Home » 国内クルーズ » JTBグループのクルーズ専門「PTSクルーズデスク」におまかせ!
足成 飛鳥Ⅱ

JTBグループのクルーズ専門「PTSクルーズデスク」におまかせ!

4764327b19a9b6249aba0dd921d1e72c_s

あなたはクルーズ旅行を申し込もうとしたとき、どこへ申し込みますか?個人手配でしょうか?それとも旅行会社ですか?JTBグループの「PTSクルーズ」はJTBグループという信頼度に加えて「クルーズ専門」の旅行会社なので、専門度が違います。一体どんな商品が売られているのか、ご紹介しましょう。

スポンサードリンク

PTSクルーズとは?

1

出典:PTSクルーズ

1983年より培ったノウハウにより、国内から地中海・エーゲ海・世界一周まで、クルーズの旅をトータルサポートします。
PTSクルーズの本社は東京・高田馬場にあります。初めてのクルーズで心配なときは、資料や映像を見ながら親切にクルーズについてレクチャーしてもらうことができます。(要予約)

PTSクルーズデスク【本社】
〒171-0033 東京都豊島区高田3-13-2 高田馬場TSビル1階
TEL 03-5958-6447

問い合わせ先:PTSクルーズ

他の旅行会社と違う!「PTSクルーズ」の特徴とは?

クルーズマスターをはじめ、PTSクルーズデスクの専任スタッフがトータルサポート

2

出典:GLAM

1983年創業、30年以上の実績で培ったクルーズ知識で、ツアーの企画から手配、添乗まで、クルーズの旅をトータルサポートしてくれます。まさに、流れ作業で事務的ではなく、かゆいところに手が届く感じ、と言ったらいいでしょうか。

専任添乗員同行でいつでも安心

2

出典:転職ステーション

一部添乗員が同行しないコースもありますが、経験豊富なクルーズデスクの専任添乗員がクルーズに同行してくれます。だから言葉の不安がある外国船でも安心!洋上生活を思う存分、楽しむことができます。まさに欲しかったサービスです。

前後泊ホテルは4つ星以上!

3

出典:チェックインバリ

全泊船舶泊ではなく、飛行機の行き帰りのクルーズなどでは、早朝のフライトなどの場合にはホテルに泊まらざるを得ない場合もありますが、その場合のホテルは4つ星以上の原則としてアメリカンタイプのホテルを厳選しています。有名ホテルなのでホスピタリティ、サービスはもちろん、セキュリティーも安心です。

イヤホンサービス・日本語観光ガイドサービス

4

出典:AppBank

クルーズの寄港地で外国人と混乗の場合、英語のイヤホンサービスがありますが、それの日本語訳サービスが提供されます。そのため、ガイドや添乗員から離れたところでも説明を受けることができます。また、現地の日本語観光ガイドも別途で手配してくれます。これで寄港地の観光や美術館などの説明もよくわかりますね。

荷物無料宅配サービス(往復または片道)

5

出典:ノマド的節約術

航空機往復の観光と違い、船旅ではダンス衣装や正装用衣装など、プラスアルファで衣装が必要になるため、何かと荷物が多くなります。スーツケースの運搬も至難の業ですが、1人1個の荷物を自宅から空港(成田・関空)まで行き帰り往復無料で送ってくれるサービスもあります。これで荷物の重さや、荷物チェックインの煩雑さを気にせず、旅に出かけられますね。特にクルーズ旅行が初めての場合、飛行機の旅と勝手が違うので戸惑うことも多いですが、荷物のサポートがあるととても助かります。

渡航手続き手数料無料

契約書と万年筆

出典:海外旅行/必要書類の手続き

寄港地が近づいてくると配られる「出入国カード」。うっかりアクティビティに夢中になって、書くのを忘れていた、なんて経験はありませんか?各国の出入国カード・税関申告書など、渡航手続きに必要な書類を無料で作成してくれるサービスは本当にありがたいもの。いちいちパスポート番号や筆記用具を探してなどという面倒も、最初に書類を作ってくれるサービスがあれば解消されます。

HPも見やすく、まさにオールマイティー

「PTSクルーズ」のHPを見てみると、おすすめクルーズやデジタルパンフレットはもちろん、「船上の1日」紹介や、乗船、下船地、寄港地情報、客船図鑑、クルーズQ&A、クルーズ用語、クルーズに関するコラムなど、顧客が「知りたい」と思う情報をすぐに引き出せるようにデザインされています。たとえば、クルーズのツアーでも、うろ覚えの客船名や客船会社の「一部」からでも探せるようになっていたり、客船クラス、トン数からも検索できるようになっています。普段は忙しく、旅行の計画や準備もままならない現代人が、すきま時間のちょっとした細切れ時間の検索でも「欲しい情報にすぐさまたどり着ける」のも、まだ旅行に出発する前から受ける、最高のホスピタリティだと思います。

「PTSクルーズ」おすすめのクルーズツアーは?

クルーズの専門旅行会社、JTBグループ「PTSクルーズ」は、他の旅行会社とは一味違ったツアーを提案してくれます。一体どんなクルーズツアーがあるのでしょうか?

処女航海シリーズ・地中海・アドリア海クルーズ10泊

7

出典:リージェント・セブンシーズ・クルーズ

2016年7月に就航したばかり!ホテルグループのリージェント系列、リージェント セブンシーズ クルーズが所有するモナコ公国のシャルレーヌ后妃によって命名されたセブンシーズ・エクスプローラーで巡る、地中海・アドリア海のクルーズ10泊。イタリアのベニスを出発し、アドリア海、地中海を経由して、ローマのチビタベッキアに戻ってくるツアーです。貴重な処女航海に立ち会えるのも魅力的です。お値段は高いですが、オールスイート、オールインクルーシブの醍醐味を味わうことができます。

料金$8,479(約85万円・ベランダスィート28㎡)$46,889(約474万円・リージェントスイート360㎡
問い合わせ先:PTSクルーズ・イチオシ

MSCファンタジア(4スター)西地中海クルーズ

9

出典:MCSクルーズ

2016年4月27日(水)~11月2日(水)の毎週水曜日発。バルセロナを出発して、アジャクシオ(フランス)~ナポリ(イタリア)~ラ・スぺツィア(イタリア)~ジェノア(イタリア)~カンヌ(フランス)~マジョルカ島(スペイン)を経てバルセロナに戻ってくる8日間のクルーズ。いちばんリーズナブルな内側キャビンが549ドル(約55,500円・早割料金)とリーズナブル。いちばん豪華なロイヤルスイートでも2,679ドル(270,830円)です。まだ、就航間もないこともあり、現代人に受けそうな、スワロフスキー・クリスタルの階段や大空が見通せる天井等の豪華なアトリウム、セラピー効果の高い泥パック、芳香蒸気浴、エステティック・マッサージ等の最新式のトリートメントを備えた設備も魅力です。

おわりに

いかがでしたか?JTBグループのクルーズ旅行専門会社「PTSクルーズ」をご紹介しました。最近では旅行でも多種多様な旅のやり方が増えて、ありきたりの旅では満足できなくなっています。そんな中での外国船の日本への大量寄港から、クルーズ旅行のツアー数も増えてきております。

それに伴い、日本語サービスや渡航手続きサービスなどの様々なサービスも標準で付くなどよりよいサービスへのニーズが高まっています。PTSクルーズの質の高いサービスのおかげで、洋上ライフがより楽しいものになっていきます。クルーズ船の旅に慣れている場合は個人手配もおすすめしますが、初めての船旅の場合、料金は多少高くても、プロに丸投げしてしまうのも、時間と労力の短縮のためにおすすめです。

クルーズ専門のプロに委ねて、とっておきのクルーズ旅行に出掛けてみませんか?

スポンサーリンク

Check Also

MSCシンフォニア

地中海ならMSC!「MSCシンフォニア」ってどんな船?

地中海を拠点に客船を航行するM …