Home » 客船 » イタリア船はエステがスゴイ?!『MSC VS コスタ』の豪華エステ比較
costa_naname

イタリア船はエステがスゴイ?!『MSC VS コスタ』の豪華エステ比較

客船の中にも、エステがあるのってご存知ですか。どの客船もホテルのエステ並にグレードが高いものが多いですが、中でもイタリア船のMSCクルーズとコスタクルーズには、グレードが高い上に面積も広く、他の客船のエステよりもすごいエステが備わっているというのです。

そのエステ、いったいどんなエステなのでしょうか?客船の特徴と共に詳しくご紹介致します。

スポンサードリンク

MSCクルーズとは?

MSC

MSCクルーズの本社は2つあり、経営的な本社はスイスのジュネーブに、運航的な本社はイタリアのナポリにあります。

「MSCクルーズ」はもともと1920年、イタリアの「ラウロ家」によって創業し、「ラウッタ・ナポリ」という船会社が前身となっています。

まだ、レジャーとしてのクルーズが当たり前ではなかった1990年代までは今では考えられないほど小さい、3万トンクラスの船航行を続けていましたが、レジャーとしてのクルーズも一般化してきた中で世界的な客船の大型化や競争も激化してきた為、外部から新しくCEOを迎え、大きな船も建造する方針に変えました。

以降は10万トン超えクラスの船も建造し、全部で13隻の船を保有し現在に至っています。

主なMSCクルーズの船は?

MSCクルーズは、13隻もの客船を保有しています。
代表的なものは日本にも寄港を果たし、通年配船も決定した、「MSCスプレンディダ」です。

また、「MSCクルーズ」では、LNG推進技術を用いたワールドクラスの4隻の客船の造船計画も進められています。現在進行形で船の建造が計画されており、2023年までにはMSCクルーズの客船の保有台数は23隻になる予定です。

「アウレア・スパ」とは?

「MSCスプレンディダ」の船内施設では、3つの無料レストランと6つの有料レストランをはじめ、シアター、ディスコはもちろんのこと、天然木や銘木などエキゾチックな内装のスパ内で「バリニーズマッサージ」が体験できます。

古代ローマ式ウォーター・トリートメントなど最大20種類のマッサージや、19種類のフェイシャルマッサージ、設備の方も、海水療法、サウナ、トルコ式バス、ソラリウム、タラソテラピーにジャグジー、リラクゼーションルーム(サーマルルーム)、シュウウエムラヘアサロン、マッサージルームも完備しています。

さらに、脂肪吸引に代わるMyaアドバンス、アンチエイジング用のエレクトロポーション、Q-Frequencyという高周波トリートメントなど本格的すぎてとても船の上とは思えないプログラムが多数揃っています。

また、これらのプログラムと乗船のパッケージになった「アウレア・エクスペリエンス」もあり、優先乗船のあとウエルカムカクテルで喉を潤したあとお好みのマッサージやソラリウム、プライベートカウンセリング、無制限での利用が可能のサーマルエリアなどがパッケージになった宿泊プログラムを体験することができます。

また、有料ですがハーブの香るペルシャンガーデンでふかふかのソファに座ってリラックスしたり、本物の芝生が茂る洋上初の「ローンクラブ」で心からリラックスすることもできます。

コスタ・クルーズとは?

costa_cruise

現在イタリアのジェノバに本社を置くコスタ・クルーズ。もともと、1924年に「コスタ・ライン」として創立され、客船ではなく、貨物船を運航していました。戦後の1947年になって、イタリアと南米間で定期客船の運航を開始しました。

そして交通機関が船から航空機に取って代わり業績が思わしくなくなってきた時代を経て、コスタ・クルーズは1990年代には欧米で広くクルーズ客船の運航を開始し、あのクイーン・エリザベスやダイヤモンド・プリンセスも傘下に入っている、客船業界の大会社「カーニバル・コーポレーション」の完全子会社となりました。

「コスタ・クルーズ」は、2010年現在で15隻の船を所有しており、地中海を中心に客船を運航しています。

コスタ・クルーズは、イタリアをはじめ地中海を本拠地としてクルーズ航行を行っていますが、近年、日本にも寄港しており、通年配船が実現しようとしています。また、そのリーズナブルな価格設定から「船のLCC」と呼ばれ話題になっています。

しかしそのサービスは一流で、イタリア船らしくアットホームで明るい雰囲気と、数々のグルメ、エンターテイメントでのおもてなしスタイルなど、コスタに乗るだけでイタリア流の陽気なスタイルを満喫できます。

主なコスタクルーズの船は?

コスタクルーズの中でも1993年就航に就航、2015年改装した「コスタ・ネオロマンティカ」は、総トン数56,000トン、乗客定員1,800名で、大きさ的にはとても乗りやすい船です。コスタ・ヴィクトリアとともに、日本への寄港も果たしており、通年配船を目指しているところです。

イタリア船らしく、船内で粉から作るピザやパスタは絶品との噂も高い船で、コース料理でもイタリアの伝統的な家庭料理などを堪能することができます。

サムサラ・スパとは?

中でもコスタ・ネオロマンティカに併設されている、洋上最大級の「サムサラ・スパ」には注目すべきものがあります。2015年に改装したときに、劇場をリフォームしてこのスパにしたそうで、2フロアにまたがっています。

スパ内にはウォーターコースの他、温水プール、タラソプール、トルコ式サウナ、フィンランドサウナ、スチームバスからミストサウナまで4種類のサウナが完備されております。これだけサウナの数が多い客船は見たことがありません。

また、最大のリラクゼーションを感じられるマッサージは個室になっており、古代アーユルベーダのリラックスできるエッセンスや薬草オイルを使ったマッサージ、額に太白ごま油を垂らすシロダーラも体験することができます。

また、イタリア船でありながら、南国のアロマオイルやターメリック、ヨーグルトなどを使ったバリニーズマッサージを取り入れているのはコスタならではです。

また、サムサラ・キャビンと言って、このサムサラ・スパにダイレクトにアクセスできたりと、ウエルネスにフォーカスした客室があります。

このサムサラ・キャビンは、特に美容と健康に焦点を当てた客室となっています。スパでのトリートメント、専用のレストランでのヘルシーメニューの食事やエクササイズプログラム、タラソプール、サーマルバスなどの利用特典があるのです。

なお、船内では時々、「おためしマッサージ」と銘打って、無料のマッサージが提供されたり、サムサラ・スパの見学ツアーなどが行われるようです。是非積極的に参加して、スパ内の雰囲気を楽しみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

イタリア船のMSCクルーズとコスタクルーズ、どちらもエステにオリエンタルなテイストのバリニーズマッサージやホットストーン、バンブー、アーユルヴェーダといったマッサージを取り入れており、エステ、スパと宿泊パッケージがある客船です。あなたにとっては、どちらがポイントが高かったでしょうか?

しかも、イタリアを本拠地とした地中海が得意な客船でありながら、どちらもオリエンタルなテイストのマッサージを取り入れているというのも興味深いところです。

とくにエステ好きのあなたにおすすめしたいMSCとコスタクルーズ、特筆すべきレベルの高グレードのスパがある高い2つの客船をご紹介致しました。是非一度乗船してみて、両船のエステを体験してみて下さい。

スポンサーリンク

Check Also

msc_cruise

遂に日本寄港・発着クルーズも開始!「MSCスプレンディダ」4つの魅力

あなたは「MSCスプレンディダ …