Home » 海外クルーズ » 地中海クルーズの有名寄港地パルマの観光名所とホテル・レストラン
1

地中海クルーズの有名寄港地パルマの観光名所とホテル・レストラン

イタリアの有名な街と言われれば、どの街の名を思い浮かべますか?ミラノやヴェネチア、フィレンツェなどを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

地中海クルーズではイタリアは外せない国ではありますが、魅力的な都市が多くクルーズのコースをどう選ぶか迷ってしまいますよね。

イタリアの中でも、実はパルマという街も大変魅力がある街です。パルマはイタリアの北東部にあるエミリア・ロマーニャ州にある、美食と芸術で知られている街です。16世紀半ばから19世紀のイタリア統一まではパルマ公国の首都であり、自治都市として栄えていました。その頃に建てられたパルマ大聖堂等を中心に、繊細で美しく描かれたフラスコ画が見どころです。

食べ物もパルマハムやパルメザンチーズなどが有名で、レストランやホテルでの料理で大変おいしいと評判です。もちろん、イタリアですからパスタやピッツァなど、おいしいものでいっぱいです。

ミラノとボローニャの中間にあるので、パルマ観光の前後にそちらの地域を観光する方も多いです。イタリア旅行を考えている方、是非パルマへ足を運んで頂いて、パルマならではの魅力を味わって頂きたいです。これからたっぷりパルマのおすすめ情報をご紹介していきます。

地中海クルーズを予定している方はぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

パルマ観光で味わいたいもの

パルメザン チーズ

1

パルメザンチーズとは、パルマ地方原産の非常に硬いチーズです。粉末にして、スパゲッティやグラタン等に使われます。イタリアではエミリア・ロマーニャ地方で作られ、厳しい検査を通ったチーズだけ「パルミジャーノ・レッツジャーノ」と呼ばれます。かなり高級チーズです。それ以外の地域で作られたチーズは「グラナ・パダーノ」と呼ばれます。チーズ工場で直売所が設けられて所もあり、そちらで少し低価格でパルミジャーノ・レッツジャーを購入できるそうです。

パルマ ハム

2

パルマハムはイタリア語名で「プロッシュト・ディ・パルマ」と言います。パルマ市内のランギラーノという地区で作られている生ハムです。金華ハム、ハモン・セラーノと並ぶ世界三大ハムの一つです。ランギラーノ地区内には大小を含め200程の生ハム工場があります。

DOP(保護指定原産地表示)により品質管理が厳しく、この名称を使うには厳しい検査と条件が揃ってないと使うことができません。ちなみにパルマハムの中でも最高級と言われているのが「クラテッロ」と呼ばれる豚のお尻の肉を使った生ハムです。

ランギラーノには、博物館や工場などもありますので、パルマハムを近くでご覧になりたい方は是非ランギラーノに行ってみてはいかがでしょうか。

レージョ劇場

 
パルマのレージョ劇場の正式名誉は「パルマ王立歌劇場」で、イタリア語名はテアトロ・レージョ・ディ・パルマです。劇場は1829年、フランス皇帝ナポレオン一世の皇后であるマリア・ルイーザ・ダウストリアの命によって建設されました。イエローが基調の木の建物で、音楽ファンの中では言わずと知れた憧れの劇場です。音響設備や雰囲気等が素晴らしいので、オペラ初参戦の方でも感動を味わえます。

洗礼堂

エミリア・ロマーニャ州にあるパルマの洗礼堂は11世紀ごろ、彫刻家アンテーラミによって、設計、建築されました。八角柱で高さ35M程あり、外面は優しいピンク色の大理石で作られています。中の丸天井には、16分割された壁が様々なフラスコ画やレリーフで装飾されていて、圧巻ものです。その中にはキリストの12人の弟子や、4人の福音書紀者が描かれています。他にも、アンテーラミ作とされる浮彫や丸彫りの彫刻や、当時の国民の生活の様子を伺えます。

ドゥオーモ

パルマの洗礼堂の隣にある大聖堂「ドゥオーモ」は11世紀中ごろ、司教ダカロによって着工されたロマネスク建築物の代表の一つとされる教会です。外観は他の都市の聖堂と比べ、少し地味に見えるようですが、中の聖堂内は目を奪われるほど美しいフレスコ画でいっぱいです。特に丸天井のフレスコ画「聖母被昇天」は必見です。壁一面に描かれたフラスコ画から、当時のイタリアの文化等が垣間見え、歴史の深さや広さを感じられるでしょう。

ドゥオーモ広場

ドゥオーモと洗礼堂等の教会建築に囲まれた広場です。昼間は人通りも少なめでのんびりした雰囲気です。夜になるとドゥオーモや洗礼堂がライトアップされ、昼間とは変わって幻想的な雰囲気になります。ただ、道が歩きにくく、カフェ等はないので、履きやすい靴や飲み物等事前準備をしたほうが良いでしょう。

サン・ジョヴァンニ エバンジェリスタ教会

こちらはドゥオーモのすぐ隣にあるルネッサンス様式の教会です。1510年に建てられ、天井にはキリストが天国に旅経つときの様子を描いた「キリストの昇天」が見る者の心を引き付けます。ただし、教会なのでミサと重なった場合は見ることが出来ないので、日曜日は避けた方が良いでしょう。

Teatro Farnese

日本語名だと「ファルネーゼ劇場」です。パルマ国立美術館の一部である「ピロッタ宮殿」の二階にあります。こちらもレージョ劇場同様、木造建築でありますが、こちらは世界で初めて作られた額縁型仕様の劇場です。どちらかというと、薄暗く落ち着いた内装になっています。この劇場は1618年に建設されましたが、ほとんど使われることはなく、第二次世界大戦で爆撃され、二度の修復が行われて2011年から使用されるようになりました。年に数回演奏を行っているようです。

パルマでのおすすめのレストラン

Vecchie Maniere Birreria Parmigiana

5

こちらは市内にあるビールがおいしいと有名なバーです。ビールの種類も多いですが、オリジナルのビールもあるそうです。日本語訳すると、“パルメザンチーズの古い醸造所のマナー“となります。少し不自然な訳ですが、パルメザンチーズやハムなども提供しています。スタッフの対応も素晴らしいようで、暖かく歓迎してくれます。英語が話せるスタッフがいるようなので、英語なら話せる方はスタッフとお話しできると、より良い旅の思い出になりそうですね。

Pepen

ジュゼッペ・ガリバルディ広場の隣の細い路地、サンタンブロージョ通りにあるパニーニのお店です。名物はペースト状にした生の馬肉と薄切りのズッキーニ入りのソースを挟んだパニーニです。馬肉は臭みがなく、少しピリッとするソースが絶妙だそうです。地元の人にも大人気でいつも込み合っていますが、観光客にもやさしく対応してくれます。店内では場所が狭いので、外で食べるほうがよさそうです。パルマの街並みを眺めながらパニーニを食べるのも良いですね。

Al Tramezzo

こちらは新鮮なシーフードで作った地中海風料理がおいしいレストランです。さらに事前に申し出れば、グルテンフリーの料理を提供してくれます。グルテンアレルギーがある方も安心してお食事できます。他にもデザートやワインなども充実しているので、デートや友人と飲み会、家族や仕事の方などともご利用しやすいかと思います。

トラットリア デル トリバネール

ガリバルディ広場から徒歩5分程の距離にあるこちらの店は、パルマの生ハムを使ったパルマ料理のお店です。最高級のクラテッロの生ハムや、プロシュート、アンティパスト等の生ハムもお皿に大盛りで、しかも格安で提供してくれます。他にもチーズやワインなども提供しています。お店の雰囲気が落ち着いているので、カップルで行くときに大変おススメです。

ラ ドゥケッツァ

ガリバルディ広場にあります。パスタやニョッキ、ピッツァがおいしいお店です。全体的にボリュームが多く、クレープやサラダにもチーズがたっぷり入っていて、身も心も満足します。広場にはたくさんのお店があり、どこのお店でもある程度英語の注文が可能です。オープンエアーの席もあるので、他の店の商品も見て、好きものだけ買って、広場で食べるのも良いですね。

エミリア クリマリア

画像はイメージです。こちらはガリバルディ広場から徒歩5分程のあるジェラート専門店です。ジェラートはイタリア名物のアイスクリームの一種です。可愛らしいお店の雰囲気に、値段の手頃さ、ボリュームが相まってとても人気のお店です。パルマでジェラートを食べるなら、是非こちらに行ってみませんか?

パルマでのおすすめのホテル

イビス スタイルス パルマ トスカニーニ

こちらはパルマ駅から歩いて15分程にあり、観光には便利です。バスもたくさん通っているので、荷物が多い方はこちらを利用すると良いかもしれません。本館の裏に別館があります。別館の方が部屋は広めのようです。また一階に無料ドリンクバーがあります。オレンジジュース、トマトジュース、水、お菓子が置いてあり、いつでもご利用できます。朝食はパルマハムやチーズなどがおいしいと評判です。

サヴォイ ホテル

パルマ駅から徒歩10分程で、パルマの街の中心部にあります。ドゥオーモや洗礼堂と駅との間にあるので、その辺りを観光する際は特に便利です。ホテルは改装されて清潔感があり、部屋もデザイナーズルーム風仕様です。部屋にシャワーは付いていますが、バスタブはある部屋とない部屋があるようです。ホテルにバー・ラウンジが入っていて、朝食が無料で付いています。宿泊料金は安いほうなので、コストを抑えたい方、観光地の近くが良い方にはおススメです。

ベストウエスタン ホテル ファルネーゼ

こちらのホテルはパルマ市街地のあり、観光にはとても便利です。ホテルには屋外プールが付いており、夜になるとライトアップされてとても美しいです。またホテルはカジュアルなデザインで統一されています。部屋は全室防音仕様になっており、有料ですが託児サービスも利用できるので、小さいお子様連れの方にもおススメです。

ホリデイ イン エクスプレス パルマ

こちらのホテルは空港のすぐ近くにあります。到着が遅い日や、出発が早い日にはとてもおススメです。ホテルは全体的にシンプルなデザインになっております。有料ですがベビーシッターサービスを受けることができるので、お子様連れの方にもおススメです。また、庭園があり、敷地内でしたら無料で自転車貸出サービスを行っています。自転車に乗ってリフレッシュしたい方にもおススメです。

スター ホテル ドゥ パルク

パルマ駅から徒歩15分程で、裏にドゥカーレ公園があります。この公園は散歩やジョギングをしている方が多いです。部屋は広く、ブラウンを基調としたモダンなデザインになっています。公園で散歩した後にホテルでゆったりくつろぐのも良いですね。

アストリア レジデンス ホテル

こちらはパルマ駅から100M程の近場に立地しています。従業員はフレンドリーで、部屋の設備は衛星放送付きテレビ等が付いています。部屋はイタリアの一般家庭を思わせるようなデザインになっています。朝食はパルマの郷土料理やパン等を提供していて、大変おいしいと評判です。とにかく街から近いので、街で買い物を楽しみたい方にはベストかと思います。

NH パルマ

こちらのホテルはパルマ駅のすぐ裏にあり、交通便がとても良いです。所謂ビジネスホテルですが、白を基調としたスタイリッシュなデザインで、部屋が明るく、広い作りになっています。街中から少し離れているので、部屋の中は静かで過ごしやすいです。宿泊料金も安い方です。交通便やコスト、くつろぎを重視している方には特におススメです。

Antica Corte Pallavicina Relais

こちらは14世紀ごろ建てられた亜要塞をホテルに変えた建物です。部屋の中も中世のヨーロッパをイメージし、広く開放的で、アンティーク家具と暖炉も備え付けられております。敷地内に牧場があり、たくさんの動物たちを見ることができます。果樹園などもあって、そこで採れたものを、レストランで振舞ってくれます。他には有名なパルマチーズ「パルミジャーノ・レッジャーノ」や、コールドカットなどロマーニャ料理を専門に提供しています。雄大な自然の景色を見ながら、ロマーニャ料理を味わいたい方には特におススメです。

CDH ホテル ヴィラ ドゥカレ

こちらはパルマ空港から4キロ程に立地しています。部屋はブルーとホワイトを基調としたクラシックタイプと、ホワイトとブラウンを基調としたモダンタイプの部屋があります。部屋にはバスルームとミニバー、衛星放送付きテレビが付いており、外には屋外テラス、隣にはテニスコートやスイミングプールが隣接しています。飛行機の到着が遅い時間の時や、次の日は体を動かしたい方には特におススメします。

ガーデン ホテル タビアノ

こちらはパルマ空港から20キロとやや遠めです。部屋はシンプルなデザインになっています。外にはオシャレな屋外プールや季節限定プール、子供用プール、テニスコートがあり、ホテル内にはレストランや図書館、ゲームセンター等があり、ホテルから出なくても充分快適に過ごすことができます。また、近隣にはフィットネスセンターや、マウンテンバイキングを楽しめる場所があります。チャイルドケアサービスもあるので、お子様がいる方もゆっくりくつろぐことができます。

デイトナビジネス ホテル

こちらはパルマ空港から10キロ程です。ホテルはフロントから部屋までモノトーンでシックなデザインになっており、高級感があります。有料の屋外プールや屋内プールや子供プール、スパやサウナ、レストラン、バーなどがあります。スパにはリラクゼーションサービスがあり、タイ古式やスポーツマッサージ、ホットマッサージやスウェーデン式マッサージなど種類が豊富です。部屋は防音壁になっており、静かに過ごせます。有料ですが要予約で空港送迎サービスもあります。バーでは無料の朝食やマネージャー主催のレセプションをご利用できます。

ホテル レオナルド

パルマ空港から3キロ程で、市街地から近いです。こちらのホテルの寝具は高級寝具を設置しています。無料でベビーベッドもレンタル可能できます。また、予約時にバリアフリールームやバリアフリーバスルームを希望することができます。観光地から近いので、たくさん楽しんだ後、ゆっくり高級寝具でお休みできるのは良いですね。子供からご年配の方まで利用しやすいところも魅力です。

ホテル ブットン

こちらもパルマ空港から3キロ程で、市街地のすぐそばです。観光にはとても便利なところです。ホテルは家族で経営しており、40室ある客室はそれぞれ違うインテリアが配置されています。ブラウンやグリーンを基調としていて、モダンでオシャレなデザインです。バー・ラウンジや多言語を話すスタッフも在中しています。あと、ホテル内を猫が自由に歩き回っているそうです。運がよければ会えるかもしれません。猫好きには嬉しいですね。

ロカンダ アッバツィア ディ ヴァルセレナ – CSAC

パルマ空港から5キロ程です。こちらは田園地区にあり、長閑な草原の中にあります。客室が10室と少なめなので、イメージとしては自然豊かなペンションのようなホテルです。歴史のある建物をホテルに替えているので、博物館に泊まっているかのような感覚になります。庭も広いので、散歩も楽しむことができます。静かにゆっくり自然を味わいたい方におススメです。

リッツ フェラーリ

こちらはパルマ空港から25キロ程とやや遠めですが、周辺にゴルフ場などがあります。ホテルは近世のヨーロッパ調のデザインになっており、ロビーから部屋までお城の中にいるような気分になります。ホテル内にはプールやスパ、リラクゼーションスペースがあり、外に出なくてもゆっくりくつろぐことが出来ます。ネイルサロンやフェイシャルエステ等も行っているので、女性には特におススメですね。

まとめ

いかがでしたか?パルマだけでこんなにたくさんの見どころがあるので、迷ってしまいますよね。ホテルもいろいろなタイプがあり、悩んでしまいますね。自分たちが行きたいところをピックアップし、ホテルの値段や外せないサービスを考慮して、計画を練りたいですね。その中で市街地を中心に回る日や近郊でのんびりくつろぐ日、それぞれ楽しめたらより良い旅になりそうですね。

地中海クルーズの時には是非前後でパルマでの長期滞在を検討してみてくださいね。

スポンサーリンク

Check Also

carribian_seaweed

カーニバル・ドリーム号で西カリブ海を旅したい! その詳細と寄港地は?

あなたは「カーニバル・ドリーム …