Home » 国内クルーズ » 横浜で「シーバス」を使わない手はない!意外に便利な使い方とは?!

横浜で「シーバス」を使わない手はない!意外に便利な使い方とは?!

あなたはよく横浜に行きますか?横浜で「みなとみない21」や「赤レンガ倉庫」、また、「元町」までの移動はどうしていますか?まず、あまり地理がわからないと「とりあえずタクシー」に乗ってしまいがちですが、もっといい方法があるんですよ。

スポンサードリンク

横浜駅東口から乗る「いい方法」とは?

横浜駅東口から乗る、その「いい方法」とは何でしょうか?それは「シーバス」という船なんです。なんとも横浜らしい方法ですよね。横浜駅東口から、「赤レンガ倉庫」や「山下公園」など、横浜の主要な観光地にダイレクトにアクセス出来るほか、洋上から四季折々の景色も楽しめるので、満足度100%な乗り物なんです。

横浜駅東口から徒歩3分!「横浜ベイクオーター」からシーバスに乗る

「横浜駅からそんな船が出ていたっけ?」と思われるでしょうが、正確には横浜駅の「きた東口」から“ベイクォーターウォーク(歩道橋)”で徒歩3分のところにある、「横浜ベイクオーター」というショッピングモールにある桟橋から出発します。また、横浜駅東口そごうデパート2階経由でも徒歩10分です。

「横浜ベイクオーター」はショッピングモールで、東京顔負けのセンスを誇る、ハイクオリティなグッズやグルメを楽しめる場所でもありますので、シーバスの乗船前後に寄ってみるのもいいかもしれませんね。

「バス」じゃなくて、「スズキ」?シーバス薀蓄

「シーバス」は海の上を運航する「バス」だと思われがちです、でも海上のバスを表す「SEA BUS」ではなく、横浜駅東口(帷子川)河口の淡水と海水域を行き来していることから、魚のスズキの意味である「SEA BASS」と書くのです。乗り合い乗り物である「バス」になぞらえるのではなく、魚の「スズキ(BASS)」だったとは、驚きですね。

「シーバス」の構造は?

「シーバス」は船の前方部分客席が、後方部分にはデッキがあります。
客席部分は景色が見えるように、天井部分が透明になっており、横浜の四季折々の景色が楽しめます。

また、デッキにはベンチがありますが、海風がダイレクトに当たるため、潮の香りを感じながらクルージングを楽しむのに最適です。

「シーバス」の航行ルートは?

それでは、「シーバス」はどういうルートを航行しているのでしょうか?「横浜ベイクオーター」を出発し、みなとみらい21、赤レンガ倉庫、山下公園の順に寄港する便と、山下公園直行便が交互に毎時1便出ています。

「シーバス」の寄港地について

みなとみらい21

鉄道なら最寄りの「みなとみらい線」みなとみらい駅5番出口からも徒歩10分桜木町駅からだと徒歩15分です。パシフィコ横浜と横浜グランドインターコンチネンタルホテルの先の突堤からシーバスが発着します。東京ドームに匹敵するような規模のパシフィコ横浜では各種イベントも行われ、行く機会もあると思いますがなにせタクシー以外では、いまいちアクセスしにくいのも事実。そんな時、「シーバス」を思い出して下さいね。

赤レンガ倉庫

横浜赤レンガ倉庫も歩くとJR桜木町駅、関内から15分、みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」からだと徒歩約6分です。しかし「シーバス」なら横浜赤レンガ倉庫のシーバス発着場「ピア赤レンガ」を降りてすぐ。苦労なくして「横浜赤レンガ倉庫」に到着です。メジャーな観光行き先を網羅しているシーバスならではですね。

山下公園

横浜のもうひとつの観光名所、横浜中華街にも近く、みなとみらい線の「元町・中華街駅」から比較的アクセスがしやすい山下公園ですが、マリンタワーのふもと、氷川丸の止まっている突堤の横に発着場があります。これなら横浜駅や赤レンガ倉庫までも一直線。横浜で用事があるときはもちろん、観光で1日のうちにいろいろ回りたい時も便利ですね。

イルミネーションクルーズ

「シーバス」では毎週 金・土・日、夜7時半から「イルミネーションクルーズ」を開催しています。
これは、横浜ベイクォーター2階シーバス乗り場から出航する1周60分のクルーズで、コスモクロック観覧車前や大桟橋・赤レンガ倉庫・ベイブリッヂなどのキラキラした夜景を眺めることができます。
ガイドさんも乗船しています。飲食は持ち込みOK。お好きなドリンクをテイクアウトして横浜の夜景を楽しみましょう。

京浜工場夜景とみなとみらいクルーズ

一時は観光客が殺到し、予約も取れないくらいの状態だった「工場夜景」ですが、このところは落ち着いているものの、いまだ根強い人気があります。リピーターさんも多いという「シーバス」で京浜工業地帯の工場夜景と横浜みなとみらいの夜景を鑑賞できるという80分のクルーズです。

毎週 金・土・日、山下公園のりばから19:00出航。大人3,000円、こども2,000円と、ガイドさんもついてリーズナブルな料金設定がうれしいですね。
幻想的な工場夜景と横浜の夜景を後部デッキから潮風をあびながら、日常を忘れてゆったりと楽しんでみてはいかがでしょうか?

クルージング+フレンチプラン

「シーバス」の経営会社(株式会社ポートサービス・予約センター TEL045-671-7719)では、シーバスの他にもクルーズ船を運航しており、「マリーンルージュ」では、本格フレンチのコース料理を味わいながらのクルーズプランが用意されています。
11:30乗船のランチプラン、14:30乗船のデザートプラン、18:00乗船のディナープラン。ランチ、ディナーはメニューを選べるのも嬉しいですね。

お子さま用メニューや、お誕生日といったオプションも用意があるので、大切な日のクルーズにはちょっと相談してみるのもよいのではないでしょうか?

おわりに

いかがでしたか?横浜の便利な移動手段「シーバス」をご紹介しました。観光客相手だと思っていた「シーバス」も、普段の移動手段としても意外と使えます。それに同じ運営会社により工場夜景やきものでフレンチなど、企画クルーズも発売されていますので、是非一度利用してみてください。

スポンサーリンク

Check Also

北海道で大海原に出る!「北海道クルージング」の魅力

あなたは北海道でクルージングを …