Home » 客船 » 2019年3月24日就航! 「MSCベリッシマ」ってどんな船?
MSC belissima

2019年3月24日就航! 「MSCベリッシマ」ってどんな船?

地中海を中心に航行する「MSCクルーズ」。「MSCディヴィーナ」「MSCファンタジア」など、数々の大型客船が就航していますが、2019年3月24日には、「MSCベリッシマ」が就航することになりました。

近年、約160,000トンの「MSCシービュー」、革新的デザインの「MSCシーサイド」の就航も発表されているだけに「就航ラッシュ」のMSCですが、「MSCベリッシマ」とはいったいどんな船なのでしょうか?

「MSCクルーズ」とは?

msc

では、「MSCクルーズ」とは、いったいどんな会社なのでしょうか?

MSCクルーズは、経営本社がスイスのジュネーブに、運航的な本社がイタリアのナポリに設置されています。1920年、イタリアのラウロ家によって創業された「ラウッタ・ナポリ」という船会社が「MSCクルーズ」の前身です。

1990年代まで「3万トンクラス」の船しか所有していなかった「MSCクルーズ」ですが、どんどん大型化する客船の、世界的な競争に勝つ為、新しくCEOを迎え、大型の客船も建造するようになりました。

2008年には、ラグジュアリー路線である「ヨットクラブ」の客室を設置したMSCファンタジアを、2009年にはMSCスプレンディダが就航し、2016年には初の日本寄港を果たしました。そしてそれから10数年の月日が経過し、2017年にMSCメラビリアが完成し、処女航海からなんと洋上で「シルク・ド・ソレイユ」が上演されました。

2018年からは、上海を母港とする「MSCスプレンディダ」がアジア・クルーズを展開予定で、日本発着クルーズも展開する予定となっています。

「MSCベリッシマ」ってどんな船?

MSC

「MSCベリッシマ」は、「MSCクルーズ」のメラビリア・クラス2隻目の客船で、重量はMSCでも最大級クラスの167,600トン、乗客はなんと5,700名を乗せることが出来ます。

20ヶ所のバー、10ヶ所のレストラン、寿司や鉄板焼きなどの有料レストラン、ビストロやストリート・フードレストランも点在し、「さすが食の都、イタリアの船!」と感動してしまうほどです。

まず、「ガレリア」と呼ばれる96メートルにも及ぶ中央プロムナードには、魅力あふれるレストランやブティックが並んでいます。
プロムナードの天井には洋上で最大のLEDを使ったドーム型スクリーンが設置されており、季節の風景や日の出、サンセット、星空といった感動的な映像が映し出されています。

「MSCベリッシマ」の客室

「MSCベリッシマ」にはさまざまなタイプの客室があります。まず、一番特徴的なのが「ヨットクラブ」と呼ばれる客室です。これはスイートから内側客室にまでに設定がありますが、1部屋に1人のコンシェルジュが付く他、このカテゴリの客室専用のプールやレストラン、船内のバーやレストランの飲み物無料など、まさに「船の中の船」と呼ばれプライベート感はたっぷりのカテゴリです。

特にヨットクラブ・ウエルネスは、部屋にテクノジムキネシスのフィットネスマシーンが付いている他、パーソナルトレーナーの料金が半額になったり、ウエルネス専用アクティビティーへの参加、ヘルスチェックや体内分析、ヘルシーなオプションメニューやスポーツドリンクのサービスなど数々の特典がついています。

また、通常の客室にプラスして好みの特典を追加できる「アウレア」料金の設定があり、上層階の部屋、飲み物無料、好きな時間帯にレストランへの優先アクセス、マッサージ、日焼けマシーン、健康相談、スパ・パッケージ、サーマルエリア利用無料などの特典がついています。

通常の客室だとサービスが物足りない時、この「アウレア」を追加することで、好みのクルーズスタイルが出来上がります。

「MSCベリッシマ」のエンターテイメント

また、乗客1人あたり10㎡というゆったりスペースを誇る「アトモスフィア・プール」、夜にはダンスをはじめとするエンターテイメント場に早変わりする、「ホライズン・プール」、「ポーラー・アクアパーク」には、キッズのみならず大人でも楽しめるスライダーも設置されています。

最新のテクノジム・カーディオ、ストレングス・トレーニングマシーンを備えたジムでは、革新的なトレーニングコースを体験することができます。

その他、船上にもかかわらず、ボーリング場やF1シュミレーターなどの設備もあるのには驚きを隠せません。スタイリッシュなナイトクラブでは、洗練された演出がなされており、夜が更けるまで楽しむことができます。

さらに、キッズ、ミニ・ジュニア、ティーンズクラブの充実で、大人も安心な夜のエンターテイメントライフを送ることが出来ます。また、2種類の「シルク・ド・ソレイユ」が上演されるのも「MSCベリッシマ」のエンターテイメントでの最大の魅力です。

また、バーから繰り広げられる、クイズ・ショーやタレントコンテスト、ゲームショーなどの様子は、船内のテレビやラジオ放送の技術によって中継され、客室のテレビでも見ることが出来ます。

「MSCベリッシマ」のスパ

客船に乗ったらエステやスパを楽しみたい方も多いかと思われますが、「MSCベリッシマ」にも特徴のあるスパが設置されています。サーマル・スパ、ビューティ・サロン、ネイルサロンがある複合的なスパで、エステにはバリ風の施術を取り入れています。

オリエンタル調の内装の施術スペースでは、アーユルヴェーダのシロダーラや、オリエンタルな香りのアロマ・オイルでのオイルマッサージ、ターメリックやヨーグルトを使った「バリニーズ・ルルール」といったボディートリートメントが洋上で体験できる貴重なスパです。

「MSCベリッシマ」のレストランは?

「MSCベリッシマ」にはなんと20個のバー、10個のレストランが設置されています。それに加えて寿司や鉄板焼きといった有料レストラン、ビストロやピザを中心としたイタリアならではのストリート・フードのスタンドなどもあります。

ハイテクを駆使した、「MSCベリッシマ」

新造船の「MSCベリッシマ」。そのため、数々のハイテクな設備が駆使されています。まず、Appleウォッチのようなウォッチ型の専用デバイスをはじめ、PCや客室のテレビでも受信できるのが「MSC for me(MSCフォーミー)」というネットワークです。

クルーズで不便なのが、一般のインターネット回線ではなく、衛星回線を使っているため、Wi-Fiが通じることは通じるのですが、航行ルートによっては電波の関係で不通になったり、料金がすごく高かったりすることです。

この「MSC for me」は船内のWi-Fi回線を使ったネットワークなので、一般のインターネットには繋ぐことはできませんが、船内の施設の予約やプログラム閲覧、または船内で行われているエンターテイメントなどの視聴、またゲスト同士の通信などをすることができます。

一般のインターネットが使えない環境において、これはかなり便利です。

「MSCベリッシマ」の航行ルートは?

2019年3月24日に処女航海を迎える予定の「MSCベリッシマ」。いったいどんな航行ルートを通るのでしょうか?

現在のところ、地中海イタリア北部のジェノアを出航、ネイプルズ(イタリア・ポンペイ)→メッシーナ(タオルミナ・イタリア)→バレッタ(マルタ島)→バルセロナ(スペイン)→マルセイユ(フランス)に寄港し、またイタリアのジェノアに戻ってきます。

一回のクルーズでイタリア、マルタ、スペイン、フランスと、4ヶ国に立ち寄ることができるのが、クルーズならではの醍醐味です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
2019年3月24日に地中海で就航予定の「MSCベリッシマ」。最新鋭のデザインとサービス、そしてハイテク機器などの設備を備えた次世代の船ですね。

イタリア船ならではの、グルメや客室デザイン、そして陽気なサービスが楽しみです。残念ながら現在のところは、日本への就航はありませんが、いつか実現してもらいたいところですね。

スポンサーリンク

Check Also

resutaurant

実際に乗って確認!「ダイヤモンド・プリンセス」乗船のギモン(その3:レストラン編)

あなたは「ダイヤモンド・プリン …