Home » 旅行 » 世界一美しい鳥「ケツァール」とコスタリカで出会う方法
fad9c80a282fe3841b7883e39a1126a3_s

世界一美しい鳥「ケツァール」とコスタリカで出会う方法

かつて南米グァテマラが主な生息地であったグァテマラの国鳥「ケツァール」。

しかし、メゾアメリカで翡翠に継いでケツァールの美しい羽根が珍重され、かなりの数が乱獲されたためにメキシコ南部からパナマにかけて生息していますが、最近ではその数がめっきり減ってしまいました。

では、この珍しい鳥に出会うためにはどのような方法を取る必要があるのでしょうか。

この記事では、ケツァールと出会う方法をご紹介します。

スポンサードリンク

手塚治虫の火の鳥(不死鳥)のモデル「ケツァール」

95d7bb6a78e9f9aa8fc5d0b26d03f958_s

ケツァールは、手塚治虫の「火の鳥」というアニメのモデルとなった鳥です。

「大きく輝いた尾羽」という意味を持つケツァールは、尾の長さで性別を判別します。ちなみに、オスの方がメスより尾が長いです。

いまや世界的に有名な綺麗な鳥ですが、同時にとても希少な鳥でいつでも見られるというわけではありません。現地でも「見た人は幸せになる」と言われているほどです。

グァテマラでは通貨の単位に

かつてケツァールがたくさん生息していたグアテマラでは通貨の単位がなんと「ケツァール」です。

それだけでなく、お札にもケツァールが描かれています。

このことからもうかがえるように、ケツァールはグァテマラでは国のシンボル的存在だったのです。

好物は「スモールアボカド」

ケツァールが棲んでいるのは「熱帯雲霧林」という高温で湿度の高い森です。

彼らの大好物は「スモールアボカド」という木の実ですが、形状がアボカドに似ていることからこのような名前がつけられています。

もしスモールアボカドがなる気を見つけたらケツァールを見られるチャンスかもしれません。

おすすめはコスタリカ

ケツァールはメキシコ南部からパナマにかけて生息しており、各地域で「ケツァールを見るツアー」が開催されています。

その中でも、遭遇率とツアーガイドの質、そして国の治安を考えると「コスタリカ」でのツアーをおすすめします。

「コスタリカ」ってどこ?

33a1e738e0e9626b097ed5b090761283_s

北にニカラグア、南東にパナマと国境を接しているコスタリカ。

1502年にコロンブスがこの地を訪れた祭に、先住民が高価な金の宝飾品をつけていたため、「コスタリカ」(裕福な海岸)と名付けられました。

日本からの直行便はなく、アメリカを経由して、最短19時間の旅路となります。

ケツァールを見るには2月~4月がおすすめ

ケツァール見学にはおすすめの時期があり、乾季がいちばん見れる確率が高いようです。また、ケツァールの尾っぽが長くなるのもこの乾季の時期です。

コスタリカではおもに「モンテベルデ」という場所でケツァールを見れるそうですが、標高が高いこともあり、乾季は少し寒いそうです。そのため、しっかりと防寒対策をしておくことをおすすめします。

また、乾季といっても意外と快晴の日は少ないそうで、雨対策も必要となることがあります。

やはり乾季には全世界からケツァールを見に観光客が訪れるので、混んでいることが多いようです。特に、人気の宿は1年前には予約が埋まってしまうため、早めに行動する必要があります。

訪れる際、ケツァールに加え、他の野生動物も見たい場合は早朝がおすすめです。

雨季も捨てがたい

乾季にケツァールを見られる確率が高いと言われていますが、乾季には世界中から観光客が押し寄せるため連日、相当な混雑が予想されます。

そのため、「人の頭ばかり見るのもうんざりだなあ」といった方には雨季をおすすめします。

ケツァールとの遭遇率は下がってしまいますが、観光客が少ないため、多くの野生動物や昆虫を見ることができます。

特にコスタリカでは「バク」などの珍獣をはじめ、半透明の美しいカエル「グラスフロッグ」、「クモザル」「葉きり虫」「虹色コオロギ」「紅ホタル」など原色の美しい昆虫が多く生息しています。

さらに雨季は航空代も安く、宿も予約が取りやすいというメリットがあります。

もちろん、ケツァールが第一の目的であれば乾季をおすすめします。

おすすめツアー会社「Only one」

現地発着、もしくは日本からの「ケツァール見学ツアー」でおすすめなのが、「Only one」という会社のツアーです。

当日は空港まで日本人ガイドさんが迎えに来てくれ、その後の6泊7日の行程を共にしてくれます。

ツアーでは、ケツァールの他にも、コンゴウインコ、キヌバネドリ、キツツキ、ハチドリなどの珍しい鳥や、ナマケモノ、4種類のサルにも出会える確率が高い森も訪問します。

4日目のホテルはホテルの敷地内もエコ・ツーリズムの雰囲気たっぷりで実際、エクスカーションでもエコ・ツアーを実践している、「Selva Verde Lodge」に宿泊します。

また5日目に宿泊する、「Arenal Observatory Lodge & Spa」も火山と野鳥が見え、とても人気の宿です。

そして最終日にはコスタリカの温泉を訪問したあと、自然保護区へ移動し、熱帯雲霧林で見逃してしまった野鳥の観察を行うことができ、まさに連日バードウォッチング三昧のツアーです。

日本と習慣も国民性も違うコスタリカなので、現地在住の日本人ガイドはとても頼りになります。

興味がある方は以下のURLを参考にしてください。

ツアー会社「オンリーワントラベル」公式サイト:http://onlyone.travel/
ホテル「Selva Verde Lodge」公式HP:http://www.selvaverde.com/
ホテル「Arenal Observatory Lodge & Spa」公式HP:https://www.arenalobservatorylodge.com/

「溶岩流」を見ながら温泉に浸かる「アレナル火山国立公園」もおすすめ

1c379bfeb47125092fe063de530f7e72_s

日本人に一番人気の国立公園と言われている「アレナル火山国立公園」。

この公園には温泉があることが特徴として挙げられます。しかし、ただの温泉ではありません。今も活動する火山の麓にある温泉なため、運が良ければ夜間には火山の「溶岩流」を見ることができます。

訪れるには、首都サン・ホセからバスで4時間ほどで離れたところにある「フォルトゥーナ」という「アレナル火山」のふもとにある温泉リゾートに行く必要があります。

ここでは、夜になるとオレンジ色に流れる溶岩流を見ることができます。それも郊外に行くほど深い闇があり、観察には最適です。

この中でもおすすめなのが、「タバコンリゾート」です。高級リゾートですが、2人で400米ドル程度とそれほど高価でもありません。

温泉やネイチャーツアーが体験できることを踏まえると、むしろ現地ツアーよりお得に感じる方もいるのではないでしょうか。

溶岩流の他にも、珍しい植物が咲き乱れるまさに「桃源郷」のような庭、「Shangri-La Gardens」もおすすめです。

また、日帰りの温泉パッケージがある点も魅力的ではないでしょうか。

詳しくは、以下の公式サイトを確認してください。

ホテル「Tabacon Resort」公式HP:https://www.tabacon.com/

まとめ

いかがでしたか?

「エコ・ツーリズム」の先駆けであるコスタリカでケツァールを見るツアーをご紹介しました。

世界でも有数の希少で、とても魅力的な鳥であるケツァールを見るにはコスタリカがおすすめですが、その人気さゆえに早めの行動が必要です。

旅行が決定したら、事前に下調べをしてきちんと準備しておくことをおすすめします。

「見た人は幸せになることができる」と言われるほど珍しいケツァールと出会い、幸せを掴んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

Check Also

1e0183b3c806fb3acfcbfe60c72cf584_s

ローマの定番観光スポット「パンテオン」が愛され続ける理由

あなたはローマの「パンテオン」 …