Home » 寄港地 » カリブクルーズの寄港地メキシコのお土産は個性あふれるメキシコ雑貨が沢山!
mexico-1349900_1280

カリブクルーズの寄港地メキシコのお土産は個性あふれるメキシコ雑貨が沢山!

カリブクルーズでメキシコに立ち寄られたならば沢山見てぜひ買って頂きたいのがメキシコ雑貨です。最近人気のメキシコの民芸品には、ラテンアメリカらしいカラフルで鮮やかな色遣いのものが沢山で、大らかな楽しいデザイン、手作りならではの刺繍の美しい味わいなど独特の魅力があります。

地下鉄バルデラス駅から徒歩5分位にある「シウダデラ市場」には民芸品を扱う沢山の店が集まっていてこんな市場で質のいいメキシコの民芸品雑貨をお土産にしてみられるのもいいのではないでしょうか。

宝物探しのように一点一点異なる物の中からお気に入りを見つけてみられませんか。

スポンサードリンク

メキシコ雑貨はカラフルなのが楽しい魅力

メキシコは豊かな先住民文化が残っているため、沢山の個性豊かな民芸品が揃っています。地方によって様々な個性のあるものが民芸品として残っていて魅力にあふれています。ここでしか買えないものがいろいろと発掘できるのではないでしょうか。

メキシコの場合は州ごとにそれぞれに違う織物や民芸品が存在しています。訪れた地で個性あふれるデザインや色合いに出会う事がメキシコ雑貨の楽しみです。

市場や曜日ごとに開かれる露天市や個々のお店で地域ごとの民芸品を楽しんで購入されるのもおすすめです。メキシコにとって民芸品はそれぞれの地域の特性があらわれた文化そのものです。

デザインやカラフルな色合いに込められた思い、花や動物を沢山楽しく配置したデザインは、楽しく陽気に自然とともに生きるメキシコ人の姿勢があらわれているような民芸品と言えます。ぜひ、一つ一つ手に取って作り手の思いを感じながらその楽しさに触れてみられませんか。

魅了されるメキシコの刺繍の色遣いと美しさ

%e3%83%81%e3%82%a2%e3%83%91%e3%82%b9%e5%88%ba%e7%b9%8d%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3

出典:http://www.mano-kobe.com

タペストリーなどの織物の楽しい彩りとデザインの美しさはやはりメキシコの民芸品の代表とも言えるものです。南部のチアパス州シナカンタン村では、民族衣装などで色鮮やかな刺繍を男女ともに身にまとっていて、民芸品としては全面刺繍のタペストリーなどがあり、とても見事なものです。

花や動物をモチーフにした刺繍で細かに埋め尽くされていて、華やかで楽しいタペストリーは心を楽しませてくれます。

同じくメキシコ南部、チアパス州にあるサン・アンドレス・ララインサール村の刺繍はこちらは繊細で幾何学的な独特の模様を施したランチョンマットやテーブルセンターなどが有名です。とてもきれいな色合いでそのまま壁にディスプレイしたり、額に入れて絵のように飾っても良さそうです。

また、オアハカ市近郊のオコトラン村のオコトラン織りはメキシコにしては穏やかな優しい色彩のストライプの織物が有名です。かわいいウッドカービング「アレブリヘ」なども作られている村です。

こちらはメキシコ南部の高原都市にある村で、オコトラン織りの色合いは乾いた空気と青い空というメキシコっぽい風景にもよく似合います。メキシコのレストランではよく見かけ、私達も一度は見たことがある色合いではないでしょうか。

こうした刺繍や織物のデザインや色合いはそれぞれの地域によって異なりますので、立ち寄った地域のものをお土産にみられるのもいいでしょう。小物を買えばそれほど高くなく、キッチンクロスやトルティーヤ包みなどトルコらしい小物もおすすめです。

最近人気の手造り感たっぷりの温かくて華やかなメキシコ陶器もおすすめ

%e3%83%97%e3%82%a8%e3%83%96%e3%83%a9%e3%80%80%e9%99%b6%e5%99%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3

出典:http://tabippo.net

最近では色鮮やかなメキシコの陶器も人気になっていておすすめです。とにかく1枚1枚に個性あふれる様々な模様と色が溢れていて、どの色どのデザインにするのかを迷ってしまうのが楽しみです。まさに手作りの陶器という楽しさがいっぱいなのです。

「タラベラ焼き」などがあり、メキシコの植民地時代にスペインから持ち込まれたものが伝統的な陶器となっているもので、スペインの陶器にもどこか似た雰囲気を持っています。ブルー系を基本に華やかで温かい色合いとデザインが人を惹きつけます。

その他にもとにかくカラフルな陶器もあり、1枚1枚の個性あふれる柄を楽しんで頂くのがメキシコの陶器の特徴です。ぜひオリジナリティあふれるお土産を買ってみませんか。

%e3%82%ab%e3%83%a9%e3%83%95%e3%83%ab%e9%99%b6%e5%99%a8%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3

出典:http://blog.mano-kobe.com/

インテリアやお守りとして飾ってほしい沢山のオーナメント

%e5%8d%81%e5%ad%97%e6%9e%b6%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3

出典:http://mano-kobe.jugem.jp

沢山の十字架が売られていてステンドグラスの十字架や木でできたものなどカラフルなものまでいろいろあります。また、高さ10~15cmほどの木でできた「ミラグロ」と呼ばれるハートの壁飾りがかわいいお守りとなっています。

ハートの中に小さな手や足、目など真鍮で作れられた体の部分が付いたお守りで、奉納して病気が治るようにや願掛けのために用いるためにメキシコでは作られているものです。お土産に買って壁に飾ってお守りにしてみませんか。

%e3%83%8f%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%82%b0%e3%83%ad%e3%80%80%e3%83%a1%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%82%b3

出典:http://blog.mano-kobe.com

愛嬌のあるがいこつ「カルベラ」も人気

%e3%81%8c%e3%81%84%e3%81%93%e3%81%a4%e3%81%ae%e7%bd%ae%e7%89%a9

出典:http://blog.pad-mexico.com

メキシコでガイコツ「カラベラ」のオブジェは、「死を笑う」 というメキシコの文化を表しています。死後の世界も楽しむようなガイコツの愉快なオブジェが売られていてメキシコ人の陽気な気質をうかがわせるようなオブジェです。

11月1日には死者の日の祭が行われ、日本のお盆のような感じのものなのですが、ガイコツを飾って賑やかに亡くなった人を迎える風習となっています。メキシコの風習にも触れることができるお土産で、陽気なメキシコのお土産としてはふさわしいのではないでしょうか。

「パルマ」で作られたかごもかわいらしい色合いが素敵です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典:http://hitoyasume.exblog.jp

「パルマ」と呼ばれるヤシ科の葉で作られたかごも有名です。市場などには沢山の種類のかごが並んでいて、丸い入れ物はトルティーヤ入れになっているものですが、何を入れてもかわいい配色が素敵なのでおすすめです。

メキシコではトルティーヤを温かいまま保管するために使う日常的なものになっています。蓋の花はトウモロコシの皮で作られていてカラフルなのがメキシコらしいかご製品です。

メキシコと言えば「ソンブレロ」のお土産も定番でおすすめ

%e3%82%bd%e3%83%b3%e3%83%96%e3%83%ac%e3%83%ad

出典:http://i-regalo.com

「ソンブレロ」は、メキシコの代表的な「マリアッチ」で有名な帽子ですが、お土産に買うならこんなかわいらしいのはいかがでしょうか。ミニチュアバ―ションなどがあり、かわいい色合いと丁寧な刺繍がメキシコらしいお土産になります。

こちらは飾り物のミニチュアですが、もちろん本物の「ソンブレロ」を買われてもいいのではないでしょうか。男性のお土産にはおすすめの品です。

メキシコ雑貨の陽気な楽しさを満喫してお土産に

メキシコの雑貨のお土産のご紹介をしましたが、いかがだったでしょうか。多くの先住民族の文化も色濃く残っていることもあり、様々な個性あふれる雑貨がメキシコ雑貨の特徴です。

色遣いのカラフルさや全面に刺繍された細やかな手作り刺繍の素晴らしさ、またガイコツなどの置物を作って死の世界をも楽しんでしまおうというメキシコ人の陽気な考え方にも触れることができる雑貨がいっぱいあります。

どうせ購入するならこういうメキシコらしい思いっきり楽しいものを購入されることをおすすめします。ラテンアメリカの楽しい陽気なお土産を探してみられてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

MSCシンフォニア

地中海ならMSC!「MSCシンフォニア」ってどんな船?

地中海を拠点に客船を航行するM …