Home » 客船 » 北欧クルーズに行くなら乗船したいカンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号の歴史と魅力
ponant

北欧クルーズに行くなら乗船したいカンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号の歴史と魅力

あなたは「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル」号をご存知ですか?

その名前からしてフランスの香りを感じますが、フランス唯一のクルーズ会社「カンパニー・デュ・ポナン」の所有する船であり、ポナン社は、世界第3位のコンテナ船会社CMACGM傘下の会社でもあります。

スポンサードリンク

「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」の概要は?

「ル ソレアル」とは、フランス語で「太陽」をあらわず「ソレイユ」からの造語です。カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号は2013年に就航。10,700トン、船客定員が264名、クルー140名という、最近大型化が著しい豪華客船に逆行した形のスモールシップです。フランス・コートダジュールのニースをマザーポートとしており、すべてにおいてフレンチテイスト溢れる船なのです。

それに「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」のような小型船の良いところは、大型船では行けないようなところに寄港できるということです。

「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」は日本に寄港しているの?

カンパニー・デュ・ポナン社はル ソレアル号を含め、7種類の船を所有しています。同じカンパニー・デュ・ポナン社の船でも「ロストラル号」などは日本にも頻繁に来ており、それも瀬戸内の小さな港などにも寄港しているのですが、ソレアル号は2013年の小樽-大阪-香港の日本初寄港以来、不定期に寄港しています。

そのため、ル ソレアル号に確実に乗るには、ル ソレアル号の出航地まで、それぞれ出向くことになります。

ちなみにル ソレアル号は、ポースマス-ストックホルム(スウェーデン)、コペンハーゲン(デンマーク)-ベルゲン(ノルウェー)、レイキャビク-レイキャビク(アイスランド)、カンゲルルススアーク(グリーンランド)-カンゲルルススアーク(グリーンランド)など北欧を中心にアメリカや南米、そして南極などにも寄港しています。

「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」の設備は?

「ガストロノミックシップ(食通の船)」ならではのグルメを楽しむ

それでは、「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」の設備はどんな風になっているのでしょうか?フランステイスト溢れる船ということで、ちょっと興味をそそりますね。

フランス・ニースから出航する船らしく、当然のことながら「ガストロノミックシップ(食通の船)」がこの「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」のセールスポイントです。同じブッフェ形式の食事でも、大量に盛るのとはちょっと違った繊細なディスプレーに美的感覚を感じます。

どんなにお腹が一杯でもデザートもしっかりと食べましょう。こっくりと甘いデザートはほろ苦いエスプレッソに合います。ビジュアルを意識したカラフルなデザートは、目をも楽しませてくれます。

ル・ソレアル号の乗客はフランス人がやはり多いです。大半はフランス人ゲストで占められていると言ってもいいでしょう。船内のレストランではシックにおしゃれしたフランス人客がテーブルを囲んでいます。その映画を見ているような光景に臆することなく、片言の英語でもいいので話しかけてみましょう。フランス人客たちは、実は日本が好きで日本人と交流したがっているのです。

ヨーロッパへのクルーズやバカンスシーズンなら、ランチには生牡蠣に冷えたロゼワイン、パエリア、ブイヤベースなどが出されます。ディナーには、銀座で食べたならン万円もしそうなフレンチのフルコースが毎晩楽しめるという贅沢さ。もちろん、このヌーベルキュイジーヌのフランス料理にあった厳選されたワインも同様にテーブルに並ぶのは言うまでもありません。

フランス人の愛の表現は大胆です。時にはこうしてデッキの上でディナーを取るカップルも。こうしたわがままにも応えてくれるのが小型船ならではの贅沢です。

エンタテイメントシアター

豪華客船のエンターテイメントというと、ブロードウェイ系のショーやダンスが多い中、 ル ソレアル号のエンターテイメントは一味違います。フランスの船らしく、シャンソンやフレンチカンカンが楽しめるのも、他にはないですね。シアターも赤の座席に楕円形の照明で一味違うセンスです。

間接照明が暗めで落ち着いた雰囲気のラウンジ。そこには「オトナ」しか座れないような雰囲気があります。

エントランスにて。印象的なオブジェが目を引きます。クルーの制服も白を基調にしていてこんなにオシャレ!

レストランクルーのお出迎え。皆、颯爽としており、まるで俳優&女優さんのようです。

プールは小さめですが、シックな色のデッキチェアーがオシャレ!しかも大型船のように大勢の人が座るデッキチェアーがプールサイドを埋め尽くすといったようなこともありません。泳ぐよりも、プールサイドで読書や冷たい飲み物を楽しみたいですね。

「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」の客室は?

カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号の客室はどんな感じなのでしょうか?フランスのエッセンスを感じる船なので、きっとおしゃれに違いないですね。

プレステージスィート

ル ソレアル号にはオーナーズ、プレステージ、デラックスの3種類のスィートルームがあります。写真はプレステージスィートですが、45㎡とたっぷりした広さがあります。落ち着いた色調の中にもフランスらしいカラフルな調度品がしつらえてあり、照明もダウンライトや間接照明など工夫されていてオシャレですね。バスルームにはバスタブもあります。

こちらはプレステージスィートのベッドルーム。まるでホテルのクラブルームの1室のようにゴージャスです。

海側ベランダ付き

こちらは「海側ベランダ付き」のお部屋で、22.5㎡の広さがあります。まるでパリのアパルトマンのような色調の部屋です。デッキ5と6の一部の部屋にはバスタブがあります。

「海側窓付きスーペリア」

こちらは、「海側窓付きスーペリア」のお部屋で、21㎡の広さがあります。スモーキーな色調をベースとしたインテリアがファッショナブルです。実はこのル ソレアル号には一般の豪華客船なら必ずある「内側」の客室がありません。スモールシップなので全室が海側なのです。

香港に寄港したル ソレアル号。船自体が浮かび上がるようなライトアップがオシャレ。スモールシップならではの演出です。香港の摩天楼をバックにとても絵になる船ですね。

おわりに

いかがでしたか?今や普通の人でも、1日1万円で豪華客船に乗れる時代ですが、より「上質なサービス」を求めるゲストがセレクトするのが、この「カンパニー・デュ・ポナン ル ソレアル号」です。かつてはお金持ちしか体験することができなかった船の旅が、一般人でも可能になったのは嬉しいことですが、一方で「サービスの低下」が叫ばれているのも事実です。

ル ソレアル号の料金は確かに高いですが、スモールシップでゲスト1人1人にクルーの目が確実に届くので、それに見合った体験ができるのは間違いありません。そこそこのサービス、大量輸送型のサービスに飽きたら、ぜひ一度この「ル ソレアル号」に乗ってみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

greece_windmills-2911957_640

要注目!2018年はMSCリリカで巡る「ギリシャの島々」クルーズはいかが?

あなたは、「MSCリリカ」とい …