは、クルーズ旅行の壁とされる「費用」、「服装」、「退屈」、「外国語」を見事にクリアしています。「船酔い」も大型船級のコスタ・ビクトリアなら大しけでもないかぎり心配ないでしょう。これで料金は格安レベル。ぜひ参加してアジアにいながらイタリア気分を味わってはいかがでしょうか?

格安料金は旅行選びのひとつの基準――料金だけに注目しないで

格安とは「値段が普通より特に安いこと」また「品質に比べて値段が安いこと」という意味です。格安クルーズ料金は、特に後者に当てはまるでしょう。

格安料金で素晴らしいクルーズ体験ができるなら、それに越したことはありません。何度でも船出をするべきです。ただ、「もう少し払ってもよかった」と思えるようなクルーズ体験になれば、少しくらい高額の料金でも実際には格安だったと満足できるのではないでしょうか?

一泊一万円台にこだわらず、さまざまな運航会社、クルーズ船、コースを吟味し、ご自分にとっての格安クルーズをぜひ見つけてください。

スポンサーリンク

Check Also

0110_05

カリブ海クルーズをするなら知っておきたい「ポート・カナベラル」とは?

カリブ海クルーズのパンフレット …