Home » 海外クルーズ » 2026年完成予定!スペイン「サグラダファミリア」の予約方法と入場料
220b6947c46faf09c442ad25ecf3063f_s

2026年完成予定!スペイン「サグラダファミリア」の予約方法と入場料

220b6947c46faf09c442ad25ecf3063f_s

スペインに行くなら絶対に寄りたい、バルセロナにある、サグラダファミリア。日本からは飛行機で行って観光し、また飛行機で帰ってくるのが一般的ですが、飛行機でヨーロッパのある都市まで行き、そこからクルーズ船でバルセロナ入りして、サグラダファミリアを観光するのもオツなものです。

スポンサードリンク

スペイン・バルセロナとは、どんな所か?

まず、スペイン・バルセロナとはどんなところなのでしょうか?

7

出典:サグラダファミリア

フランスと国境を接し、また地中海を隔ててイタリアとも近いカタルーニャ地方は、昔から新しい時代の流れを受け入れてきた。バルセロナはそんなカタルーニャ地方の中心都市。 スペインの代名詞ともなっている闘牛やフラメンコも、この町には無縁の存在。自らを、スペイン人ではなくカタルーニャ人だ、と誇りをもって言い切るカタルーニャの人々に、この国の奥深さをまたひとつかいま見ることだろう。

スペインといえば、どこでも「闘牛」や「フラメンコ」があるものだと思っていると驚きですね。「スペイン人でなくて、カタルーニャ人」と言われるように、同じ国内でも文化の違いがあるようです。
出典:地球の歩き方

スペイン・バルセロナに寄港するクルーズ・ツアーは?

それでは、スペイン・バルセロナに寄港するクルーズ・ツアーにはどんなものがあるのでしょうか?調べてみました。

<2名催行>10日間で6都市周遊 見どころ多数の充実の船旅へ [羽田発着]安心送迎付き ノルウェージャン・スター号で行く 西地中海クルーズ 10日間

羽田からのフライトもセットになっているので安心!ローマを出発して、マルセイユ、カンヌ、リボルノなどの地中海沿岸の都市に寄港、イタリア中部のチベタッキアに戻ってくるロマンチックなクルーズです。

[羽田発着]安心送迎付き ノルウェージャン・スター号で行く 西地中海クルーズ 10日間

[コペンハーゲン発 – バルセロナ着] ノルウェージャン・スター号で行く ヨーロッパ7か国・ポジショニングクルーズ 15日間

ノルウェージャンクルーズラインは従来の伝統的な船旅の代わりにクルーズコンセンプトフリースタイル・クルージングを導入した斬新な客船です。カジュアルを適度に取り入れたクルーズはファミリーや1人旅にも最適です。

[コペンハーゲン発 – バルセロナ着] ノルウェージャン・スター号で行く ヨーロッパ7か国・ポジショニングクルーズ 15日間

~処女航海~[ ルアーブル発 – ジェノバ着] MSCメラビリア号で行く ヨーロッパ・ポジショニングクルーズ 8日間

フランス北部のルアーブルを出発し、スペインの聖地、サンチアゴ・デ・コンポステーラ、ポルトガルのリスボン、フランスのマルセイユ、そして北イタリアのジェノバに帰るクルーズです。MSCメラビリア号の処女航海となっています。記念にいかがでしょうか?

処女航海~[ ルアーブル発 – ジェノバ着] MSCメラビリア号で行く ヨーロッパ・ポジショニングクルーズ 8日間

[バルセロナ発- オーランド・ポートカナベラル着] ノルウェージャン・エピック号で行く 大西洋横断クルーズ 14日間

スペイン・バルセロナ発。ノルウェー船籍の船で2週間かけて、大西洋を横断し、アメリカ・フロリダのオーランド・ポートカナベラルまで行くというもの。途中、カリブ海の島にも寄港します。

[バルセロナ発- オーランド・ポートカナベラル着] ノルウェージャン・エピック号で行く 大西洋横断クルーズ 14日間

スペインに寄港するなら、マストで寄りたい「サグラダファミリア」

現地発クルーズでスペインのバルセロナに寄港するなら、是非おすすめの観光スポットがあります。それは、日本では「聖家族教会」とも呼ばれている、「サグラダファミリア」です。

サグラダファミリアとは?

9

出典:サグラダファミリア

建築家アントニオ・ガウディが生涯をかけて設計・建築に取り組んだ建築物で、着工は1882年ですが、未だ建築中の未完成の巨大教会です。完成までに300年かかると言われていますが、さきほど、「2026年に完成する」と発表されました。建築中の「サグラダファミリア」を見るのはここ10年が最後となりました。

「サグラダファミリア」は直訳では「聖家族贖罪教会」となるため、建築費はすべて寄付によって賄われています。そのため、工事が中断したり、思うように進まなかったこともあるようです。

「未完の建物」と言われたのに、なぜ、完成してしまうのか?

観光客が増え、建築費、人件費をまかなえるようになった

2

出典:サグラダファミリア

サグラダファミリアは、今まで「未完の建築物」と言われてきました。それがなぜ、2026年に完成すると発表されたのでしょうか?その理由は「観光客が増えたから」です。

2000年以降、サグラダファミリアの観光客は飛躍的に増えました。その為、莫大な入場料収入も得られるようになり、建築費や人件費もまかなえるようになりました。それが完成の目処が立った一番の理由とされています。

建築にIT技術を活用できるようになった

4

出典:サグラダファミリア

建築が始まった300年前には当然、コンピューターなどはなく、手書きの設計図と模型で設計していました。しかし今では最新の建築構造ソフトや、3DCAD、さらには3Dプリンターなどを駆使できるようになり、設計にかかる時間も飛躍的に短縮することが出来ます。それが完成の目処が立った一因にもなっています。

2026年までの完成予定CG

「サグラダファミリア」の大きさは?

3

出典:サグラダファミリア

それでは、「サグラダファミリア」はどれくらいの大きさなのでしょうか?

まず、完成すると高さは170メートル、長さ90メートル、幅60メートルです。ほとんどが石造りで、一部がコンクリート造りとなっています。21世紀に入り、スペインでは最も観光客が訪れるスポットとなり、2005年には「世界遺産」に登録されました。

サグラダファミリアの予約方法

9

出典:サグラダファミリア

連日、世界中からのすごい数の観光客で溢れているというサグラダファミリア。一体チケットはどうやって買うのでしょうか?それにお値段は?ツアーであれば、ツアー会社が全部手配してくれますが、個人旅行だと自分でやることになるので、不安が付きまといますね。

結果から言うと、インターネットで予約して時間を指定するのが一番いいようです。
それも午前の、9:00など早い時間がおすすめです。なお、入場可能時間は朝9時から夜7時半までです。

チケットは一番安いものだと15ユーロからあります。ただし、ガイド、オーディオガイド、タワーへの入場は含まれていません。いちばんのおすすめの教会とオーディオガイド(日本語あり)とタワー入場のセットは、当日35ユーロ(4,102円)、前売り29ユーロで(3,398円)す。当日と前売りでは、ずいぶんと値段が違いますね。
サグラダファミリアチケット販売サイト

「サグラダファミリア」での見どころ

5

出典:サグラダファミリア

サグラダファミリアの塔には、エレベーター前のコインロッカーに荷物を預けてから(1ユーロを入れて返却されるタイプ)入ります。サグラダファミリアの見どころは「全部」と言えるほど素晴らしいのですが、特にタワーからの眺めは、建設中の様子や、タワーの上の彫刻などがよく見えて圧巻です。まるで「風の谷のナウシカ」の、腐海の森の深部のような独特の雰囲気でとても神秘的です。

6

また、教会内部のステンドグラスの迫力には圧倒されます。
・名称:サグラダ・ファミリア(Sagrada Família)
・住所:Carrer de Mallorca, 401, 08013 Barcelona, Spain
・営業時間:9:00〜20:00(4月〜10月)、9:00〜18:00(11月〜3月)
・料金:15ユーロから
公式サイト

おわりに

いかがでしたか?スペイン、バルセロナに寄港するクルーズ船ツアーと、2026年に「完成予定の」スペイン、バルセロナのサグラダファミリアをご紹介しました。バルセロナは飛行機では行かれた方も多いかもしれませんが、船での訪問となると一味違う感じがしますね。建築中のサグラダファミリアを見るチャンスと合わせて、クルーズに参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

Check Also

carribian_seaweed

カーニバル・ドリーム号で西カリブ海を旅したい! その詳細と寄港地は?

あなたは「カーニバル・ドリーム …