Home » 客船 » 人気のクルーズ客船をご紹介!一度は乗船してみたい夢の客船5船
cruise-ship-778533_640

人気のクルーズ客船をご紹介!一度は乗船してみたい夢の客船5船

日本でもクルーズ旅行の知名度があがり、リーズナブルなカジュアル船の存在もあって身近なものとなりましたが、やっぱりランキング上位のクルーズラインはお値段も高級…そんな夢のようなクルーズ船についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

クリスタル・クルーズ「クリスタル・セレニティ」

出典:秦野の里

2003年に竣工した「クリスタル・セレニティ」は、クリスタル・クルーズにとって3隻目の船であり最大の船になります。女優ジュリー・アンドリュースにより命名されました。

オールインクルーシブの高級船

多くのクルーズ船ではアルコール類や特別レストランは別料金となりますが、クリスタル・セレニティではワインやシャンパンなどの料金も乗船料に含まれています。様々なカルチャースクールが行われ、フィットネスプログラムも充実、食事の評価は非常に高い、と至れり尽くせりの船です。顧客満足度が高く、クルーズ船の人気ランキングでは常に上位にランクインしています。

基本スペック

クリスタル・クルーズは1988年に日本郵船により設立された、アメリカの高級クルーズ会社です。2015年に香港に売却されました。クリスタル・セレニティは、全長250.0m、全幅32.2m、総トン数は68,870トンの中型船です。乗客定員は1,080名、乗組員数は約655名、客室数は548室あり全室海側になります。

日本郵船「飛鳥Ⅱ」

67be1b4db7fd96c7b0ca548305ca229c_s
日本のクルーズ船の代表ともいえる「飛鳥Ⅱ」は、人気も価格も別格です。日本の歴史あるクルーズ雑誌「クルーズ」の読者投票では第1位を獲得しています。また、海外の格付け「ベルリッツ・クルーズガイド」でも☆4+と高評価を得ています。

日本最大のクルーズ船

世界一周もする「飛鳥Ⅱ」は日本船の中で最も大きなサイズになります。日本船だけあって、日本人にとって快適なサービスが満載。食事の評価も高く、100日間のクルーズでもずっと別のメニューが楽しめる、と言います。2015年には「大相撲クルーズ」と題して、白鳳や稀勢の里といった有名力士が乗ったクルーズが企画され人気を博しました。

基本スペック

「飛鳥Ⅱ」はもともとクリスタル・クルーズで「クリスタル・ハーモニー」として運航されていました。2006年に日本郵船クルーズに買い取られ、日本向けに大浴場や和室などを整備され「飛鳥Ⅱ」として就航しました。全長241m、全幅29.6m、総トン数は50,142トンで、乗客定員は872名、乗組員数は約470名。客室は全室海側で、436室あります。外国船のように直前割引セールがなく、乗船料は高めとなっています。

オーシャニア・クルーズ「リビエラ」

2002年に誕生したオーシャニア・クルーズは、歴史こそないものの、美食と高級な雰囲気で評価が高いクルーズ・ラインです。中でも2012年に竣工した「リビエラ」の人気は高く、日本でも度々テレビで紹介されています。また、2016年には新たに「シィレーナ」が加わりました。

美食が自慢のカジュアルな高級船

オーシャニア・クルーズの「リビエラ」といえば、必ずといっていいほど「美食」というキャッチフレーズがつきます。フランスのド・ゴール元大統領をはじめ、フランス首脳のプライベートシェフをつとめた名シェフ、ジャック・ペパン氏が料理を監修しています。中型船なのにレストランが10カ所もあり、好きな時間に好きな場所で食事を楽しむことができます。

また、「リビエラ」は高級船としての質や雰囲気を維持しつつ、毎日が「エレガント・カジュアル」というドレスコードやオープンシーティング制のダイニングなどが特長的です。高級なのに気軽に楽しめると世界中にファンが多く、数多くの名誉ある賞も授賞しています。

日本人に嬉しいサービスの数々

リビエラは外国船ですが、日本語サービスが充実しています。すべてのレストランには「日本語メニュー」が完備してあり、いくつかの航路では日本人スタッフが乗船しています。そして「日本人スタッフの寄港地散策」は無料で参加できます。また、97%の客室にはバスタブが付いています。シャワーだけだと何だか物足りないですもんね。

基本スペック

「リビエラ」は2012年に就航した比較的新しい船で、全長238m、全幅32m、総トン数は66,000トン、乗客定員は1,250名、乗組員数は約800名、客室数は629室になります。

キュナード・ライン「クイーン・メリー2」

queen-mary-2-874481_640
伝統あるキュナード・ラインが保有する「クイーン・メリー2」は、現エリザベス女王により命名されました。キュナード史上最大の大型客船であり、その船内には「洋上唯一」や「洋上最大」と謳われる設備が揃っています。

洋上の宮殿

史上最大の船を、というコンセプトのもと建造された「クイーン・メリー2」は「洋上の宮殿」とも称される豪華客船です。イギリス女王エリザベス2世やブレア首相、ブッシュ元大統領など多数の著名人が乗船したことでも知られています。船内には16か国から集められた5千以上の芸術作品が飾られ、第2デッキには洋上初のプラネタリウムがあります。

基本スペック

「クイーン・メリー2」はかの「クイーン・エリザベス号」の姉妹船になります。全長345m、全幅41m、総トン数は148,528トン、と2003年に就航した当時は史上最大の船でした。客室数は1,310室あり、乗客定員は2,620名、乗組員数は約1250名です。2011年に改装されました。

TUIクルーズ「マイン・シフ4」

2016年ベルリッツ・クルーズガイドの大型船部門で栄えある第1位に選ばれたのが、TUIクルーズの「マイン・シフ4」です。日本ではまだ馴染みが少なく、予約を取るのも難しい超セレブなクルーズ船です。ちなみに同部門の第2位は「マイン・シフ3」です。マインMein・シフSchiffはドイツ語で「私の船」という意味になります。

基本スペック

「マイン・シフ4」は2011年に就航した船で、全長293.2m、全幅42.3m、総トン数は99,526トンです。乗客定員は2,790名、乗組員数は1,030名です。

余談:有名なクルーズ・ランキング

どのクルーズ船に乗ろうかなぁ、と思った時、参考になるランキング。有名なクルーズ・ランキングには次の2つがあります。ここでは、これらのランキングを参考におすすめの船をご紹介しました。

ベルリッツ・クルーズガイド

星3つ!というとミシュラン社による格付けを思い浮かべるかと思いますが、クルーズ船では「ベルリッツクルーズガイド Berlitz Complete Guide to Cruising & Cruise Ships」という格付け本があります。語学スクールで有名なベルリッツ社と同じ会社が毎年発行しています。

星1から星5+までの10段階あり、星3+以上ならば満足度が高い目安となります。ただ、審査員は1人だけなので個人の好みが反映されているとも言われているそうです。上位にランクインしている船にはカジュアル船はなく高級船ばかりです。一部は、日本の旅行会社では予約できないような超高級船になります。

クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー

日本でクルーズ雑誌といえば「CRUISE」が有名ですが、その誌上で毎年発表される「クルーズシップ・オブ・ザ・イヤー」は読者投票によるクルーズ船のランキングです。2015年度までは、日本が誇る高級船「飛鳥Ⅱ」が24年連続1位となっています。

いつか乗りたい夢のクルーズ船!

disneycruiseship

クルーズ旅行をするならカジュアル船も良いですが、いつかはこういった高級船にも乗ってみたいですね。きっと夢のような日々を過ごせることでしょう!

スポンサーリンク

Check Also

greece_windmills-2911957_640

要注目!2018年はMSCリリカで巡る「ギリシャの島々」クルーズはいかが?

あなたは、「MSCリリカ」とい …