Home » 寄港地 » 「白い街」ともいわれるスペイン「マラガ」を中心とした地中海観光エリアを楽しむ
malaga

「白い街」ともいわれるスペイン「マラガ」を中心とした地中海観光エリアを楽しむ

348acded8d3becd5008a500c640e37e9_s

あなたはスペインの「マラガ」に行ったことがありますか?「白い村」と言われるほど、白い壁が印象的なマラガ。クルーズの寄港地に入っていたら、ぜひとも下船して観光したいところですね。

スポンサードリンク

スペイン・マラガの位置は?

1

出典:Jimalog

では、スペインのマラガってどこにあるのでしょうか?まず、位置を確かめてみましょう。

マラガはイベリア半島の南端、ヨーロッパ大陸でも西の端にあります。海を挟んで、対岸はアフリカのモロッコ。肉眼で見えるところにアフリカ、ってなんだかロマンチックですね。マラガは県の名前で、アンダルシア州に属し、有名な観光地である「太陽の海岸」という意味を持つ「コスタ・デル・ソル」の一部です。その名の通り、マラガは1年で300日は晴れの日だと言われており、雨が降る日は少ないそう。また、夏場も乾燥しているために気温が高くても、アジアのような耐え難い蒸し暑さはないようです。

また、「マラゲーニャ」いう音楽・舞踊形式の発祥の地であり、画家のピカソの出身地でもあります。

マラガ港”の規模は?

21

出典:4Travel

スペイン南端、アンダルシア州マラガには港があります。
小さな港を想像してしまいますが、なんと豪華客船までが停泊できるくらいの港です。クルーズ船の着く埠頭から、港の入口まで結構距離があります。往復4ユーロシャトルバスが出ており、このバスで約5分。歩くと20分かかります。

デ・ラ・マラゲータ・ビーチ

1

出典:Photito Travel’s Blog

「太陽の海岸」という意味の「コスタ・デル・ソル」の中心地と言われており、どこまでも続く砂浜に抜けるような青空が美しい海岸です。温暖な気候のため、冬でも多くの観光客が訪れています。市街地からも徒歩圏内とアクセスも抜群。ビーチサイドにはカフェもありますので、名物の「イワシの串焼き」なども売られています。

アトランザス市場

2

出典:VIAJA SIN FLECOS , tu blog de viajes

「アトランザス市場」の建物は改装されていますが、もともとは古く、歴史的建造物としても登録されています。ここでは、地元食材を中心とした生鮮食品が売られています。日本とは形も色も違う鮮やかな色のトマトやピーマンは見ているだけで楽しくなります。スペインといえば「ハム」の本場。その場で「生ハム」などを切ってもらい、試食をしたり、おつまみにするという楽しみ方も旅の醍醐味でしょう。また、地中海沿岸だけあって、魚の種類も多く、充実しています。

マラゲータ闘牛場

5

出典:VIAJA SIN FLECOS , tu blog de viajes  

スペインと言っても、全く闘牛と関係のない土地もありますが、ここアンダルシア地方のマラガには闘牛場があります。この建物は1870年に完成し。街の中でもよく目立つ大きさで、14000人収容できるそうです。

現在では昔ほど盛んに行われていないと言われる闘牛ですが、この闘牛場では観光客の多い夏季限定(6~8月)で闘牛が行われています。せっかくスペインに来たのですからできれば闘牛は見て帰りたいところですね。

ピカソの生家

11

世界を代表する偉大な画家であるピカソは、ここアンダルシアのマラガ出身です。この生家では10歳までを過ごしました。生家は「メルセー広場」に面した5階建ての瀟洒な集合住宅になっており、幼い頃からピカソはメルセー広場に集まる鳩をよく眺めており、これが絵のモチーフになったそうです。

10

出典:美術館訪問記-72 ピカソの生家

ピカソの生家の前にある「メルセー広場」の一角には、ベンチに座った状態のピカソの銅像があります。銅像といえば、上半身だけなどの場合が多いですが、日常的なポーズでベンチに座った格好の銅像はピカソらしいと言えるかも知れません。

ピカソ美術館

13

出典:Eye on Spain  

ブエナビスタ宮殿を改装した重厚な建物で2003年に開館した「ピカソ美術館」。16世紀のルネッサンス様式とムデハル様式がミックスされた典型的なアンダルシアの建築様式です。外観は重厚ですが、内装は近代的な美術館です。

12

出典:Lindman:Photography.

バルセロナやパリにもある巨大なピカソ美術館と違い、約230点のピカソ作品が収蔵されたこじんまりした美術館です。やはり出身地とあって、「家族」をテーマにした作品が多く収められています。ピカソの出身地であるミハスで、ピカソの作品ではあまり有名ではない「家族」をモチーフにした作品を見るのも、オツなものではないでしょうか?

スペイン・アンダルシアの「白い村」へ向かう

14

出典: 脱サラ 三十路夫婦旅 

実はマラガ県だけではなく、スペインには「白い村」がたくさんあります。アンダルシア州、マラガ県の都市「ミハス」は、観光地でもある「コスタ・デル・ソル」の中心的な街なのです。

15

出典:ADAWAS

街の中心部はこのように、白い壁にモザイク模様のタイル、そして色とりどりの花が咲き乱れて「いかにもスペイン」な風景です。ただ、初めて行く人は感激しますが、リピーターはより「観光地化されていない」”フリヒリアナ”のような白い村を目指すようです。

16

出典:4Travel

海岸線に並ぶ「白い村」の中でも、「ミハス」は山の中腹に位置しているので、天気のいい日は、遠く、アフリカ大陸をも望むことができるほどの素晴らしい眺めを堪能できます。白い壁と青い海のコントラストも素晴らしい眺めです。

18

出典:リアルアルトガン日記

さらにミハスの夜景も息を飲むほどに美しいです。日本のように蛍光灯でなく、色温度の低い電灯を使っているので、ほんわりと建物の輪郭が浮かび上がるような柔らかな色の夜景です。海岸線に沿って家が立ち並ぶ様子は絵になります。

マラガのNO.1おすすめレストラン!

Sabor a Fuego

19

出典:Tripadvisor

Tripadvisorのマラガのレストラン1,444軒中で1位なのが、この「Sabor a Fuego」です。こじんまりとした蝶の模様の壁紙、センスの良さを感じさせるインテリア。それだけでなく、料理も完璧!メニューはそれほどバラエティー豊かというわけではありませんが、舌平目のムニエル、ゴートチーズのサラダ、プラムチキンなど、スペイン料理というよりは地中海風ヨーロッパ家庭料理が美味しいです。あまりの美味しさに1日2回通う人がいるほどです。

おわりに

いかがでしたか?スペイン、アンダルシア州マラガ県をご紹介しました。スペインには「白い村」と呼ばれる村がたくさんあります。今ではすっかり観光用になってしまったようですが、こうした家々の壁が白い理由は、昔流行った「伝染病」にあるそうです。白い壁の原料である「石灰」は消毒薬の代わりをしており、安価で消毒が出来る手段は昔はこのくらいしかなかったそうです。それにスペインの強烈な太陽を遮る役目もあると言われています。

また、家の回りに咲き乱れる花々は、ゼラニウムなどの事が多く、こちらも「虫よけ」という役目を果たしています。南国であるからゆえ、害虫なども多いので、それを防ぐのには虫の嫌う成分を含む花を植えるのがてっとり早かったのでしょう。実用のためにやっていたこれらの事がいつしか、世界中の人々を惹きつける魅力的な村となったのは興味深いですね。

スポンサーリンク

Check Also

MSCシンフォニア

地中海ならMSC!「MSCシンフォニア」ってどんな船?

地中海を拠点に客船を航行するM …